知佳もやってみたい、こんなこと

父親の面影を追い求めの、あの深夜徘徊の女の子。

お酒を飲むと暴力をふるう父

出会い系で知り合った男と、しょっちゅう泊まり歩く母

学費もまともに払ってもらえるはずもなく

高校を中退し、アルバイトしてたんですが

精神が不安定になり、出勤できなくなってクビ

家に帰りたくなくて、稼いだお金を使ってアパートを借りたまでは良かった。

お金は敷金・礼金に引っ越しや家賃で消え

生活費に困って、母がやってたサラ金に手を出し

取り立てに追われ、脅されて祖母宅に逃げ込んだ。

祖母は、母以上に男の出入りが激しい生保

紹介されたのが〇〇党の議員

そこで教えてくれたのが身障者になること

精神障碍者

診断書を添え生保を受け、サラ金踏み倒し。

借りるアパートの質は落ちたけど、今でも

生保で1円パチ、飽きたら援助したりして遊んで暮らしてます。

取り残されたのが弟

悲しいかな、弟はこれ、できないんだよね。

時々父親に連れられて、土木作業員してるんだって・・・

逆立ちして稼いだって月10万はむり

法律で、女性は庇ってくれるけど男性は今のところ・・・

世の中、女性はこんな時便利だよ。
スポンサーサイト
[PR]

アンテナメーカーのURL変更について

諸事情により、アンテナメーカーのURLを変更しました。
ご面倒をおかけしますが、リンク変更をお願いします。

カテゴリーがそぐわないと思われた場合は、連絡をお願いします。

父親の面影を追い求め 男と酒に溺れ、我が子の深夜徘徊を放置

男と酒にお漏れ、我が子の深夜徘徊を放置それはいつの頃だったか定かではない。

佳子に頼まれ、久美はご主人のいない夜、佳子の自宅に相談がてら訪問したことがあった。

佳子の癖は、どんなに仕事の上りが遅くなっても、自宅に帰り着くと、まずビールをあおる。

ほどほどに酔いが回ったところで台所に立つのが、いつものやり方だった。

相談があると、如何にも緊急であるような言い回しで呼び出され、取るものもとりあえず駆け付けた久美だったが、自宅を訪れた時には佳子はかなり出来上がっていた。

自宅に帰り着くと、まずビールを・・・それを久美はせいぜい350ml缶ひとつ程度と勘違いしていた。

あおるだけあおって、食事の支度は、まるで出来ていなかった。

自宅に誰もいないかと思いきや、二階から物音がして、深夜になって姉弟兄弟が降りてきた。

腹を空かせていたんだろう、ふたりは言葉少なに外出した。

「こんな時間に、子供たちだけで外に出していいの?あの子たち、どこに行くの?」

久美にしてみれば、当然のことを当然と思って聞いた。

男の子ならまだ許せる。

だが、先に出て行ったのは高校を中退して引きこもっているお姉ちゃんの方だった。

深夜徘徊し、もしものことがあれば・・・呼び戻してくる」

立ち上がりかけた久美に向かって、佳子の投げやりな言葉が飛んだ。

「ホントに!どうしようもないんだから。どうせコンビニでしょ」

いつものことよ、

「誰があんな子を・・・」

自分がこんなに頑張っても、それでも追っかけてきてくれない男を、あんな子が相手にされるわけがないと言い切った。

腹を空かせ、コンビニ期限切れ寸前の弁当を安く買って、それを食べ、飢えをしのぐ。

子供ならでわのアイデアだった。

お金はもちろん、この親から出ていない。

どこからか、借りてきたと思われた。

「旦那は、これ知ってて外出してるの?」

「とっくに。 先に帰ってきてたんでしょ、弁当の空箱が投げてあるから。どうせ飲みに出かけたんだ」

こともなげに言った。

「旦那が飲みに出かけた理由って、本当は佳子ちゃんにあるんじゃない?」

「別に・・・一晩留守にしてただけよ」

出会った男と、情が通じ、治まりきらなくなって無断外泊し、翌朝早く、こっそり忍んで帰り、コンビニで買った総菜を、それらしく弁当に詰め、台所に置いて、寝ずにそのまま仕事場の直行したとのこと。

もはや、まともな主婦のやることじゃなかった。

浮気を疑わないほうがどうかしてると、久美は思った。

旦那も子供たちも、佳子の男癖の悪さを知っていて黙っているとも。

それなのに、佳子が大切な相談と久美を自宅に呼び出した理由が、今付き合ってる男のもとに家出して、一緒に住もうと思ってると、時に大声で、時に泣きながら訴えてきた。

この家が自分には我慢できないと。

コンビニで買った弁当を携えて、子供たちが帰ってきている時間だと思うと、久美は返す言葉を失った。

テーマ : 父親の面影を追い求め
ジャンル : アダルト

tag : 深夜徘徊 コンビニ 期限切れ寸前の弁当を安く買って 無断外泊

疑惑 それぞれへの復讐

深夜の密会一段高い舞台の上で、観衆に向かって尻を高々と掲げながら和子がつぶやく、

「いい。ああ、恥ずかしい」

オーナーは掲げられた腰を後ろに引き寄せながら、双臀の隙間に屹立をそえ、一気に沈み込ませる。

「うっ、はあぁぁぁ・・」

壁についた両手に力を込め、和子は上体をのけぞらせた。

オーナーは、ここぞとばかりに尻を引き寄せ、グイグイとえぐりたてる。

背中をしなせた女の後ろに年老いた男が覆いかぶさっていた。

脂ぎってはいるが、老人斑が浮き出た顔といい、だらしなく弛んだ腹といい、とても女を籠絡する精力が漲っているとは言えない風体だった。

媚薬の力を借りながらそそり勃たせ、汗みずくになって女の膣を突き上げている。

観衆が見守る意味は、或いは麗しい花嫁を奇怪な幽体が媚薬の力を借りて籠絡しているとでも映ったのかもしれなかった。

この場から助け出したいが、衆人環視の中ではどうにもならないと諦めながらも、この先どうなることかと固唾をのむ男がいる。

我より恵まれた美貌と均整のとれた肢体に嫉妬し、もっと責め立て、身を滅ぼしてやってほしいと願う女がいる。

熱い眼差しが一点に集中した時、オーナーは腹の底から熱い血潮がうねり上がってきた。

右手は優しく尻の上に置いているものの、衆人に見える左手は女の太腿を、手首を鍵状に曲げ、尻を抱き寄せ、腰を突き出すようにして、ストロークのピッチを上げていく。

「あん、あん、あん・・・」

和子の漏らす声が、音響設備の整った部屋に、異様に響き渡った。

オーナーが腰を使うたびに愛液の付着した皺袋が揺れ、女のどこかに当たってパンパンと音を立てていた。

「おおぅぅ、和子!」

「ああ、○○さん・・・イキソウ・・・」

和子の声の中に、あの爺様の面影を見出し、嫉妬のあまり、一層性感が高まった。

既に和子しして、観衆の面前で堪えがたいほどの寸止めの中、クンニを強いられたとき、先走りは始まっていた。

性奴隷に向かって注がれる、嘲笑の笑みを、必死の思いで堪え、長い時間をかけて開くところまで漕ぎ着けていた。

いつもならここで、観衆の中の誰かがオーナーに代わって舞台によじ登り、和子を最後の瞬間に導く。

オーナーに許されるのは、舞台の端で和子の最期を見守って、観衆の中にいた人地の男の排出した体液の後処理をさせられるだけだった。

〈出してやる!復讐だ。和子の中に、なにがなんでも出してやる・・・〉

両手で腰を掴んで、反動をつけた一撃を叩き込んだ。

「あっ、ぁあぁぁぁ、ちょうだい・・・ いっぱいちょうだい」

「むおおぅ、まっとれ!」

根元まで挿し込んだまま切っ先を使って掻き回し、軽く引き抜いた後、ぐいっと奥まで届かせると、濁流がしぶいた。

頭頂部にツーンと戦慄が走った。

してやったりという射精感の中で、ダメ押しとばかりに突き入れると、とろけた膣肉が痙攣しながら分身を締め付ける。

〈これだ、爺様から奪いたかった和子の真の姿・・・〉

息絶えるように崩れ落ちる和子を抱きしめながら、オーナーは長かった苦難のときを思った。




順調に収益を伸ばしていた会社を、右肩下がりに貶めたオーナー。

その、不運が始まったのは、ある人物と知り合ってからだった。

順風満帆、飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びていた収益に気を良くして、誰彼かまわず誘いに乗って連日クラブに通い詰めた。

まさに酒とバラの日々だった。

そこで紹介された女と関係を持ったことが凋落の始まりだった。

生まれも育ちも恵まれなかったオーナーは、何かにつけて人の余りもので満足するしかなかった。

生まれて初めての女との経験もそうなら、妻も上司が散々遊んで捨てた女を御下がりとして出世を条件に押し頂いた。

今ではその上司とは上下関係が逆になっているとはいえ、妻は事あるごとにその男と夫を比べ屈辱し、役立たないのを良いことにに裏切りを愉しんでいる。

結婚後にできた我が子でさえ、元を正せば自分の胤ではないことぐらい、とうに承知していた。

負け犬だったオーナーは、自制心を取り柄と思い、元上司を見返してやりたくて、休むことなく立ち働いた。

気は常に出世ごとに集中していた。

事実、妻に 時としてせがまれても愚息はほとんど役に立たなかった。

そんな折、倶楽部を通じて紹介された女から媚薬を盛られた。

どんなに体調不良のときでも、医者にも行かず、置き薬にも手を出さず、我慢して働き続けた身体に媚薬は、殊の外よく効いた。

60を前にして、生まれて初めて女を泣かすまでに屹立を使えるようになっていった。

最初は妻への復讐のつもりだったが、女の逝く様子が面白くてたまらなくなって、何度も女に媚薬を頼み込んだ。

それが、紹介してくれた男の罠だと知ったときには、もう会社は左前だった。

だが、そうとわかっていても、オーナーは薬を手放せなくなっていた。

ひとつには女房への復讐。

もうひとつは生まれを見下したものへの、一人前の男としての見栄だった。

〈本来持つ力を発揮すれば、女ごとき、簡単に屈服させられる・・・〉

なんとしても、そう思わせたかった。



自制心だけが取り柄のオーナーは、自分を罠にはめた人物の割り出しに、女は別として残りの青春をささげた。

そして掴んだのが、どうやら爺様の村から母親ともども出奔して行方不明になっていた悟の存在だった。

悟もまた、貧しく悲しい運命の中に育った。

母が産み落とした己は、実の父の子ではなく、爺様の胤であることを、ある日忍んで会いに来た爺様と母、ふたりの会話から知る。

憧れの想いで娶った妻は、同じ村の庄屋の息子と、かつて深い関係にあり、嫁いだ今でも心を寄せていることを知って狂った。

〈思い知らせてやる。あいつらに復讐してやるんだ・・・〉

父を裏切った母はもちろん許せない存在だった。

それ以上に、妻の美也子も、そして元凶である爺様も許せなかった。

妻の美也子が、時として橘に心を寄せるあまり、意地悪をして気を惹こうとしていることに腹を立て、

通りがかりに母に近寄り、挨拶かたがた母の陰部に手を差し入れ、シズクを掬って舐める爺様。

それを身を揉んで堪え、コトが終わると笑顔で見送る母。

〈お袋ともども・・・〉と考えたのも無理はない。

村を離れるにあたって、悟は廃村に出向き、噂の薬草を手当たり次第に採取した。

効き目は密かに己の身で、廃村に迷い込んだ女を使って確かめた。

その効き目を、今度は母を使って確かめようとした。

悟とともに病院に行くと言って姿を消したその母は、廃村で悟の盛った薬により狂乱し没した。

〈お袋ひとりだけ試したんじゃ効き目の真偽は問えない・・・〉

そこでもうひとり、人身御供となったのが妻の美也子だった。

隠れ潜んで自宅に辿り着き、こっそりと美也子が普段使う野良仕事に持ち出す水筒に薬物を混入させ、飲ませて様子を伺った。

事のついでに、心を寄せていた橘の元へ、美也子の卑猥極まる持ち物を届けることを忘れなかった。

もちろん、届けた陰唇の汚れが黄ばんで付着したパンティーには、薬物を、それとわからないよう塗り込んでおくことも忘れなかった。

媚薬を嗅ぎ、情念に胸を肌蹴て乳房を揉みしだく妻 美也子と、焦がれる人妻美也子の淫臭に屹立を握りしめ夜這いに駆けつける橘は、

「あああっ、待って。お願い、辛抱して・・・」

「もう待てない!いったいいつまで待たせるんだ!」

物陰から見守る悟の前でついに、薬の力も手伝ってお互いの火照った陰部をさらけ出し、交わった。

薬の効き目は上々だった。

悟はかつて、あれほど乱れた妻を診たことはなかった。

貧相と思えた乳房は、これ以上ないほど豊かに盛り上がり、乳首は闇夜でもそれとわかるほど尖って天を突いていた。

橘が唇で乳首を捉えに来るのが待ちきれなくて、美也子は自ら乳首を差し出すほどだった。

手を伸ばせば届くほどの距離で、妻の美也子は橘の屹立を、その充血した双臀に迎え入れた。

出会う前から十分に潤み過ぎていたんだろう、不貞に身をゆだねるという抵抗感はあったものの美也子は、身を揉んだ橘の屹立を一気に根元まで迎え入れ、尻を振った。

濡れ光る妻の太腿を伝うシズクに、悟もつられて己を摘まみ出し扱いていた。

〈これなら、あの男に盛っても効くはず・・・〉妻の痴態を観て、悟はほくそ笑んだ。


テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 復讐 媚薬 屹立 双臀 妻の痴態 裏切

父親の面影を追い求め 佳子の悩み

脅迫メール久美がとかく男たちにちやほやされるのに比べ、佳子はひとりの男とだけ付き合うことが多かった。

佳子自身は、久美のように複数の男にちやほやされたいと、常に思っていて、何かにつけて秘訣の伝授を乞う。

男恋しさという、彼女の中に潜む業火が燃え上がると、最悪の状況下でも待ったなしに質問が飛び、怒りが口をついて出る。

それを、友達だから何とかなだめようと、久美も必死に付き合う。

ご主人の留守中にお邪魔して話し込んだり、喫茶店に呼び出して忠告したりと、久美は懸命に佳子をかばうのだが、佳子は佳子で頑なに自分流 前置きなしの、まるで襲われたかのようなセックスを求めた。

それも危険日に限って、まるで自慢話をしたいかのように男と避妊なしで絡む。

忠告すればするほど、その度合いはひどくなった。

出会い系で知り合って、最初のころこそ物珍しさも手伝って、男は懸命に抱こうとするから、ただ待ち受ければよかったが、連日のように女から呼び出され、抱かされると、逆に男のほうが引く。

それに逆上し、ワンギリとメールを山のように送り付け、強引に呼び出す。

久美が佳子の行動の中であきれてものが言えないと息まくのが、

ひとつは、避妊具なしで行為を行って結果が悪く出そうになったからと騒ぎ建て、

久美が付き添って、とりあえず検査薬を買い、懸命に調べる。

次が、大騒ぎしている間に男の気持ちが変わるんじゃないかと、

気を引くための下着の購入と化粧品選び。

そして、一番肝心なメールの文章つくり。

これらを、どちらが先ともいえない状態で、泣きわめきながら、喧々囂々・・・


呆れたことがもうひとつある。

デートコースの下見だ。

佳子はトラックドライバーを職業に選ぶだけあって、とにかく方向感覚だけは鋭い。

逆に久美は、相当な方向音痴だ。

そのふたりが佳子の運転する車に乗って、夜中に次の日のデートコースを下見する。

どんなふうに誘い掛け、どのタイミングでホテルに入る・・・

相談を受けた久美は、話の内容から、ある程度は想像を膨らませていた。

ところが、目的地に着いてみると、ホテルなんか、見る限り近くになかった。

よくよく話を聞くと、自然公園のような雑木林の中に潜み、屋外で絡み合ったのちにホテルに移動して、更に絡むと言った。

なるほどと思った。

確かにそれなら・・・ 襲われた ・・・風に思えてしまう。

笑い話しに思える向きもあろうが、先に述べたように佳子は殊に男との付き合いが下手で、必ずと言っていいほど女の方から男を誘い出す。

行先のホテルはもちろんのこと、ホテル代も佳子が全額支払う。

給料日近くともなれば、こっそりサラ金を利用する。

借金が嵩むたびに久美が出向き、これもまた生活費の使い道の伝授を、いちいち仕分けして封筒に入れ、手渡し、借金返済のめどをつけた。

佳子が探し出す男の質は最低で、久美も何度か手助けをして探してやったことがある。

けれども、性癖が性癖だけに、男はすぐに逃げ出した。

男に振られ、妊娠の恐怖と戦う頃になると、決まって佳子は鯨飲馬食をした。

元々肉系とビールが大好きな彼女はたちまち太った。

嫌われたくなくて、次には何も食べないで水分ばかり摂取して、強引な運動、そして吐いた。

激太りと激やせを繰り返し、気が変になって、結局久美のお世話になる。

ちゃんと食事管理をして、きれいに化粧し着飾れば、それなりにかわいらしく見えるのにと、久美はいつも愚痴を言った。

「それにね、佳子ちゃん。男が呼び出しても来なかったら、会社なり自宅なりに呼びに行ったらいいじゃない」

久美の提案に、

「だってぇ~・・・ どこに住んでて、どうやって暮らしてるか、知らないもん」

「呆れた!あんた、自分の乗っていった営業車は、相手にしっかり見られてて、それで相手は思い通りにいかないと、佳子ちゃんの自宅の周りをうろつかれたって、旦那に見つかって殴られたって言ってたじゃない」

ストーカーされてるのに、なに遠慮してるの?

久美は強く主張するが、相手を傷つけはすまいか、嫌われはすまいかと気を使って、最後はどうしても男の言いなりに身体を開いてしまうんだと、佳子は言った。

貢ぐ代わりに襲ってもらう

久美には到底理解できない、友達であり人妻である佳子の、男への想いだった。

テーマ : 父親の面影を追い求め
ジャンル : アダルト

tag : 貢ぐ代わりに襲ってもらう

父親の面影を追い求め 甚振られることを、殊の外好む女

母への凌辱まだ佳子が幼かったころに両親は離婚した。

佳子の父もまた、彼女の夫同様に酒好きで、酒が入ると気が大きくなり暴力をふるい、その勢いで母をよく凌辱していた。

逃げ惑う母を部屋の隅に追い詰め、強引に事に及んだ。

力任せにのしかかった父の、暴力を受けながら、やがて母は身悶えしはじめ父の射精を受け取る。

暴力の恐怖と、大人の男女の欲情がないまぜになったような行為が、家族の前、 といっても子供の佳子たちだが、 で繰り広げられた。

飲むだけ飲んで、己の妻に八つ当たりすると、決まって大鼾をかいて寝た。

父が寝るのを待って、母は家を抜け出し、どこかに消える日々が続いた後、とうとう母が帰らなくなり、幾日か過ぎた日、突然代理人という男が現れ、父に離婚手続きの書類を突き付けた。

代理人の男は父に向かって、母は出るところに出たので、書類に印鑑を捺すよう語気を強め言った。

散々母の悪態をついた後、父は書類に捺印し、離婚となった。

男はその日のうちに佳子たちを母のいる家に案内してくれた。

強く離婚を進めた男が母のために用意してくれた部屋だった。

何のことはない、母は家を出て行ったその日のうちに、この男が予てから用意していた部屋に逃げ込んで、一層深い関係を持ってしまっていた。

そう、佳子の母が父から暴力を受けていたのは、元はと言えば母が不貞を繰り返し、家庭を顧みないことに業を煮やし、また、寝取った男との行為に嫉妬してのことだったのだ。

母とは不思議な女で、父との時もそうだったように、とにかく力でねじ伏せられながら行為に及ぶのを好んだ。

部屋を借りてくれた当人は、当然所帯持ちのW不倫同士。

言い訳をして家を出て、母のもとに通ってくる日は、母はその男の相手をし、来ないとわかっている日は別の男を誘い入れて、とにかく酒と博打と情事にふけった。

佳子の、母が魅せてくれた父という名の男の想い出とは、代わる代わる来ては母を凌辱していく男たちのことである。

呆れたことに母は、一人の男を引き込んで情事を重ねながら、その実違う男を情事が終わるまで近くで待たすこともやった。

そんなときの母は、男に組み伏せられ、割り込まれながらも顔や上半身は逃れる方向に向いて、助けを求める風をした。

なんとか母をその気にさせようと躍起になって腰を打ち付ける男。

母の下半身だけは、なぜかそんな男の持ち物をしっかりと下腹部で受け止め扱こうとしている。

嫌らしそうに波打つ腹部と、男の強い足腰に、挑み 絡みつくように彷徨う母の足腰。

腹部がうねり、男の持ち物の出し入れに合わせ、微妙に形を変えていて、中で亀頭冠や肉胴を嬲っているのが傍目にも分かった。

時折男の持ち物が母の肝心な部分をひっかくように刺激するのだろう。

母は、その刺激を受けた時だけのけぞるように反り返る。

嫌らしいことをと、なじるような表情の顔が男のほうを向く。

どうだと言わんばかりに男の探りが入る。

背中を弓なりに逸らし、苦し気な顔になり、吐息が漏れると、豊かな乳房が揺らぎ、乳首がピンと勃起するのが観ていて分かった。

そんな母の逝く様子を見つけた男は、慎重にそのあたりを探し回る風に腰を使って母に「良かったのか」と聞く。

悲しい男の性だと、幼心にも観ていて分かった。

これには応えようともしない母。

だが、見つかってしまえばとことんそこを責められ、やがて母が逃れられなくなり、昇り詰めるのがわかった。

何度も男の行為を見据え、「卑怯!」とでも言いたげな顔をし、押しのけと迎え入れを繰り返したかと思う間に、逝く。

恥も外聞もなく、我が子が盗み見ている眼前で絶叫し身悶えた。



男が来るという日は、母の機嫌がよく、滅多にくれない小遣いも、気前よくくれた。

「これを上げるから、しばらく外で遊んできなさい」

家から追い出す口実は、いつもこうだった。

子供たちが出て行ったのを確認すると、男は決まって母にのしかかる。

「なんだ、もう濡れてやがる」

前戯もくそもない。

欲情しきった肉を切っ先が割りいるだけだった。



兄は母のこうしたことを嫌って、母が遊んでいるところまで、男との行為が終わって、迎えに来るのを待って帰っていったが、妹の佳子はいつもこっそり帰って母の様子を盗み見た。

男を迎え入れると、必ずこうなってしまうことを知っていて母は、子供たちを遠ざけていた。

佳子は佳子で、母が子供たちを置いて逃げ出しはしまいかと、見張るつもりだった。

そうやって、幼いながらも佳子は、女とは男にこのようにされることで幸せな気分になれるものだと思い込むようになった。

そして、佳子もまた、ふたり目の子供が生まれて間もなく、あのガソリンスタンドの同僚と身体の関係を、半ば甚振られるような行為の元、不貞を始め、それがあの日観た母の姦通で得た欲情を思い起こし、今やっていることが快感に変わり、男への条件、性癖になっていった。

テーマ : 父親の面影を追い求め
ジャンル : アダルト

tag : 凌辱 甚振られ 性癖

父親の面影を追い求め ルート営業中、出会い系で釣った男を甚振り楽しむ人妻の佳子

ルート営業田辺と、社内でも噂が立つほど激しい不倫を繰り返した佳子は、ついにこれまでとは全く逆方向の営業に回された。

男ばかりの職場にあって、唯一の女性ドライバー佳子は、どちらかと言えばこれまで、男性群に守られながら働いていた。

今回行われた人事異動は、その守られた領域から一歩も二歩も抜け出たルート上にある。

配送センターから、気が滅入るほど遠くまで走って、やっと担当域に入る僻地の、また、鳥も通わぬ僻地。

問題を起こした時期が良かったからこそ、あてがわれたルートと言えた。

佳子は、ほんの数日間は、ルートと店舗責任者の、一種の癖を覚えるのに必死で、比較的おとなしく回った。

ところが慣れてくると、またぞろ妙な癖が出た。

運転中のメールや電話だ。

先の田辺と、会社を巻き込んだ騒ぎに発展してしまったから止めたものの、それまでは同僚と不貞寸前の付き合いをしていた。

当然メールや電話の相手も彼らだったが、今は雇い主が怖くて、誰も手を出さなくなった。

佳子は、久美に教わった出会い系に手を染めるようになっていった。

最初の頃こそ、しきたりや中身を知らなかったので、真面目に電話を受け、写メも送った。

声を聴いた途端、電話を切られたり、写メを送った途端返信が途絶えたりしたが、そこは久美に教わり、次第に対応もうまくなった。

それでも腹の底からせり上がるような性衝動には抗いきれず、適当な会話を楽しむことができた男に向かってOKを出し、ルート上にあるラブホに、営業車を適当な駐車場に放置して、迎えに来た男の車で飛び込んだ。

佳子はとかく生を好んだ。

何かあったらと、相手は警戒するが、

「ゴム使ったら肌の触れ合いが楽しめないじゃない」

心配しなくても、今日は大丈夫な日だからと、逆に男を諭した。

勤務時間を使って出会い系の男と情事。

当然時間制限がある。

抱かれる前はもちろん、抱かれた後もティッシュで簡単に拭くだけで部屋を飛び出した。

男には、とかく急がせた。

迎えに来てくれた車に乗るなり、さっさと自分から下着を脱ぎ、チラチラと見せた

ホテルに入るまでにフル勃起させるた。

そのつもりで来た男にとって、願ったり叶ったりだった。

男にとって、更に都合の良かったのは、

「しつこく付き合ってとか、言わない。ワリキリでいいよ」

結果次第で、付き合ってくれることってないわけ?

「結局したいから誘ったの?」

淋しかったから、抱かれたくなっただけ。

こう応えると、急いで営業車を発進させ、またルート配達に戻っていった。

最初の頃こそ、同じ人物と再度出会うことを避けた。

身バレだけはしたくなかった。

そうはいっても、所詮営業車の駆けつけて出会ったばかりの男とラブホにしけこむ所作は、どんなに隠していても探し出すのは簡単。

関係を持った、それらの人物はことごとく彼女の住まいを突き止め、やがて家の周りをうろつくようになっていった。

佳子は、結局彼らの要求を何度目かに一回は呑んで、自宅近くのどこかで関係を持った。

本当はラブホを使いたかったが、相手も高飛車に出るし、自身も安月給でお金が出せない。

深夜の屋外か、カーセックスで処理するしかなかった。

そんな状況にあっても、男たちは入れ代わり立ち代わり現れては身体を求めた。

どこで情交が始まろうとも、女を抱きたくて肝心な部分を震わせながら誘いに来ている男たち。

かたや、とにかく男と肉欲にふけりたくて、じっとしていられない佳子。

狂喜に満ちた目で覗かれていても、逆に結合部を見せつけるがごとく激しく交わるのが常。

よせばいいものを、これに懲りずに相変わらずルート営業に出ると男とメール交換や電話を繰り返し、間が開くと出会い系を使った。



夫の糖尿は悪化の一途をたどっている。

それもそのはずで、食事は常に肉系の揚げ物と決まっており、アルコールも自身もそうだが、あればあるだけ飲ませた。

職業は土木作業員。

仕事に影響が出始め、当然夜の性活など、もう何年もない。

佳子はだから、子供が観ている前で、外で待つ出会い系の男と深夜の密会に、もつれるようにしな垂れかかりながら出かけて行った。

テーマ : 父親の面影を追い求め
ジャンル : アダルト

tag : ワリキリ したいから誘った 自分から下着を脱ぎ、チラチラと見せた

知佳の美貌録「無賃乗車」 たった2人のための路線バス

知佳の美貌録「無賃乗車

紅葉毎朝、懸命に自転車をこいでバス停に向かう久美

自転車で向かった先の、公園前に止まる高原行きの路線バスには久美以外に乗り降りするものは、滅多にいない。

何時のまにか運転手は、久美のために降車口のドアを開けてくれるようになった。

乗車口ではない。

整理券を持たないでバスに乗ると、降りるときに料金を払う必要がない。

市内から、ふたつ先の町の駅に向かうのも、

駅で待合時間を過ごし、

更にそこから高原に向かうのも、

乗客は常に唯一 久美だけだった。

晩秋が近づいてくると、道の両脇の木々は色とりどりに色づき、まるで紅葉のトンネルをくぐる風になる。

急勾配の曲がりくねった道を、ばい煙を撒き散らしながら廃車寸前のバスが喘ぎながら登ってゆく。

見た目には、気の毒としか思えないこのバスの運行も、心得ている運転手にとって格好のデートコース。

だから、久美の指定席は、最前列にある運転手の脇と決まっていた。

離婚歴のある彼は、いつのまにか久美のファンになっていて、

あれやこれやと、賑やかに談笑しているうちに終点のホテルの、ほんの数歩脇にある駐車場に着く塩梅。

この運転手は、

運航開けが休みの日ともなれば、久美を高原まで送り届けた後で本社車庫まで乗ってきたバスを届けに帰ると、わざわざ単車に乗り換え、

再び高原に引き返し、

久美の休憩時間を待って、その時間を利用し、高原の横断道をドライブに連れて行ってくれた。

単車は彼自慢の、ハーレーダビッドソン

別誂えの車庫に大切に保管しているという単車は、特にピカピカに磨かれていた。

久美は他の単車にも乗せてもらったことがあったが、

カーブを曲がるとき、後輪が路面の砂に乗り上げるのか、微妙に滑る感じが怖くて、

誘われても大半は断っていた。

ハーレーだけは、どんな時でもどっしりとしていて、まるで滑る感じがしない。

颯爽と風を切って走るハーレーが、すっかり気に入って、

運転する彼の背にしがみつき、

幾度となくドライブに連れて行ってもらったという。

バスの運転手から見れば、ハーレーも無賃乗車も、

久美を誘うための手段。

久美からすれば、安い給料の中で払うバス代が浮くことと、

見る人が羨むハーレーを乗り回せる爽快感。

限りなく不貞に近い行動だが、これも、つかの間の楽しみとなっていった。



テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

tag : ハーレーダビッドソン 無賃乗車 ドライブ 久美を誘う

爺様から仕込まれた露出癖 意図しない妊娠や体調不良の時に襲われる恐怖

自宅に帰り着いた恵子は、夫を利用したとはいえ、生まれて初めて男性と深い関係を持った忠学生のことを、己に置き換えて考えていた。

恵子は、結婚するまで夫以外の男と、もしかしたら孕むかもしれないというほどの身体の関係を持ったことはなかった。

省学生から忠学生の女性といえば、一気に性が芽生え始め、それでなくとも異性を、知らず知らずのうちに求める年ごろなれば、やっぱりしたし、友達との自慢比べで負けたくないから、秘かにやった。

それでも、指マンとかクンニまでは許したものの、ゴムなしで入れさせたことはない。

熱し切ったペニスから注がれる精液を受け止めてみたいという欲求に、もやもやして、どうしようもない日もあったが、男にだらしない母を見てきたせいか、自堕落な生活は身を亡ぼすと自らに言い聞かせ耐えてきた。

その、タガが外れたのは、夫が同窓だった美也子と萱の原を含め、場所を変え幾度となく情交を持ったと知った時だった。

〈男だけ許されるなんて・・・〉

仕返しのつもりで、敏行に誘われるまま、相手を嬲ってやるつもりで挿し込ませ、挙句欲情に走った。

運がよかったのは、夫と床を共にしたり、敏行に幾度となく生で挿され奥深く射出されても、妊娠の兆候は一向に表れなかったことだった。

「産まず女だから良かったの?それってやばいんじゃない?」

和子に言われ、初めて恐ろしいという自覚が芽生えた。

忠学生が夫や爺さん・おっちゃんに、あくなき欲望を爆発させた気持ちは痛いほどわかった。

ひとつは生殖機能が活発になり、身体の芯から沸き起こる何かに抗えなかったこと。

そしてもうひとつは、色や型が違う肉体に興味を抱き、それらが交わればどうなるのか試したくてたまらなかったこと。

恵子も、そのことについて芽生え始めていたと思える年代に、目の前で母が魅せてくれた男に組み伏せられ、身悶えして苦しみながら射出を受けていることの卑猥さ、自分の力では抑えきれない男への憧れと欲情を、心ならずも自慰にふけりながら覚えた。

いや、覚えさせられた。

男も、おそらく女の娘が観ていることに気づいたればこそ、なおのこと母親を苛ました。

我が娘に視姦されていて、それでも自分の力で男の挿し込みを止めることができない女の悲しい性。

下手すれば、身籠るかもしれないと、わかっているから挿し込まれたその、怒張し、膣を掻き回し、許可を得たくて子宮をノックするペニスを、必死で振り払おうと母はした。

だが、それはすればするほど男に快楽を与える結果になった。

性が芽生え始めている娘に向かって、大人の女の何たるかを魅せ付け、成長を促すことほど、この時の男にとって欲情につながるものは恐らくなかったと思われた。

だから、我が娘の前で卑猥に振る舞う母親に、或いは怒気を含んで挿し貫いたかもしれない。

「よく観とくんだぞ。そのうちお前もこうなる」

母にだけ聞こえるようにささやく男に、逆に母は、娘に男を奪われまいと、悲しいかな本気になって誘い込み、射精を促し続けた。

そうなってしまって、既に自身の肉球が亀頭冠を深く引き込もうと舐っているのに、先のことがあって、それはそれで抗い続ける母は、

「・・・ダメ、そこは・・・あああっ、もっと強く!あんあん、あああ」

湧きおこる欲情と身籠る恐怖、逝かせてくれた男を失いたくなくて、いつしか我を忘れて肉にすがっていた。

「和子さんにアフターピルのことは聞いた。けど・・・」

そんな薬品が簡単に手に入るわけがないし、母子家庭で育ち、どちらかと言えば全体的に育ちが悪かったあたしと違い、萱の原で魅せてくれた、あの成長著しいようなピンクの秘部をもつ娘はきっと、

「あの時射出に加わった男の誰かと、疼きに抗えず、きっと再び関係を持ち、その時こそ恐らく孕む・・・」

今はまだ、妊娠の恐怖を知らないから、男の欲情の赴くままに興味本位で迎え入れ、次第に開発されていく性器がもたらす快楽を楽しんでいるが、きっと近いうちに泣くことになる。

「和子さんにピルコンのこと、もっと詳しく聞かなくちゃ」

あの娘が可哀そう、せっかくセックスの快感に芽生えたなら、爺さんやおっちゃん、夫のためにも必要な時、必要なだけ生で挿し込んでもらって楽しんでほしい、

「きっと和子さんなら、アフターピルっていうやり方、教えてくれる」

受胎しても、早い段階なら自分で流せる薬があるって聞いたから、

「親にも、もちろん学校や友達にも知られることなく・・・」

妊娠の恐怖さえなくなれば、本来女は男以上にセックスしたがるし、男が離れて行っても怖がる必要もなくなる、

「そうすれば、雪囲いの日に覗き見し、こそこそ逃げ隠れしてた男も誘って挿し込んでもらうこともできるんだ」

村では、体調が悪くてうなされているときにでも、普段優しくて、なんでも気を利かせ手伝ってくれていた男が、拒む妻に向かって強引に挿し込み射出するという話をよく聞く、その悔しさ辛さに人妻は隠れて泣いたとも。

男の性は、性欲の対象と見た女に、己が溜まっていれば時と場合を選ばずのしかかり、射出したがる。

この時拒むことは、逆に男の欲情を助長してしまう。

何故ならば、それこそが男に組み敷かれ、逝く寸前、男を中途退出させないために一層深く誘い込み、射出させたくて晒す女の痴態に酷似しているからだった。

「だれもが絡み合うところを魅せ合い、状況をもっと学べば、こんな間違いは起こらないんじゃない?」

和子がオーナーと絡み合うところを魅せられ、逝かされた後、こう聞いたことがあった。

「そうね。よく観てたら、女が欲しがってる時と、体調悪くて拒んでるときって明らかに違うし、体調悪い時に挿し込んでも逝くわけないもんね」

相談してくれたら、ちゃんと説明も紹介もできるのに、と和子は言った。

それなら、妊娠の恐怖から解き放たれた、その男が好みそうなタイプの女が誘えばいいことだった。

それもこれも、その妻に変わって挿し込ませてくれる、発情しきった女が、共に暮らす、或いは付き合っている男に断って容易に名乗り出ることができないからだった。

誰もが考えること、発情期に男の精液を生で受けると孕む危険度はうんと高くなる。

貸し出せば、孕まされる。

危険が伴うから燃えるともいわれ、だからこそ中だししたがるし、人妻を好むこともわかる。

「魅せられてたら、熱くなっちゃったもんね」

意図しない妊娠や体調不良の時に襲われる恐怖から解放され、もっともっと燃えてみたいと恵子は思うようになっていた。

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 自慢比べ 妊娠 身籠る

爺様に仕込まれた露出癖 夫に魅せてしまった爺さんやおっちゃんとの3P

恵子は和子がまだ爺様と深い関係にあり、村で暮らしていた時分に、何度か出会って話したことがある。

恵子にとって、都会の女たちの生活を知る手段は、当時は唯一和子しかなかった。

それだけ、これらに関しては閉鎖的だった。

和子はこの村しか知らない恵子に、都会で体験し、見聞きしたいろんなことを話してくれた。

それまでの恵子は、

どこそこで、誰彼が秘かにつるんでいると聞けば、何はさておき覗き見に出かけたくなるほど、男と女に尽きない興味があり、誰でもいいから挿しつ挿されつしている情交を観たくてたまらなかった。

そんなあたしは、人として特別厭らし女だと卑下したことは何度もあった。

人のうわさというものは、一夜にして千里を走るともいう、とかく噂好きの村の衆、浮いた噂はよくあった。

「すごい!強烈・・・」観たい! 行かないように耐え忍べば耐え忍ぶほど欲情が増し、それこそ何も手につかないほど惑乱してしまって、トイレに駆け込み、指を使うこともたびたびあった。

結婚に至って、いや、結婚にまでに至らなくても同棲したり、将来結婚したいと考える男性がいたりしても、都会ではみんな多少なりとも別の人と付き合っている。

大人が付き合うということは、必然的に肉体関係がそこには存在していて、むしろ本命より欲情を満たす意味では、回数もやり方も濃かったよと教えてくれた。

しかもそれを、時として友人たちに教え、あからさまに相談し、場合によっては相手を交換したりもすると聞かされた。

交換などという気持ちになると、何となく情報を事前に入手しておいて、絡み合う様子を覗き見し、観たことで嫉妬にかられ関係が本末転倒になって修復したり、逆に相手を完全に交換したりもするとか・・。

それもこれも、もっと強い刺激を求めたくて、何食わぬ顔をしながら、平日昼間から気を張って、ただ歩いているだけに見せかけ、実は新たなセックスの相手を探しているとも聞かされた。

それであっても夫婦双方が不倫していると知ってて離婚しないのは、ひとつは世間体、もうひとつ、女性は暮らしていく上で必要なお金の工面があるから、あえて離婚しないとも。

或いはバレたら泣きついて詫び、或いは夫の嫉妬心を呼び覚まし、数か月・数年ぶりかで身体を貪り合うことも珍しくないという。

和子によれば都会では、もはや家族は、その時々で相手が入れ替わる、恵子にしてみれば都合の良い集団といえた。

それでも、そのような胸のあたりがキュンキュンする「交換」という行為が盗み見の中で実現出来たら、毎日、あの逝くを何度でも味わえると思った。

和子の言う、交換には男女平等の原則があるように思えた。

だが、この時の橘夫妻は、だれが見たとしても優劣があった。

男性群から観ても、嫉妬にかられる新鉢を割るための行為、

許可を得、懸命に未通に挿し込む夫が勝ち組なら、その夫を未通ごときに盗まれ、行為を魅せ付けられることによって、不覚にも嫉妬にかられ、おっちゃんの充血したものでこね回してもらい、それで耐えているが恵子が負け組とみて間違いように思えた。

和子の言う、彼・夫以外の男、ボーイフレンドを持つ理由は、夫に対し、他人棒で貫かれ悶え苦しんでいるさまを覗き見されたなら、女としてなお燃える、そこには禁じられた愛、不貞という行為があるからだという、一方的に女が勝ちと決めつけた意見では、恵子も憧れの思いもあり一致した。

グループ旅行し、一緒に入浴したりして、愛し合う様子を魅せ合うなどは、この典型だと教えてくれた。

女が萌えてくれ、ワレメを差し出すから、男も溜まりにたまった膿を吐き出すために挿し込める。

「主人が忠学生の女の、未通のアソコを割るのを魅せ付けるってことが、和子が教えてくれたグループ旅行?」

今回は恵子が疑問を呈す通り、確かに立場が逆で、恵子の方こそ秘かに覗き見ている。

憧れのはずだったのに、なぜか疼いて溢れかえるアソコ。

どうにかしてほしい感覚に、つい、おっちゃんの生を、「たっぷり出してくれる」条件付きで受け入れてしまって腰を襞を無意識に使っていた。

それでも負けは負け。

夫が我慢に辛抱を重ね、やっと根元まで挿し込んでゆっくり腰を使い始めたころには、おっちゃんこそ目の前の新鉢に先に、妻を目の前で寝取るはずだった橘に挿し込まれ、今まさに射出体制にあることに我慢できず、射精感が募り、恵子の中に勢いよく発射してしまっていた。

恵子も悪かった。

嫉妬に狂って、膣を押し開く肉胴・亀頭冠を襞やワレメの入り口で嬲っていたからだ。

意識が夫の勃起が挿し込まれた場所、受け取る忠坊の恥骨や腹部に集中し、おっちゃんが苦し紛れに引き抜くタイミングを忘れ、肉を切り裂く切っ先の味に酔っていたからだった。

息が上がって横臥したおっちゃんを休ませることなく騎乗し、萎えたペニスをワレメで擦りあげ、勢いを呼び覚ましてそのまま強引に挿入させ、乳房をおっちゃんの胸に押し付けた時、お尻に妙な感覚を覚えた。

誰かが後ろからのしかかってきたような気がした。

次の瞬間、まるで嘔吐するような感覚が全身を襲った。

無防備になったアナルに爺さんの年季の入った黒々としたモノが突き刺さっていた。

初アナル、膣に挿入されたおっちゃんの亀頭と爺さんの亀頭が襞を通して擦れ合う。

Gを裏から突かれ、同時に子宮頚部をノックされ、意識が宙を飛んでいた。

ふた組の情交が始まってしばらくは、橘家の主を迎え入れようとしていた忠学生が優位に立っていた。

それが気が付いた時に相手は、一匹のメスに複数のオスがのしかかる乱交に転じて、明らかに負け、見学させられる立場になってしまっていた。

〈本当に形ばかりの夫婦って、いたんだ。恵子さんには、あんなに胤つけたがる男どもが・・・それに比べ・・〉

期待したほどの毒々しさがないことに、少々がっかりしたが、まさか目の前で寝取ってやろうとした当人の妻が乱交を繰り広げてくれるとは思わなかった。

〈そうか・・・あれが友達が言っていた父と母の厭らしいまぐわいってヤツか・・・〉

キリで突かれるような痛みを伴った、友達の話とはずいぶん違う初体験だったはずが、いつのまにか橘の肉胴にたっぷり液をまぶしつけるほど感じ、濡れそぼってしまっていた。

「おまんこって、こんなに厭らしくて気持ちいいものだったんだ。だから家族の目を盗んで・・・」

昼間は散々けんかしていたくせに、夜になるとみんなが寝静まった夜更けに母親が変な声出して父親を迎え入れるんだ。

「いろんな男の人が入ってきてくれたら、恵子さんみたいに燃えることできるかも」

萱の原にふたりの女が奏でる喘ぎが響き、男どもがリズミカルに音源に向かって腰を打ち付けている。

最初に女の腰に強く打ち込み、動きが止まったのは未通の方だった。

自身が相手をしている女もだが、後ろで侵略されている女房が気になって仕方がなかった。

「待ってろ、耐えるんだ。今すぐ仕込んでやる」

橘は射出後、すぐに引き抜き、濡れて光るペニスを恵子に向けた。

恵子への他人棒の仕込みは、それでもなお、橘の棹を無視して延々と続いていた。

終わりを告げたのは、太腿の間から血液をにじませながら忠学生がまじまじと覗きに来た時だった。

アナルを責めていた爺さんが、いきなり引き抜いて忠学生を押し倒し、太腿を割った。

爺さんの欲望は厠の垂れ落ちるシルを舐め、いつか貫いて・・・と寝取りを念じた時より、新鉢の方がうんと強かった。

己の亀頭冠を使って、今注がれたばかりの体液を、すべて掻き出して、新たな液を注ぎ込んでやりたい、

「胤がつくまでに、まだ少し時間はあるはずじゃ」

これを見て、慌てたおっちゃんも、恵子から引き抜くと光り輝くペニスを忠学生の唇にあてがい、未発達の乳房に吸い付いた。

「おなごは最も強い胤を宿そうとするそうなぞ」

許可もくそもなかった。

目の前で展開された卑猥さに、欲情しきっている間に、ありったけの精液を未通に注ごうと懸命に押し広げていた。

逆に橘は、放心して横臥する恵子のワレメを開き、中を覗き込んでうなったまま動かない。

「儂が忠坊にうつつを抜かして居る間に孕まされてしもうた・・・」

夫の気配に気づいた恵子、

「あらっ、あなただって未通を割って、熱い想いをしっかり届けたんでしょう?ちゃんと認知してあげてね」

お前はどうなんだ?

「あの、長距離野郎が認知してくれるっていうんか?」

「だって~、家を出てから半年以上経過してたっけ?それとも生まれた子のDNA調べるとでも?」

弁護士や裁判所が関わったら、それこそ・・・、

「儂はそんなことは一言もいっとらんぞ。生まれたら認知するに決まっとる」

そうでなくちゃ、手が後ろに回る。

「由緒ある家柄に・・・でしょ?」

橘は、そこから先は黙秘した。

忠坊は爺さんとおっちゃんの射出を交代しながら幾度も受けていた。

爺さんもおっちゃんも、溜まっていたことは確かだったが、忠坊はそれ以上だったとみえ、飽くことなく抱かれ、男どもをすっからかんに抜いて開放してやり、ようやく納得しエッチを終えワレメをしまった。

「恵子さんて、あんなにエッチ好きだったんだ・・・」

「人のこと、言えないでしょ?」

「ふふっ、でも凄かった!また魅せてくれる?」

甘えた声で聴く忠坊に、

「儂しゃ、ええけどなぁ~」

爺さんの一言に、一同大笑いして解散になった。

恵子は橘のうしろに従って家路に向かい、

トレーラーはとみれば、方向変換する場所も考えずに、ただ恵子とハメたくて、農道を遮二無二突っ走ったのもだから、延々爺さんの迷惑な誘導でバックし、何度も田んぼに脱輪しながら、這う這うの体で帰っていった。

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 3P 初アナル

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
相方が知佳のこと適当に書いてますが、書かれても仕方ないほどパチ好き。
仕事忘れてはまってお金なくなると確かにキャバとか...(笑)知佳の周りの男の人が知佳にo(><;)(;><)oイライラそわそわするの見るのがなんか好き、キュンキュンする幸せ(´v`)★∴∵

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1343位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
52位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)

黒い翼

dominatrix

Worldshavedvideo reverse cowgirl position

メス豚の飼い方

寝取られDVDブログ

孤独なM

女性or性女

新世界のフケ専です

紆余曲折

芸能人のヌードタウン

kamio collection

赤星直也のエロ小説

女装&ニューハーフ美空間

Anthony's CAFE 

荒縄工房 淫美

夫婦で楽しむ3P・他人棒

神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ

綺果のSM感じるままに。

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

緊縛の館

ショコラの他人棒

A new Queen of the Night

うちのM妻晒します

白昼夢

出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

モモンガのハメ撮り中出し日記

Tataのアダルト学習帳

女の子願望

ゆうなは雌堕ちた

えろぶろランド

オイル漬けマッサージ体験記

素人すけべボイス淫語まんさい

ちょっとHなウチの妻

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -

女装子ふじこのアルバムと日記

うちのカラダは…さんのもの。

M男伝説~女王様と私~

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード

HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ

~夫婦の寝室blog~

プロの視点@ハセッチブログ

変態PARTY

変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~

籠り姫の絶対領域

兎の猫

快楽共有の輪

婦人ひとみの日常

グローバルアジアん

エッチなブログ ♡

なんだかかんだか

淫縛と調教の世界

最愛の妻 AIRI

混浴とセックス

癒縄 命羅のロープヒーリング

次郎のお気に入り

女装子みのり

女装子・浅木睦美のブログ

女装マゾコレクション

緊張感を求めて・・・≪巨乳熟妻『妖』の羞恥露出≫

夢世界

~変態奴隷への調教課題~

kaede's Room Annex

Kaede's Room

快感小説

神の城

K and J  ある夫婦の性愛日記

痴女装まどかの妄想の檻

愛のいとなみ

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

緊縛・淫靡な部屋

僕と妻と他人達

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

足フェチ画像・動画 アシリーダー

貞操管理

ふ~族シンドローム

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

絆☆遊誠会

まいみん☆みん

F-Isire

女装奴隷 レイの部屋

淫乱女装M乱子の調教日記

女装秘密の部屋

淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

マゾ女装子みあの変態願望

淫らな艶女

セルフヌード ブログ『i-未来』

mioのパンスト脚・足・お尻

ぽちゃだけどHな事が好き

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

雄犬・雌犬集会所

なおの日記

HI白兔虎磊瞾奣

みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~

愛ラブYOU

知佳

淫乱な雌豚熟女

Naoの着エロフェチ写真動画ブログ

東北nawaがすき~SM  

パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ

寝取られ体験談

女装肉便器くみこ

街の女性これくしょん★

妻のお尻とNTR

~見られたい人妻~ 

『HTのNUDE』

ヌルテカマッサージで性欲全開!!

部屋

アブノーマルなLOVEライフ

独り言 ~Nasty Fair lady~

パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog

街角パンスト美脚

パンスト・脚フェチCLUBOO♪

ひよっこ舐め犬のココロ

ピエのフォトエッチ

~変態調教~プレイメール

パンスト美脚のお姉さん達

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

愛のSMごっこ

らんとゆうのカフェテラスpart2

たく&純子の大人の遊び

個撮素人

貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )

Renaissance World Ⅱ

Renaissance World

Lena's sex life

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

妻「りん」とのエッチな日記

続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)

男を操る

咲楽(さくら)のエッチな部屋

ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン

秘密のお部屋(女装大好き♪)

さやの部屋

Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)

性教育実習相談室

熟女装・千穂のアナル遊戯

真のマゾ奴隷として変って行く私・・・

セックスレスだけど愛してる

Sexy Mu

レイナのエッチな裏Blog

上海麗奈

内緒の大人遊び

四国は香川のアートな緊縛・縛り

性欲処理写真館

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2

混浴と外遊び

アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-

嫁の体験リポート

40代男の性活日記

musicTAIKOMANの日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

愛のかたち

鳶屋の艶本

五十越え 越山

魅惑のクンニ

ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

つかちゃんの電脳雑記帳

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜

世界の変態女装、ニューハーフたち

30代夫婦の性活日記

変態生活、yonesuke

よしかとかえで

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記

M女になりたかった女装露出マゾ

ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン

ゆりぽ - Yuri's Report -

彼女達との性ライフ
Google+1
https://blog-imgs-105.fc2.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)
黒い翼
dominatrix
Worldshavedvideo reverse cowgirl position
メス豚の飼い方
寝取られDVDブログ
孤独なM
女性or性女
新世界のフケ専です
紆余曲折
芸能人のヌードタウン
kamio collection
赤星直也のエロ小説
女装&ニューハーフ美空間
Anthony's CAFE 
荒縄工房 淫美
夫婦で楽しむ3P・他人棒
神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ
綺果のSM感じるままに。
人妻アヤメ~夫婦の日常性活
緊縛の館
ショコラの他人棒
A new Queen of the Night
うちのM妻晒します
白昼夢
出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~
ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ
モモンガのハメ撮り中出し日記
Tataのアダルト学習帳
女の子願望
ゆうなは雌堕ちた
えろぶろランド
オイル漬けマッサージ体験記
素人すけべボイス淫語まんさい
ちょっとHなウチの妻
愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~
舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -
女装子ふじこのアルバムと日記
うちのカラダは…さんのもの。
M男伝説~女王様と私~
妻ノーマルからだんだんエロ開発日記
29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード
HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ
~夫婦の寝室blog~
プロの視点@ハセッチブログ
変態PARTY
変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~
籠り姫の絶対領域
兎の猫
快楽共有の輪
婦人ひとみの日常
グローバルアジアん
エッチなブログ ♡
なんだかかんだか
淫縛と調教の世界
最愛の妻 AIRI
混浴とセックス
癒縄 命羅のロープヒーリング
次郎のお気に入り
女装子みのり
女装子・浅木睦美のブログ
女装マゾコレクション
緊張感を求めて・・・≪巨乳熟妻『妖』の羞恥露出≫
夢世界
~変態奴隷への調教課題~
kaede's Room Annex
Kaede's Room
快感小説
神の城
K and J  ある夫婦の性愛日記
痴女装まどかの妄想の檻
愛のいとなみ
赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜
緊縛・淫靡な部屋
僕と妻と他人達
真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー
足フェチ画像・動画 アシリーダー
貞操管理
ふ~族シンドローム
女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ
やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~
ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・
ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]
絆☆遊誠会
まいみん☆みん
F-Isire
女装奴隷 レイの部屋
淫乱女装M乱子の調教日記
女装秘密の部屋
淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記
金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装
マゾ女装子みあの変態願望
淫らな艶女
セルフヌード ブログ『i-未来』
mioのパンスト脚・足・お尻
ぽちゃだけどHな事が好き
美優の独り言(性欲処理道具の生き様)
雄犬・雌犬集会所
なおの日記
HI白兔虎磊瞾奣
みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~
愛ラブYOU
知佳
淫乱な雌豚熟女
Naoの着エロフェチ写真動画ブログ
東北nawaがすき~SM  
パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ
寝取られ体験談
女装肉便器くみこ
街の女性これくしょん★
妻のお尻とNTR
~見られたい人妻~ 
『HTのNUDE』
ヌルテカマッサージで性欲全開!!
部屋
アブノーマルなLOVEライフ
独り言 ~Nasty Fair lady~
パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog
街角パンスト美脚
パンスト・脚フェチCLUBOO♪
ひよっこ舐め犬のココロ
ピエのフォトエッチ
~変態調教~プレイメール
パンスト美脚のお姉さん達
Lets Enjoy Bondage
PurpleCouple's Secret Place
愛のSMごっこ
らんとゆうのカフェテラスpart2
たく&純子の大人の遊び
個撮素人
貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )
Renaissance World Ⅱ
Renaissance World
Lena's sex life
レンのソフトより(!?)なSM調教簿
妻「りん」とのエッチな日記
続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)
男を操る
咲楽(さくら)のエッチな部屋
ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン
秘密のお部屋(女装大好き♪)
さやの部屋
Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)
性教育実習相談室
熟女装・千穂のアナル遊戯
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
セックスレスだけど愛してる
Sexy Mu
レイナのエッチな裏Blog
上海麗奈
内緒の大人遊び
四国は香川のアートな緊縛・縛り
性欲処理写真館
【SM 調教 動画】の恍惚
SM事師たち-無料SM動画学入門-
緊★縛エロチカ★
SM Sleeper
【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2
混浴と外遊び
アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-
嫁の体験リポート
40代男の性活日記
musicTAIKOMANの日記
海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ
愛のかたち
鳶屋の艶本
五十越え 越山
魅惑のクンニ
ちょっぴりHな夫婦の日々綴り
つかちゃんの電脳雑記帳
荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~
夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜
世界の変態女装、ニューハーフたち
30代夫婦の性活日記
変態生活、yonesuke
よしかとかえで
☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
M女になりたかった女装露出マゾ
ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン
ゆりぽ - Yuri's Report -
彼女達との性ライフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
訪問(IN)ランキング 集計期間:7日間に設定
無料レンタル
アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ブログ内ランキング
現在好んで読まれる順位です。
ブログパーツ
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話