知佳の美貌録「露天商」職を失った久美を雇ってくれた海産物商のオヤジ

知佳の美貌録「露天商」

経理として勤めた先が相次いで倒産の憂き目にあった久美は生活費を捻出するためアルバイト先を転々としていた。

一介の主婦にそれほど恵まれた境遇が次から次へと飛び込んでくるわけもなく、とにかく与えられた仕事を懸命にこなした。

ある時期、正規に雇われた従業員と違い久美の場合通路にテーブルを置いてその上に売れ残りの商品を並べ、行き来する人相手に呼び止め売り込みをかけるような仕事ばかりが回ってきた。

例えばデパートの商品、仕入れは通常バイヤーが行う。

利を出そうと大量仕入れを行おうとする。

都会ではとっくに季節外れ、いや流行おくれの品物でも情報が浸透していない田舎なら売れる場合がある。

だから大型店は中央店の売れ残りを田舎に押しやろうとする。

気の利いた中間管理職なら先んじて発注をかけるが、何事につけ穏便を旨とする輩は上司に逆らわない。

催事と称して久美のような臨時雇いに売らせてその場しのぎをやる。

普通の主婦ならまず尻込みし、その日うちにやめてしまうような仕事ばかりだったが、子供たちにまともな生活をさせてやりたくて懸命な久美には辞めようがない。

全力を傾け、恥も外聞もかなぐり捨てて久美は売りまくった。

売り終えたその日のうちに催事場は閉じられ久美は解雇された。

その様子をじっと見ているものがいた。

露天商、乾物屋のオヤジである。

「あんた名前は?」

「名前なんか聞いてどうすんの?」

「あんなもん頑張って売ったって首になるのが早まるだけで何の得にもならんぞ。第一見て見ろやあの役に立たん課長をよ」

「その課長に取り入って店開かせてもらってたんはどこのどなたでしたっけ?」

「なんやその口にきき方は! 困ってるようやったから声かけてやったのに」

「別に困ってません。首になるのは最初からわかってた」

あの男のことは他の人たち曰く良い評判はひとつも聞いたことがないらしいから期待してなかったと応えた。

「そこやがな、売る様子見とったんやが、実にうまい!口上がええし動きに卒がない。このまま何もせんと遊ばしとくのは勿体無い思てな」

つまらん露天商やと思うんなら無理にとは言わんが、なんならウチの仕事やってみぃへんか

「あんたなら1店舗店持たしたってもええで、なにな 送り迎えなら儂がしたる」

何処で観てたのか久美が自転車しか乗れないことも知っていた。

首になったまま家に帰ってもその日食べる食費もままならない。

嫌な予感がしたが売る商品が食品なら持って帰れば食べさせてやることが出来ると考え、

「どんな場所で売るのか見たうえで」と断ったうえで露天商の車に乗った。

世の中どこも男というものは現金なモノ、

久美が車に乗ってついてきてくれたことですっかり舞い上がり到着した店舗の商品の補給方法はおろか、

商品の説明すらろくすっぽせず、とにかく久美の待遇だけしゃべりまくった。

連れていかれたのが地方の中堅のスーパーの軒先を借りただけの店舗だったが、

売り込みのコツさえ覚えてくれたなら大規模店舗の店を任せることになると言い始めた。

今連れてこられた店でも車で30分もかかった久美にとっては遠方なのに、

大規模店舗のある場所は車で1時間もかかるという。

「そんなところに連れていかれたら子供たちの世話はどうなるんですか? 無理ですそんな・・・」

断ろうとすると、

「大丈夫や、久美ちゃんがおらんようなった時間は別の者を入れるようになっとる」

「それじゃその人に迷惑が・・・」

「いんや!そいつのことなんかなんも心配せんでええんや」

困ったことがあったらなんでも言ってこいといわんばかりの勢いで迫られた。


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

母子の確執  「真由美 母への嫉妬」 義母が待望の娘婿の胤を宿してくれた

真由美は学生時代、ボーイズラブ・コミック(以下 BL)を好んで読んでいた。

自分でその雑誌を見つけたわけではない。

先輩や同級生からの受け売り、

だから雑誌は自分で買うわけではなく真由美の場合回し読みだった。

同じアダルトを語るにもやおいなら正々堂々と語れる。

そんなところが良くて真由美はBLにハマった。

そしてこれも周囲の女の子と同じように同性にはないチンコに興味を抱いた。

欲情すると漫画とはいえ克明に描き込まれたチンコをみながらオナッた。

そのうちにそれがエスカレートするようになりネット動画や友達がこっそり送ってくれるチンコを見てオナるようになる。

友達が送ってくれる短い動画や画像のチンコは彼女の遊び相手のものだった。

遊ぶ時も悩みを打ち明けるときもグループ同士、

何気ない生活を送るうち、その中のひとりの男の子と親しくなる。

やがて恋愛感情のような雰囲気を持つようになり、興味の果てにどちらからともなく誘い合い激しくエッチする。

身体だけは十分に発育していた真由美はBLのように相手をしてくれた男の子が恋愛感情の果てにエッチをしてくれたと信じ、そのはちきれそうになった硬いチンコを夢中になってマンコで受けた。

硬いものが粘膜を切り裂いて奥に割り入る。

----あああ・・・これがお母さんがお父さんとしてたエッチか・・・

気持ちイイだとかイクだとか、そういった類のエッチではない。

湧き起る欲情からだろうか身体の火照りを抑えたくて、友達に負けたくなくてチンコを迎え入れていた。

雑誌に出ていたはちきれそうなチンコを、どうしてもマンコで味わいたかっただけで、隠れて情報交換する仲間たちもおおよそその類だったのだろうとうっすら感じていた。

相手をしてくれたず~っと先輩のイケメンくんは初体験からして年上の女性にナンパされ教えてもらいながらだったと聞いてたからその時の彼は自信が漲っており中折れなどということはまず無かった。

だから以降の真由美のエッチはやおいで変な気分になった時、その先輩連中を呼び出し、挿し込んでもらえばコト足りた。

ところが結婚して龍と暮らし始めると夫の龍は妻の真由美に対する支配欲が強く、元カレとの絡みは俺と比べて・・・と真由美が欲情し変化が表れ始めると必ずと言っていいほどしつこく聞いてきて悩ませた。

行為は乱暴を極め、あっという間に望まぬ中に射出された。

適当な作り話でその場を終わらせたがうつうつとした気持ちだけが残った。

それでいてピンコ勃ちかと言えばそうでもない。

真由美が上手に演技をし、気持ち良いフリでもしなければほとんどの場合中折れした。

排卵期を測って交渉に誘うと、今度は義務感からか勃ちもしなかった。

自信を持たせてあげようと友達から聞いてきたスクイーズを渡したら益々隆起しなくなった。

真由美の母秋子が離婚に至ったのは彼女がやらかした不貞が原因だった。

それ故に秋子は夫と真由美の前で愛を語るなどということはしなかった。

真由美は生まれてこの方一度も父と母がセックスに耽っている様子を観たことがなかった。

離婚後に幾人もの男を自宅に引き込んではいたが、それらは全て真由美がいない間隙を縫って行われていた。

つまり真由美も恋愛感情や愛情の表現のひとつとして夫を求めたくなったことなどない。

母秋子と同じように目の前に隆々としてチンコがちらついて仕方ない時、手当たり次第に隆起してくれた男とまぐわって済ませていた。

龍は普通に性機能が発達し主に自慰でこれを処理、運が良ければマンコにありつく程度でこれまで生きてきている。

普通の男なれば街で理想的な女性を見かけ声をかけるとか押し倒し挿し込むなどということは、まず考えも及ばぬところだった。

妙ななりの女に対しては性感染が怖くて近寄れず、かといってきれいな女性に声をかけ拒否でもされようものなら自己嫌悪に陥る。

結局のところ子供が欲しくなり結婚願望が芽生え始めた真由美に逆ナンパの形で捕まったから成り行き任せで結婚した。

その真由美は30を超え子作りに焦り始めている。

子作りの焦りというよりも性欲が倍増ししたことによる欲情だったが、

反す母の秋子は欲情はあれどめっきり男に声をかけてもらえなくなった焦りがあった。

そんな母子、龍の扱いに置いて明暗を分けた。

秋子は長い人生経験から中折れ男であっても仕込んだら役に立つチンコもあることを見知っていた。

街行く男に物欲しそうな眼を向ければ軽蔑されようが、コトは娘からの頼み、

焦がれた若いチンコを子宮深く迎え入れられる、しかもそれが相手の望みと知って狂喜した。

万が一娘婿との情事で孕んだとしても、生まれくる子は娘夫婦が認知してくれるという。

近所の合う人毎に「この頃きれいになった」と言わしめる 色艶が増すほど若いチンコを肉球で嬲った。

熟マンに挿し込む龍だが、自分では中折れがと思う瞬間があっても相手が夢中で肉胴に襞を添わせ吸い上げる。

その様子を見るにつけ、自信と隆起が内面から沸き起こるがごとくだった。

孕むためではなく屹立のノックが濁流が欲しくて堪らなくなっていた。

この頃では顔を合わせるなり龍は秋子に挿し込みを要求してくる。

ズボンを下げてやると勢いよく弾き上がって秋子を喜ばせた。

子を産んで豊かすぎるほどになった肉壺であっても窮屈そうに怒張がめり込み、

肝心の部分へのノックを待たずして天井の数の子を剃り上がった屹立でズリズリと擦り上げながら突撃してくる。

絶叫ししがみつかずにはおれなかった。

窮状を訴える秋子を、これでもかと責め立てる娘婿の龍。

仕込み続けたオトコに、

それをしてほしくて秋子は躍起になって龍を誘い込んだ。

娘婿の若いチンコ無しではおれなくなってしまっていた。

久しく途絶えていた生理が毎月来るようになったのもこのころからだった。

危険な綱渡りだと自覚しているだけに秋子は萌えた。

親子の関係という分別すらつかなくなってしまっていた。

熟しきったマンコと隆盛に充ちたチンコが遂に奇跡を起こした。

五十路を過ぎた秋子が孕んだのである。

検査に当たった医師や看護師は、そのタイミングが人口のそのものではないことはすぐに見抜けた。

頼んだ真由美ですら、もしや受胎は母のマンコと夫のチンコがまぐわいあってできた結果ではないかと疑った。

自身も龍が夢中で実家に通い詰めていると知りながら他の男と遊んだが、母が妊娠したことを聴くと嫉妬で気が狂いそうになった。

母の胎には幾度も娘である自分の卵子を忍ばせていた。

にもかかわらず、これまでその気配すらなかった。

それがここに来て母は色艶も良くなり孕んだ。

夫を年甲斐もなく誘い出しまぐわったからに違いなかった。

娘婿の情愛を受け、女として甦った母の卵子が渾身のうちに注ぎ込まれた精子を受け入れ結実したとしかとれなかった。

母が夫欲しさににこのような計画を企てフェラを施し、自信を持たせて妊娠するまで挿し込ませ狂喜し続けたのだろうことは目の前の母の夫への媚態で容易に感じ取れた。

膨らみ始めた母の胎を妻の自分が見ていないことを良いことに、愛おし気に撫でまわす姿を見ているとなおさらのこと腸が煮えくり返った。




[PR]
新着動画・無料画像をきめ細かに配信、「知佳」



テーマ : 膣開発・中逝き願望
ジャンル : アダルト

母子の確執 「娘婿のチンコを貪欲に貪る義母」 義母が仕込んでくれた男の自信

秋子は龍のチンコを咥えさせてもらう代償に、是が非でも孕んであげると言ってくれていた。

龍は娘思いの母、婿への良質な胤造りの 言い回しは柔らかいが強要だと受け止めていた。

真由美も母の秋子に似たのだろう、セックスはどちらかというと種を残すための一種の行事だと思っているふしがあるように思え夜の生活を一向に楽しむ気にならなかった。

半勃ち状態でもお構いなしに腰を振り、奥に届きもしないのに早く中に出せと責め立てるようなセックス。

義母の胎内にあなたの胤をと言われたとき、「それほどバカにしたいのか」と怒鳴り付けたい気分にさせられた。

その義母からの呼び出し、

訪問初日、あの処置室でチラリと魅せた欲情するマンコを持つ熟女が現実そこに居た。

如何にももてなすような素振りをしながら近づき、熟れ切った身体を魅せ付け勃起を促し、

艶を秘めた仕草で股間を触ってきてくれた時の義母秋子は病院で受胎相談に乗ってくれた時とうって変わって飢え切った牝になっていた。
牝への自信につなげさせようとワレメを与える義母秋子
秋子は幾度も幾度も龍にマンコへの奉仕を義務付けた。

龍の勃起が限界に達すると約束に反し、フェラや手コキで対応

皺袋に中に如何に急速に濁液を溜めるか、

女に臆せず隆起させきるかに心血を注いだ。

クリは完全にめくれ上がり蜜を滴らせたマンコの奥から耐えきれなくなったのだろう襞がヒクつきながら顔を覗かす。

その先端を龍の舌が舐め上げた時だった、

「あああん、上手よ。 凄くうまくなったわ。 それにもうこんなになってる・・・」

恨めしそうに勃起を握りしめ全身をわななかせながら、それでも娘婿の隆起を促した。

----お義母さんのマンコはもう限界に達してるはずなのに・・・

何故ハメさせてもらえないのか、それを龍は不満に感じていた。

訪問する都度、期待に胸を膨らませてか義母の下着は派手なものに代わっていった。

「お義母さん、今日こそ確かめ合えるんだよね」

「待てなくなったの? 仕方ないわね、大きくさせたまま最後まで出来るようなら許してあげてもいいわよ」

言葉とは裏腹に待てなくなっていた秋子は始まると直ぐに濡れそぼった下腹部を龍に押し付け指マン・クンニを迫った。

滾り始めた娘婿のチンコに狂喜する義母秋子
この頃ではもう始まると直ぐに69で互いのアソコを責めるようになっていた。

秋子は龍にマンコを与えながら、手にした肉胴の下の皺袋に濁流が送り込まれる様子に狂喜していた。

初めてフェラで抜いた時、龍のソレはこれから比べると半勃ちに近かった。

それが今では亀頭冠が目いっぱい張り始めると迂闊にマンコを許したら張り裂けはすまいかと心配になるほど怒張している。

----やっと試すときが・・・ これ以上身が持たない・・・

秋子は龍の顔面からマンコを取り上げるとチンコの先っぽを摘まんで騎乗位のままマンスジに沿って幾度か前後させ、

覆いかぶせるようにチンコ上に腰を落とした。

ズリュッと蜜が溢れ切った膣奥にチンコが吸い込まれ、一気にその先端が子宮頸部に到達した。

秋子の子宮が戦慄き、龍の肉胴に戦慄が走った。

龍の勃起は肉球に嬲られてもひるむどころか逆に益々そそり立ち膣を押し広げ子宮深くめり込もうとしている。

短時間の挿入では十分濁流が得られないと知って必死で引き抜こうとする秋子だが、

龍はそんな義母の気持ちはどこへやら、

がっしりとした手で秋子の豊かな腰を鷲掴みにし、下から遮二無二突き上げる。

最初の頃こそまっすぐ立って受けていた秋子だったが刺激の強さに耐えかね、

遂に龍の胸にその豊かな乳房を押し付けるようにしてしがみついて突き上げに耐えている。

ビチャビチャという音に交じって肉同士がぶつかり合うパンパンという鈍い音が部屋中にこだました。

淫靡な襞の奥から肉胴が半透明な泡立つ液を掻き出し、ソファーの上にシミを作る。

時々激情がこみ上げるのだろう

全身をビクンビクンと波立たせたかと思うと龍動きが止まる。

すると嫌々と駄々をこねるように秋子腰が揺れ、中に納まった怒張を締め上げ嬲った。

龍は心得ていて腰をしずかにマンスジ目掛け押し当て、未だ治まりつかぬ亀頭冠で子宮奥を割ろうとする。

「龍ちゃ・・・ 素敵よステキ! こんなこと・・・あの子にはナイショ・・・」

その瞬間が遂に来たと感じた秋子は両眼を見開き受け入れ態勢に入った。

白濁液が一気に奥まった秘所に向かって放たれる。

余程待ちかねていたんだろう、秋子は全身を硬直させてそれを受け止めた。

一滴も残さず中に放出させようと一度は放出し終わった勃起に向かい秋子の肉球が亀頭冠を幾度も絞り上げる。

「離れないでこのままこうして・・・」 放出し終わったチンコを放そうともしない秋子

恍惚の中にいてそのあとの言葉が続かない、

龍の頭を抱え込むようにしながら今放出された微熱の余韻を楽しんでいる。

この放出が必ずしも受胎に繋がるとは思えない、

それでも未来は明るいと秋子は感じていた。

龍は秋子に言われずともマンコの中に放出が終わったチンコを留め置いて彼女の興奮が治まるのを待ってあげていた。

秋子は生まれた初めて娘婿に小さく逝かされた。


[PR]
禁断の人妻達が男を求めて乱れ・悶え・エロスにふける!人妻・熟女専門パコパコママ



テーマ : 膣開発・中逝き願望
ジャンル : アダルト

母子の確執 「義母が貸そうとしてくれる胎」 義母へ初めてのクンニ

禁じられた間柄とはいえ一度火が点いてしまった男女の仲は引き離そうとすればするほど燃え上がる。

互いが肌恋しくて逢わずにはおれないようになっていた。

殊に秋子は若い男の男根を口に含み濁液を飲み干したことで発情し、

全身至る所に指を這わせ湧き起る欲を押し殺そうとするようになってしまっていた。

龍を無事送り返し、簡単な食事を済ませ床についたが深夜になっても寝返りを打つばかり、

「いやだわ・・・目が冴えちゃって眠れそうにない」

若い滾りが男を諦めようとした熟女に再び火をつけたようだった。

火照った身体を少し冷やしでもすれば寝付けるかもしれないと思い立ち床を離れた秋子。

彼女の住む家は浴室やトイレに立とうとすると必ずキッチンを通らなければならない。

あれほど萌えたキッチンも今は静まり返り、恋い焦がれる龍の痕跡はどこにも見当たらなかった。

「どうしてあそこで用意して置いた寝具まで引き込めなかったんだろう」

親子ほど年が離れていることへの負い目がそこにあった。

「もう二度とチャンスは巡ってこないかもしれないのに私ったら・・・」

落胆したが、そのまま浴室に行く気にもなれず、気が抜けたように椅子に腰を下ろした。

午後の日差しを浴びながら娘婿と情を交わしたテーブル脇をすり抜けようとして床に何か落ちていることに気付いて拾い上げた。

封を切ったゴムだった。

「あらっ 龍ちゃんったら」

義母の身体のことを思い、ゴムを使おうとしてくれていた。

彼のことを心身を冷やして忘れようとした矢先に本心を知ってうろたえた。

娘婿をフェラで逝かせてから今日で3日、待つにも限界だった。

「どうせフラれるなら早い方が・・・」半ばやけっぱちになっていた。

秋子の方から忘れ物を取りに来てほしいと真由美に連絡を入れた。

「龍ちゃん来てくれた時に近所からのもらい物のおすそ分けを用意してたのに」

たらふく食べて転寝が始まり、寝ぼけ眼で帰ったのはいいけど、

「肝心の荷物が玄関に投げっぱなしだったわよ」 あらん限りの嘘だった。

「あらそう、あの人ったら食べるとすぐ横になりたがるんだから。しようがないわね、わかった 直ぐ向かわせるから」

収入が乏しい中での母のこうした贈り物は家計を支える身にはとてもありがたく、何の疑いも持たずに夫を送り出した。

直接彼に連絡を入れたかったが、女の勘で娘の真由美が龍とのことで嫉妬し、疑いを持ってるんじゃと 敢えて真由美に連絡を入れた。

龍が玄関を入ると家中に美味しそうな香りが満ち溢れており、当の秋子は玄関に迎えにも出ずキッチンで懸命に腕を振るってる最中だった。

「遅くなりました」

「わざわざごめんね。せっかくの休みに」

後ろ向きのまま応える秋子、やや腰を折り曲げながら台所仕事をしているため危うくスカートのしたからパンティーが見えそうになるほど超ミニを履いてくれていた。

娘婿を送り返して以来、疼きが治まらなかった秋子は履き替えても履き替えてもマンスジが湿りを帯びて困っていた。

今日呼びつけたのも龍にそのことについて皮肉のひとつでも言ってやろうとパンチラしつつ待っていた。

感極まり娘婿龍の唇を奪いに行く義母の秋子
娘婿とはいえ龍だってオトコ

あんなことがあったあとの義母秋子のパンチラは眩しくて仕方がない。

「いやだ、見えちゃう? ちょっと短かったかしら・・・」

「そんなことないです。 よく似合ってます」

「褒め上手なのね、でもそういっていただくと嬉しいわ。 ありがとう  これ、お口に合うかどうか」

手料理と運んできた秋子の豊かな腰に、つい手を回し呼び込む形になってしまった龍。

「今日の用事って、本当は逢いたくて呼んでくれたんでしょ?」

「待っててくれたんだ。 本気にしていいの?」

「もちろんだよ。 こちらから誘わなくちゃいけないのに真由美が・・・」

「わかってる・・・ いけないことだもんね・・・」

腰に手を回し引き寄せられた秋子は下半身を龍の股間に押し付け妖しく腰を振り、その先をせがんできていた。

「今日もお願いしていいんだね」

「食事もしてないのに、もう欲しいの? せっかちな龍ちゃん」

互いに見つめ合い言葉を交わそうとして堰を切ったように唇を求めたのは秋子の方からだった。

震える手で龍の股間の膨らみを確かめると身体を放し、秋子は片足を椅子に乗せパンモロを龍の眼前に晒した。

「ココ どうなってる? ねぇ~ どうなってる?」

「うん、凄いことになってる! もうビショビショだよ」

「今日はどうにかしてくれるんでしょ? ねぇ~ そうでしょ?」

椅子の上に乗ると後ろ向きになりパンモロのまま豊かな腰を突き出し、龍にアソコの確認を迫った。

龍はお尻に顔を埋め、おもいっきり義母の甘酸っぱい香りを嗅ぎ、

小さな布切れを脇にどかすと嫁の真由美と違い野性味あふれる豊かなマンスジがつゆだくになって現れた。

甘酸っぱくチーズ臭のするそのワレメの、僅かに白濁しドロッとした液を龍は顔を埋めて舐め取りにかかった。

「あああ・・・待ってたの・・・ こうしてくれるのを、ずっと寝ないで待って・・・」

義母秋子の豊かな下半身に吸い寄せられる娘婿の龍
娘の真由美が世話をしてやれない分、母の自分がと思い尽くし始めたことが裏目に出ていた。

婿から採取したばかりの生暖かい精液を子宮奥深く送り届けられるたびに秋子は龍への禁じられた思慕が増した。

そして直の龍の欲情したチンコで子宮奥に注いでもらわないことには治まりがつかなくなっていた。

秋子は椅子の上でM字開脚に座り治し、十分に開ききったマンコを龍に向かって晒した。

一度は子を孕み、熟しきった下半身の豊かさに龍の男根は混乱をきたした。

形だけビーナスのようでいながら真由美や透子のそれは生殖器とは程遠いもの、それに比べ、義母の下腹部は牝の牡を求める欲情がそのままマグマとなって積み重なったような脂ぎった卑猥さがあったからだ。

---これまでに味わったことのない欲情がチンポから精液を搾り取ってくれるに違いない。

そうすればこの卑猥な太腿を割って腰を打ち付けることが出来、切っ先で子宮口を幾度もノックすることが出来る。

その間にも龍の男根を待ちわびたワレメから耐えきれない、待てないと蠢きで窮状を伝えてきていた。

----もっと激しく悶えさせてやろう。 そうすれば・・・

きっと今日はフェラでは終われなくなり、チンコの先でこのマンコを突きまくることが出来るはずだ。

確かこれから何度も胤を送り届けるついでに膣開発と中逝きを仕込んでほしいと言ってた。

マンコに熱い息を吹きかけるたびに妖艶に見下ろしていた義母の顔が後ろに仰け反り苦しみに歪んだ。

待つことが限界に達したのだろう、小刻みに悪寒が奔ったような震えに交じって苦し気な息遣いが聞こえる。

龍はええいままよとつゆだくのワレメ目掛けて鼻面を埋めていった。


[PR]
禁断の人妻動画が満載 知佳


テーマ : 膣開発・中逝き願望
ジャンル : アダルト

母子の確執 代理出産

倉坂夫婦は結婚10年が過ぎようとしていた。

学生時代から子供を産んで育てることに憧れを抱いていた真由美だったが、計画を立て夫婦生活を繰り返せど一向にその気配すらない。

諦めかけていた時思いがけない人が声をかけてきた。

それが夫を奪い合ったかつてのライバル透子だった。

真由美は結婚するまで某企業に所属していた。

所属していたというのも、

真由美は学生時代からスポーツに長け、この会社にもクラブ活動条件で入っていた。

恋敵の透子は通常の入社試験を突破して入ってきていて、同期入社だった透子とは既に恋人と言っても差し支えない関係にあった。

真由美は龍とは同期入社といっても部署が違うので顔を合わせることなどまずなかったが、たまたクラブのファンの透子が龍を連れて大会の応援に来てくれたことから親しくなり、恋人に近い関係にあった透子から龍を奪うような形で結婚に至っている。

そのような経緯から透子は、結婚後も恋人気分が抜けきらず何かと龍に声をかけてきており、龍がうっかり子供が出来なくてと話したことから幾分皮肉を込めてアドバイスをくれたものだった。

そのアドバイスというのがスポーツのやり過ぎを改めろというもの。

真由美のスポーツは企業のスポーツ部門というだけあって巷の趣味の域を超えていた。

体型を維持する程度のスポーツではなく体躯を酷使していた。

透子にすれば龍を奪われた原因が鍛え上げたマッチョの身体の芯部 真由美の下腹部の良さに映ったが、

「スポーツのやり過ぎで孕めなくなってるんじゃない?真由美はただの筋肉の化け物」と龍にフェラ中に囁いたのである。

「女の身体は使い込むほどに襞が発達するの、子供を産みたいから当然だけど。だから貴方の肝心な部分に吸い付き嬲ってくるわ」

ホンモノのメスの良さを味わえない龍ってある種気の毒とまで言い切られ、そのことが気になり出していた。

真由美には当然の如く「きっとスポーツのやり過ぎで出来なくなってしまったんだ」と一言告げ、

「締め上げることだけが全てじゃないのよ」

子供が欲しかったら誰かに代理出産をお願いするしかないんじゃない、

それよりなにより、貴女自身に卵子が形成されるか検査しなくちゃとまでアドバイスした。

真由美はもう30代半ばに達している。そうまで言われてしまうと検査に行くのさえ恐ろしくなってしまった。

「うん、わかった。  そのうち行ってみる」気のない返事をしてその日は別れた。

不妊検査は夫婦の一方がすればそれで解決という風にはいかない。

自分は確かに云われた通りの非があるから検査は必要だが、夫の龍にはそのことがどうしても言い出せなかった。

仕方なくこっそり検査を受けた真由美に医師は「排卵が活発に行われていないし、子宮も受胎に不向き」と説明した。

それでも諦めきれなかった真由美は夫にこのことを告げ子宮腔内精子注入法を人工的に行ってもらった。

結果は惨憺たるものだった。

残るは体外受精に頼るしかないだろうと言われた。

真由美は悩んだ末に母の秋子に相談した。

娘である真由美の卵子とその婿である龍の精子を義母の子宮で宿そうといういうのである。

秋子にとって龍は義母と娘婿の関係。

義母の秋子には許せても妻の真由美には決して受け入れられない行為に思えた。

それでも娘の幸せと子孫繁栄を思えばこそ、これを受けざるを得ないことだ捉え実行に移すことにした。

娘に幸せになってもらいたいという思いは高齢出産というリスクすら忘れさせてくれた。

加えて、真由美には生後間もなく離婚という悲劇を味わせており、ずいぶん淋しい思いもさせてきた。

何としても娘に同じ辛さを味わわせたくなかったというのも決断のひとつにあった。

婦人科は検査を極秘のうちに進めてくれ、幸いなことに真由美の未熟な卵子の取り出しには成功した。

それを一時的に凍結保存し、後に解凍 龍に訳を話し精子を抽出し義母秋子の子宮での受胎が試みられた。

高齢とはいえ秋子は一度は妊娠し、真由美を産んでおり受胎には問題ないことは医師も認めた。

だが受胎は思った以上にうまくいかなかった。

それを秋子は男女の相性ではないかと思うようになっていった。

精子を提供する側の龍も、婦人科で看護師相手に射精というのは回を追うごとにうまくいかなくなってきていた。

焦ったが今更どうしようもない。

残る手段、秋子は少しでも龍を精神的圧迫から解放してやろうと自宅に呼び寄せた。

透子が現われ夫婦生活について掻き混ぜていったことは真由美から聞き及んでいる。

そのことで夫婦生活までぎくしゃくしてしまって鬱になり始めている娘の真由美。

切羽詰まった状況にあるが、それらを全て龍に押し被せれば役に立つものも逆に萎えてしまう。

夫婦関係さえ修復出来たら、あとは子供を与えるだけ。

離婚だけは娘のためしてほしくなかった秋子は殊更龍の子供を身籠ることに心を砕いた。

その娘婿が妻の真由美が仕事に出かけている間に訪ねてきてくれている。

「どう、お口に合うかしら」

「美味しいです。真由美の調子が悪くなってからインスタントばかりの毎日でしたから」

「うんと食べてね。元気出してもらわないと私も困るから」

「わかってます。わかってるんですが・・・」

話しが受胎にそれたとみるやトーンが下がってしまった。

「そうよね・・・こんなおばさんに精子を提供することになって・・・本当は嫌なんでしょ」

龍にとって実のところ悩みは他にあった。

-----肝心な部分に吸い付き嬲ってくる-----

その言葉の通りだとすれば・・・そう考えると気恥ずかしくてまともに義母の顔を拝めないでいた。

「そんなことないです! 何度やってもうまくいかないから原因が俺にあるんじゃないかって不安になって・・・」

うつむいて応えるしかなかった。

「そんなことないわ。きっと突然のことで戸惑ってるだけだと思う」

何度か直接触れ合うようになれば妊娠も可能だと思う、そうでしょ!

秋子は龍の顔を覗き込み、すがる思いでこう言い切った。

「直接って・・・義母さんの・・・中に 直接ですか? そんなことしてもいいんですか?」

来訪直後から意識していたから股間を知らず知らずのうちに掌で押さえていて、その部分だけ汗で濡れ色が変わってしまっていた。

それを目ざとく見つけ出した秋子はあっけらかんと、

「龍ちゃん、真由美と久しくエッチしてないんでしょ? 本当は溜まり過ぎてるんじゃなくて?」

テーブルの下にそっと手を忍ばせ、龍のその湿った股間を弄った。

「こういうことは我慢が一番体に毒なの、わかる?」

怪しげな視線が龍に向かって降り注がれる。

斜め後ろに立たれてるとはいえ娘婿の精液で妊娠したく、ひたすら発情を促している熟女の甘い体臭が龍の鼻腔をくすぐった。

----お義母さんの方から求めてくれている-----

その反応はすぐに股間に現れた。

むっくりと隆起してきた股間の先端を愛おし気に擦っていたが、身体を摺り寄せられた龍が戸惑っている間に

ジッパーを引き下げられ摘まみだされた男根は期待にそそり立ち始めていた。

「ずいぶん溜まってるみたいね。無理してたんじゃなくて?真由美に内緒にしてくれるなら相性を良くするためでもあるし、アソコ使ってヌイてあげてもいいのよ」

「お義母さん、本気で言ってるんですか!」

「本気かどうか試してみる?」

秋子はゆっくりとした動作でその豊かな腰をなまめかしく揺すりながらスカートの下のパンティーを龍の視線の届く位置まで下してくれた。

「龍ちゃん、直に触って確かめてくれない?こんなおばさんでも使えるかどうか」

是が非でもなかった。

冷徹なまで妊娠のための夫婦生活を強要する妻の真由美と違い、いつの頃からか義母は女の欲情で精液を求めてくれていることはうすうす気づいていた。

気付いていただけに幾度も失敗を繰り返す受胎に龍はすっかり自信を失っていた。

ところが今日に限り義母の方から直接関係を持ちたいと呼び出しをかけてくれている。

透子の言う熟女の膣癖を味わうという期待と不安で胸だけ高鳴っていた。

龍の男根は既に義母の手でズボンから引き出され、奉仕を受け始めていた。

その義母が龍の上腕を捉え顔を豊かな胸に抱き込むようにし下半身を押し付けるようにしてくれた。

一瞬ためらったのち、龍の手はついに秋子の露わになったマンコにスカートを捲り上げ伸びた。

「やっと確かめ合えるわね」

「はい!でも、お義母さんにも好きな人いるんでしょう?こんなことして大丈夫なの?」

「・・・ああ、そこを・・・」返事の代わりに小さな喘ぎ声が聞こえた。

入り口はなるほど透子が言うように真由美のそれと比べても硬い締まりはない。

その分、外陰唇からして襞がぬめるように龍の指を捉えて離さない。

入り口の僅かに奥まった部分に指を挿し入れるとすでに其処は火のように火照り襞がまるで別の生き物のように蠢めいていた。

「あああ、 龍ちゃん、こんなことどこで覚えたの・・・ 真由美にもこんなこと・・・」

嫉妬だった。

「この指やこのチンコ、私だけのために大きくしたと言って・・・お願い!私のアソコが欲しいからこんなになってしまったと・・・」

いつの間にか秋子は胸の前を開け、龍に豊かな乳房を口に含ませてつつ下半身を押し付けていた。

大胆になった秋子はマンコをより触りやすいようにと一方の足は椅子の上に置き、皺袋の裏側をその親指の先でなぞりつつ悶え苦しんでいる。

秋子は若い龍を諭すようにしながら、男根の蠢動を煽り、龍もまたそれに応えようとしていた。



【PR】
禁断の人妻達が男を求めて乱れ・悶え・エロスにふける!人妻・熟女専門パコパコママ

テーマ : 膣開発・中逝き願望
ジャンル : アダルト

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
相方が知佳のこと適当に書いてますが、書かれても仕方ないほどパチ好き。
仕事忘れてはまってお金なくなると確かにキャバとか...(笑)知佳の周りの男の人が知佳にo(><;)(;><)oイライラそわそわするの見るのがなんか好き、キュンキュンする幸せ(´v`)★∴∵

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
31位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)

黒い翼

dominatrix

Worldshavedvideo reverse cowgirl position

メス豚の飼い方

寝取られDVDブログ

孤独なM

女性or性女

新世界のフケ専です

紆余曲折

芸能人のヌードタウン

kamio collection

赤星直也のエロ小説

女装&ニューハーフ美空間

Anthony's CAFE 

荒縄工房 淫美

夫婦で楽しむ3P・他人棒

神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ

綺果のSM感じるままに。

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

緊縛の館

ショコラの他人棒

A new Queen of the Night

うちのM妻晒します

白昼夢

出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

モモンガのハメ撮り中出し日記

Tataのアダルト学習帳

女の子願望

ゆうなは雌堕ちた

えろぶろランド

オイル漬けマッサージ体験記

素人すけべボイス淫語まんさい

ちょっとHなウチの妻

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -

女装子ふじこのアルバムと日記

うちのカラダは…さんのもの。

M男伝説~女王様と私~

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード

HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ

~夫婦の寝室blog~

プロの視点@ハセッチブログ

変態PARTY

変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~

籠り姫の絶対領域

兎の猫

快楽共有の輪

婦人ひとみの日常

グローバルアジアん

エッチなブログ ♡

なんだかかんだか

淫縛と調教の世界

最愛の妻 AIRI

混浴とセックス

癒縄 命羅のロープヒーリング

次郎のお気に入り

女装子みのり

女装子・浅木睦美のブログ

女装マゾコレクション

緊張感を求めて・・・

夢世界

~変態奴隷への調教課題~

kaede's Room Annex

Kaede's Room

快感小説

神の城

K and J  ある夫婦の性愛日記

痴女装まどかの妄想の檻

愛のいとなみ

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

緊縛・淫靡な部屋

僕と妻と他人達

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

足フェチ画像・動画 アシリーダー

貞操管理

ふ~族シンドローム

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

絆☆遊誠会

まいみん☆みん

F-Isire

女装奴隷 レイの部屋

淫乱女装M乱子の調教日記

女装秘密の部屋

淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

マゾ女装子みあの変態願望

淫らな艶女

セルフヌード ブログ『i-未来』

mioのパンスト脚・足・お尻

ぽちゃだけどHな事が好き

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

雄犬・雌犬集会所

なおの日記

HI白兔虎磊瞾奣

みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~

愛ラブYOU

知佳

淫乱な雌豚熟女

Naoの着エロフェチ写真動画ブログ

東北nawaがすき~SM  

パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ

寝取られ体験談

女装肉便器くみこ

街の女性これくしょん★

妻のお尻とNTR

~見られたい人妻~ 

『HTのNUDE』

ヌルテカマッサージで性欲全開!!

部屋

アブノーマルなLOVEライフ

独り言 ~Nasty Fair lady~

パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog

街角パンスト美脚

パンスト・脚フェチCLUBOO♪

ひよっこ舐め犬のココロ

ピエのフォトエッチ

~変態調教~プレイメール

パンスト美脚のお姉さん達

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

愛のSMごっこ

らんとゆうのカフェテラスpart2

たく&純子の大人の遊び

個撮素人

貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )

Renaissance World Ⅱ

Renaissance World

Lena's sex life

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

妻「りん」とのエッチな日記

続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)

男を操る

咲楽(さくら)のエッチな部屋

ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン

秘密のお部屋(女装大好き♪)

さやの部屋

Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)

性教育実習相談室

熟女装・千穂のアナル遊戯

真のマゾ奴隷として変って行く私・・・

セックスレスだけど愛してる

Sexy Mu

レイナのエッチな裏Blog

上海麗奈

内緒の大人遊び

四国は香川のアートな緊縛・縛り

性欲処理写真館

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2

混浴と外遊び

アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-

嫁の体験リポート

40代男の性活日記

musicTAIKOMANの日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

愛のかたち

鳶屋の艶本

五十越え 越山

魅惑のクンニ

ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

つかちゃんの電脳雑記帳

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜

世界の変態女装、ニューハーフたち

30代夫婦の性活日記

変態生活、yonesuke

よしかとかえで

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記

M女になりたかった女装露出マゾ

ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン

ゆりぽ - Yuri's Report -

彼女達との性ライフ
Google+1
https://blog-imgs-105.fc2.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



知佳厳選 小説系リンク・ランキング
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)
黒い翼
dominatrix
Worldshavedvideo reverse cowgirl position
メス豚の飼い方
寝取られDVDブログ
孤独なM
女性or性女
新世界のフケ専です
紆余曲折
芸能人のヌードタウン
kamio collection
赤星直也のエロ小説
女装&ニューハーフ美空間
Anthony's CAFE 
荒縄工房 淫美
夫婦で楽しむ3P・他人棒
神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ
綺果のSM感じるままに。
人妻アヤメ~夫婦の日常性活
緊縛の館
ショコラの他人棒
A new Queen of the Night
うちのM妻晒します
白昼夢
出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~
ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ
モモンガのハメ撮り中出し日記
Tataのアダルト学習帳
女の子願望
ゆうなは雌堕ちた
えろぶろランド
オイル漬けマッサージ体験記
素人すけべボイス淫語まんさい
ちょっとHなウチの妻
愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~
舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -
女装子ふじこのアルバムと日記
うちのカラダは…さんのもの。
M男伝説~女王様と私~
妻ノーマルからだんだんエロ開発日記
29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード
HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ
~夫婦の寝室blog~
プロの視点@ハセッチブログ
変態PARTY
変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~
籠り姫の絶対領域
兎の猫
快楽共有の輪
婦人ひとみの日常
グローバルアジアん
エッチなブログ ♡
なんだかかんだか
淫縛と調教の世界
最愛の妻 AIRI
混浴とセックス
癒縄 命羅のロープヒーリング
次郎のお気に入り
女装子みのり
女装子・浅木睦美のブログ
女装マゾコレクション
緊張感を求めて・・・
夢世界
~変態奴隷への調教課題~
kaede's Room Annex
Kaede's Room
快感小説
神の城
K and J  ある夫婦の性愛日記
痴女装まどかの妄想の檻
愛のいとなみ
赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜
緊縛・淫靡な部屋
僕と妻と他人達
真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー
足フェチ画像・動画 アシリーダー
貞操管理
ふ~族シンドローム
女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ
やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~
ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・
ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]
絆☆遊誠会
まいみん☆みん
F-Isire
女装奴隷 レイの部屋
淫乱女装M乱子の調教日記
女装秘密の部屋
淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記
金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装
マゾ女装子みあの変態願望
淫らな艶女
セルフヌード ブログ『i-未来』
mioのパンスト脚・足・お尻
ぽちゃだけどHな事が好き
美優の独り言(性欲処理道具の生き様)
雄犬・雌犬集会所
なおの日記
HI白兔虎磊瞾奣
みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~
愛ラブYOU
知佳
淫乱な雌豚熟女
Naoの着エロフェチ写真動画ブログ
東北nawaがすき~SM  
パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ
寝取られ体験談
女装肉便器くみこ
街の女性これくしょん★
妻のお尻とNTR
~見られたい人妻~ 
『HTのNUDE』
ヌルテカマッサージで性欲全開!!
部屋
アブノーマルなLOVEライフ
独り言 ~Nasty Fair lady~
パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog
街角パンスト美脚
パンスト・脚フェチCLUBOO♪
ひよっこ舐め犬のココロ
ピエのフォトエッチ
~変態調教~プレイメール
パンスト美脚のお姉さん達
Lets Enjoy Bondage
PurpleCouple's Secret Place
愛のSMごっこ
らんとゆうのカフェテラスpart2
たく&純子の大人の遊び
個撮素人
貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )
Renaissance World Ⅱ
Renaissance World
Lena's sex life
レンのソフトより(!?)なSM調教簿
妻「りん」とのエッチな日記
続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)
男を操る
咲楽(さくら)のエッチな部屋
ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン
秘密のお部屋(女装大好き♪)
さやの部屋
Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)
性教育実習相談室
熟女装・千穂のアナル遊戯
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
セックスレスだけど愛してる
Sexy Mu
レイナのエッチな裏Blog
上海麗奈
内緒の大人遊び
四国は香川のアートな緊縛・縛り
性欲処理写真館
【SM 調教 動画】の恍惚
SM事師たち-無料SM動画学入門-
緊★縛エロチカ★
SM Sleeper
【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2
混浴と外遊び
アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-
嫁の体験リポート
40代男の性活日記
musicTAIKOMANの日記
海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ
愛のかたち
鳶屋の艶本
五十越え 越山
魅惑のクンニ
ちょっぴりHな夫婦の日々綴り
つかちゃんの電脳雑記帳
荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~
夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜
世界の変態女装、ニューハーフたち
30代夫婦の性活日記
変態生活、yonesuke
よしかとかえで
☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
M女になりたかった女装露出マゾ
ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン
ゆりぽ - Yuri's Report -
彼女達との性ライフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
訪問(IN)ランキング 集計期間:7日間に設定
無料レンタル
アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ブログ内ランキング
現在好んで読まれる順位です。
ブログパーツ
人気ブログランキング
ランクレット
一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話