若者に自宅待機、テレワークなんて無理に決まってる

某テレビ局のアンケートに応えてある主婦が「思考が短絡」と。
ネットで仲間と話すことは出来ても、それだけじゃ淋しくて不満が爆発しそうと言ってました。
家事は勿論のこと、肝心のテレワークをこなす気力が、短時間しか続かないから外に出してほしいと、本気で言ってたのが印象に残りました。

出勤したからって、事務所内の男女を見る程度でしょ?
それとも、道々すれ違う異性に心ときめかせながら通勤?
仕事終わりに異性と連れ立って一杯が楽しみとか? 分かりやすいと言えばわかりやすい女。

「ああ・・・ こんな女が外で不倫しちゃうんだ」
「淋しかったから、仕方なかった」で済ませちゃう。
知佳たちが女同士で話す中に出てくるエッチしてしまったことへの都合のいい言い訳。

要は外に出て魅せ合うだけでも気持ちが晴れる?

東京で感染爆発した日の夕方、都内の若者にコロナ感染の怖さについて聞くと、
閉じ込められるより、あっさり感染した方がよほどいい。
感染しても踊って吹っ飛ばすと、大真面目に応えていたのが印象に残りました。

知事は感染拡大を防ごうと努力した挙句、拡大を手助けしていたんじゃって。

自宅待機を宣言され、それに従っていた時間はせいぜい3日、
外を出歩き、密着してはダメと言われれば、
尚のこと相手が欲しくなるのが現代の若者 -性の適齢期にある人たち- 

感染拡大の事実を冷静に分析すれば、止められていたにもかかわらず外出し、密着し立ったってことでしょ?

踊り イコール 男女が激しく入り乱れ・・・ じゃない?
少なくとも呼吸を感じる程度の距離で楽しんできたから感染したってこと。
過激なセックスを繰り返せば、感染しても発病しないと、本気で考えてるみたい。

17年に起こしてしまった記事が今頃取り上げられてました。
当時17歳の女の子が、有名人とそのグループに誘い出され、ラブホで大騒ぎ。
正に、このようなことが現実に起き始めてるんです。

誘われ、心躍らせ男女が出会う。
人妻にはたまらない魅力かも。 我が子がいても、これが当たり前の光景。

度を超えた欲望に我を失った男女が、見境なしに絡み合う。
記事は17歳ぐらいの女の子ばかり3人呼び出され、集まってたとありましたが・・・
これは当時参加してた女の子の暴露を記事にしたもの。

人妻はしたたかだから、楽しむだけ楽しんでも、暴露なんかしません。
だた、男たちは面白半分・自慢半分で暴露するんだろうけどね。

女を求めて出歩く男に向かって、人妻さんがこれ見よがしにパンチラを晒し誘うのはいいとして、
その様子をネットで流してくれるのはありがたいけど、お願いだからコロナまでばら撒かないでと言いたい。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : ワレメ

こんな時節だからわかる、不倫妻の見分け方

女性は男性に比べ、きめ細やかな心遣いが出来る。
人も羨むほどの美女をあっけないほど簡単にナンパ、付き合い始めても、それこそあっと言う間にフラれてしまうその訳は「気遣い」。

例えば 彼女の誕生日を忘れ、日付が変わるまで待ったが、お祝いメッセージすら贈って寄こさなかったから別れを切り出した。
これなど、当の男性は日付が変わる直前どころか、仕事からの帰りに友人と飲みに行き、気が付いたら知らない場所で寝てたという体たらく。
それもこれも、幾度か躰を重ねるうちに、オンナのほうから頻繁に泊まりに来るようになったから、つい気が緩んでしまっただけのこと。

また、ある人妻と身体の関係を持てそうになった男性は、並みいる男どもに負けまいと必死になって美辞麗句を並べ立て、プレゼント攻勢に出た。
その甲斐あってデートに漕ぎ着け、幾度か躰を重ねることが出来、人妻の心を奪うことが出来た。

「勝った! してやったり!!」と感じた男性は、つい手抜きをした。
人妻から送り付けられてくるメールやLINE,果ては電話に、適当なあしらいを繰り返した。
自分の意のままに男は女の中に挿し込むことが出来るようになった。

その反面、人妻は日を追うごとに小まめに、当初付き合い始めた頃に知った男性が喜びそうな話題を送り付けてきた。

「あれはお前を抱きたくて・・・ 作り話だよ」その言葉を歯を食いしばって、男は呑み込んだ。

だが、そんな気持ちは女の心に届かなかった。

幾人もの男たちを受け入れ、比べてみて、友人たちと比較し、見劣りしない男を選んだつもりでいた。
身も心も、いや、与え続けられ覚え込まされた喜びを忘れられないどころか、それが途切れると泣きわめきたくなるほどに男からの愛を知らしめさせられていた。

鈍感で、滅多な刺激で目を覚まさなかった子宮や膣は、回を重ねることで欲情が脳内から消え去らなくなってしまっていた。疼きが治まらなくなってしまい始めていた。
外出しないで自宅で過ごさねばならない、気の遠くなるような時間。
彼女は懸命に、これまで言い寄ってくれていた男たちに向かって連絡を取った。

人間の男ほどいい加減な生き物はいない。
出禁を喰らった人妻が、狂いまわる恋心をおさえきれず男たちに向かって連絡を取り付ける。
何気ない文に、最初こそ男は疑いの目を向け、他の男の名を出し、追及する。

思考力が失せた人妻は、それでも懸命に、やんわりと窮状を訴える。
オトコとは元々、手ごろなオンナが手に入れば仕込んでやろうと身構えて待つもの。
欲情してると分かると、途端に美辞麗句どころか、あからさまに「欲しくてたまらない」旨告げてくる。 当たり前だが・・・

これに彼女は、本気になって返事を返す。
オトコから連絡を受け取ると、直後に懸命に時節に見合う言葉を探し出し、返事を返す。
この時の人妻は舌を巻くほどの文学者でもある。

男は違う。
用事の合間を縫い、妻や家族の目の届かないところから連絡を取ろうとする。
簡単明瞭、イタシタイ旨を、ムスコがどういった状況にあり、いつイタシタイかを告げる。

複数のメールやLINEに懸命に返事を返す不倫妻のスマホは、その立場の違いからか家族に見られてることも、いつしか気にもとめなくなってキッチンの片隅にうっちゃってあり、連絡が来たよと光と賑やかな音楽で家中に知らせてくれる。

人妻の発情

「欲しくてたまらない!」文を端折って「モーニングに出かけらた、客がほとんどない」など、オトコから来た文をキャッチコピー、家族間の会話として使いつつも、必死に会話を盛り上げる文を作って返信。
忙しくもないのに室内を右往左往し、必要もない用事を、さも忙しそうに行う。

手段はどうあれ、精液をヌキきれば欲情が一時的に治まる男性と違い、
膣奥で男根からの、より強い刺激を受けないことには治まりが付かなくなってしまった女性(人妻)は、
暇すぎて、何か変化をと探りを入れる夫の前で、それと気づかず、いつもに増して出会えないかと連絡を、半ば大っぴらに取り合っていた。

元はと言えば、妻の躰を抱き飽きた夫に比べ、妻は性欲に目覚め、快感の心地よさが忘れられなくなってしまっていた。
寝取られ、離婚を口にしたい夫、
他人棒を使ったことなど頑として認めず、そうはさせまいと妻、

結婚に至るまでに関係した数は、男性のソレは女性のソレと比べようもない。
別れた直後から不自由になる夫に比べ、連絡してくる数でもわかる通り、妻は引く手あまた。

双方とも、異性によって強い刺激を受けないことには快感は得られない。
こんな時妻は、いとも簡単にその手段を手に入れる。

感極まるとトイレに立てこもり、男からの甘い呼びかけに応じ指を使い潤ませ、漏れる喘ぎ声やシルを時に画像で送り返す。
用が済んでトイレから出ると、そ知らぬふりして汚れてしまったウィスパーを丸め 生ごみの中にポイッと捨てる妻。
生理が近いわけでもあるまいに、それを頻繁に繰り返す。

感染騒ぎで外出制限さえなかったら、コイツは毎日オトコに俺専用のマンコを・・・
ハラワタが煮えくり返るのをグッと押し殺し、欲情した妻の痴態とエロ動画を見比べ、今宵も右手を使っていきり立ちを慰める夫だった。

テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : 汚れてしまったウィスパー

女の貪欲さと浅ましさ

売る側の悩みに

デリ嬢は、いかに本番無しで済ませるかがあるらしいですね。
生ホンバンを行わなければ納得してもらえなかった場合でも、なんやかやと言い訳をし、射精に漕ぎ着け終わらせてしまうというのが彼女らのやり方だとか。
性感染・妊娠してしまうリスクが伴うのを防ぎたいから、商売道具を痛めたくないからと 彼女らは言うんですが・・・

今回の話題、
男を買う女とは、ここいらが全然違います。

ホストも、いかに本番無しで済ませるかが、同じように悩みの種とか。
射精の心地よさを などとほざいてるのは生身の女に挿し込みたくて、この仕事についた最初のうちだけ、稼がなくてはならず腐心三嘆するうち種切れで泣くことになるというんです。
最悪、要求に応じられなくなると逃げられ(商売敵に盗られ)てしまうと聞いた。

女を買う男どもは基本、気が小さくて女友達を作れないタイプだからデリ嬢から説得されると射精さえ済ませたような気持ちになれたら折れてしまう。

その点男を買う女は折れないらしいですね。
そこいらがホストの付け入るところだとか。

奥さんと男性派遣デリを共同経営していた旦那が、自らも要求に応じて男妾出張したとニュースに出ていました。
イケメンならまだしも、懲戒免職になった彼は知佳から見て、お話にならないぐらいブ男だった ┐(-_- )┌

こんな男が来てくれて、女は本当にうれしかったのかと、よくよく見れば彼は、体形から言って性欲に充ち満ちた、脂ぎったタイプ。

女性が放心状態になるまででも抱けるタイプのよう。
それも、商売とはいえ女房公認で人妻を抱きに行って、女房は女房として別腹で抱けるほど性欲旺盛のような種馬タイプ。

彼の場合、持ちつ持たれつ、それはそれで良かったんでしょうが・・・

訊くところによると、人妻さんは男を買うためお金を払った以上 最低2回はそれとハッキリわかるほど迸らせてくれないと納得して帰してもらえないとか。

この男が幾度となく指名を受けるわけが、これでわかる。

男も女に飢えてたんでしょうが、女はそれ以上に飢えていた。 我慢できなかったんでしょう。

女性が買われた場合に要する時間は、男性が射精するまでの時間で決まるというのは当たり前になっているんですが、

男性が逆に買われた場合の時間は、女性がいかに満足できたかで決まるらしいですね。
男性に延々射精を我慢させ(怒張したままでいさせ)、イク寸前まで舐め、吸い、抜き挿しして責めてもらい幾度も逝きつつ、それでも負けん気で射精のタイミングや量(この点は驚き!!)まで注文を腹上のオトコに付けるという、男にしてみればシラケよう。
それも、同じお金を払うからには、最低2回中田氏させないことには・・・とか。

性感染の怖さや、夫・彼に内緒の他人の胤で孕むかもしれない罪の意識は、男を買う人妻さんらには無いと聞く。
それよりも、同じ金を出すなら 誰よりも多くのサービスをと要求するという。

独身、或いは単身赴任の男たちのケチ臭さに比べ、女は支払い方が清いというので人気があるらしいから、生ハメ中田氏を望む女性が相手できると聞いて応募してくる男もいると聞くからには、それ相当の需要もあるのだろう。

デリ嬢が簡単に客のことをしゃべるのに比べ、男は口が・・・ そのような男は多いというから買う女は多く、それだけ儲かるからだろう。

女性が集まれば亭主の悪口、その中に出てくるホンネで多いのが「夜の手抜き」

親切丁寧にオンナを扱う種付け馬に、気が遠くなるまで組み敷かれたくて、亭主のいぬまに男を、上述のような要求を突き付けながら買うというから呆れ、

それほどに男根が欲しいにもかかわらず、男性の裸体を誰の目にも触れるような場所に貼り付けるなどということを嫌がるというのは確かに云われてみればヘン (笑)

裏ブログを運営し、訪問した人の統計を観たら女性も少数ながら含まれてます。
Googleアナリティクス統計

左図は 3月7日 土曜日にブログ「知佳」に来た人の統計は 男性69 女性18 とハッキリ統計に出ています。
裏版のスマホ専用ページにはサンプル動画も含まれ、訪問者は徐々に増え始め同様の統計も出ています。
それなのに動画購入者が男性ばかりというのもヘン ┐(●´Д`●)┌

相手を追いかけ過ぎた挙句

死亡の4歳児、腰曲がり歩行困難 両親が無理に開脚か

このような信じられない報道がありました。
20200307_yuuki_masumi.jpg容疑がかかっているのは岩井悠樹 真純夫婦。

男は見た目にも好き放題女を転がす面構え、気に食わないものがあれば直ぐ手が出てしまう手合いで、逮捕直前の報道陣の問いかけにも、何ら悪びれた様子を見せず、臆することなく受け答えしていたのが印象に残りました。

この男なら、欲しいとなれば、例え我が子が泣き叫んでいたとしても女を押し倒し、コトを済まそうとしたでしょう。

これに対し妻である真純はと言えば、我が子の不幸を顧みるより、男の心情を測り知ろうとすることに全力を傾けているようにも見えました。

ほんの少しケバくしたらオトコ好きのするギャルに、いとも簡単に化けられそうな顔立ちの妻真純。
妄想にかられた場合、烈火のごとく男は女を責め立てたと思います。
そういった観点で彼女を見ると、未婚・既婚を問わず、男日照りなどなかったように見受けられます。

それだけに夫や彼女を取り囲む周囲の男たち、肉体関係を望んでくれる者への気配りは大変なものだったと思います。

モテたからこそ飽きられるのも早かった。
強い口調でオンナになれと命じられる、それだけで特別な存在になれたと勘違いしすがってしまう尻軽女。
射出したいだけのオトコであっても夢中にさせているときだけ、彼女は彼らの女王でいられた。

~以下はTwitterに書き込まれた記事~
この方は誤解してる。ほとんどの人は「男性が性的なものを楽しむ権利」を否定してはいないです。批判されているのは「TPOにそぐわない性的表現物」。

男性女性、性別問わず、みんな好きに性的なものを楽しめばいいです。
ただ、性的なものを置く場所は考えようねというだけのお話。

~ここまで~

男性が性的なものを楽しむ権利として、女性の赤裸々な姿を衆目の場所に掲示する権利?
女性が性的なものを楽しく権利として、男性のソレも同様に・・・のような訴え?がそこにありました。

男性を喜ばす。 興味を惹き付けいきり立たせる媒体は探すまでもなく豊富にあります。
でも、女性向けのソレは、ごく限られていて 心は勿論のこと、躰を満たすには物足りません。

夫に求められ、夫不在の時 言い寄る男に、秘かに身を任せながらも、常に異性に対し渇きを覚えていた彼女にとって、たとえそれが食に、愛情に飢え寄ってきたとしても、行為を邪魔・中断に追い込む子供は邪魔な存在だったんだと思います。

とりわけ秘かに家を抜け出し、男と逢瀬を楽しもうとした場合、邪魔な存在であることに違いありません。
それが募っていつしか育児放棄に。

これと同様の事件をよく目にされる男性諸氏へ、
女性の雰囲気や顔立ちなどの特徴が今回の当事者である女性と類似している場合、一押しすれば簡単に転がります。

彼女らは自身の胎内に押し入ろうとして苦悶する男性、アソコを魅せ、触らせただけで怒張してしまうアレを躰で診る、味わうのが、こよなく・・・我が子を殺めたとしても悔いる気持ちがわかないほど好きだからです。

Twitterの記事中違うニュアンスがあります
男性のそれと明らかに違う点はと言えば、
オンナ(発情期の女性)は下手な画像などに興味をほぼ抱かなく、男性なら臆してしまいそうな生もの(緊張した筋肉や怒張した性器など)に触れ、感触を楽しむことこそ最良と考えているよう。
一見度胸の据わっていそうなチンピラに苦も無く踊らされ我が子を殺すのは、そのような切実な理由から来ています。

男性諸氏へ一言:
不倫は女性への思いやり
胤を宿すような危険を冒さない、愛があると相手に伝われば、女性は自ずと躰を開き抜き身を肉襞で押し包んでくれます。

同様の悩みを持つ女性へ一言:
犯罪に手を染める前に、貴女の躰や心を狂うほど待ち望む多くの男性がいることを忘れないでいただきたい、たとえそれが不倫であっても大いに性を楽しんでいただきたいもの。

世の中が混沌とする今こそ、男女相互 肌の温もりを、お金を掛けること 周囲に迷惑をかけることなく楽しんでください。

続きを読む

やる気が失せ、自暴自棄になりつつある日本

下請け企業の離職者が後を絶ちません。
今回の騒ぎで、混乱は益々エスカレートするでしょう。
それに順応するように国民からやる気が失せていきます。

新コロナウィルス騒ぎで気付かされた、あんなことやこんなこと。
〇 日本はお金目的でいつの間にか経済のほとんどが中国一辺倒になっていたこと。
〇 国民の仕事が次々と中国に奪われ、元に戻れそうにない状態になっていたこと。
〇 国会議員はもとより、官公庁は非常時に際して何の役にも立たなかったこと。

戦後、GHQの計らいで急激な発展を遂げた日本は、いつの間にかカネの上に胡坐をかき、次世代に起こりうる危険を顧みなかった。
有りもしない妄想にとりつかれ、ネットの世界に大金を時間をつぎ込み遊び暮らしていた。
その必要経費を、かつて蛮人と謳われた中国を利用して掠め取っていたことに間違いはありません。

それがいつの間にか立場が逆転、蹴落とされ始めていた。
中国は日本がウィルス騒ぎで出入国に厳しい対応を取った見返りに、尖閣に武装船を幾度も差し向け威嚇してきました。
当たり前と言えば、あまりにも当たり前のこと。

その野蛮国は幾度もウィルスをまき散らしています。
ですが、中国中央政権は平然としています。
汚いものは破壊し燃やせばよいからです。

被害を被った日本はどうなるのでしょう?
国民がコロナウィルスに恐怖し相談するも、保健所はみて見ぬふりをし続け、いざ調べてみると検査する技術力を長期にわたる怠慢故維持していなかったのです。
辛うじて維持していたのは、あのトンコレラなどのような事態に備え、毒薬の扱い方だけだったのです。

トランプ大統領が懸命にアメリカ国民に向かって呼びかけた、産業の全てを、働き口をなくした国民のため、外国から引き揚げ国内で復活させるべきであると。
今の日本も、まったく同じことが言えます。

共産国、及び同等の国に技術を流出させ続けても、帰ってくるのは核兵器であり刃です。
してやったりという感情が芽生えたとしても、恩返しなど ほとんどありません。


覚えていますか?こんな時代があったことを
戦争に負けた日本がかつて辿った道のりの中に、貧困ゆえの売春・強盗。
盗んできたものを売る闇市が、生き抜くため必要に迫られ繁盛しました。
そこは業界が仕切っていました。

食い物を得る手段がなければ、彼らはこのような手段に打って出ます。
現在、貧困層やニートを中心にこれらのことが日常茶飯事に起こるようになっています。

それに加え、首都圏では将来を悲観し頻繁に自殺も増えています。

生き物は、十分な食料と水さえあれば病気を怖がる必要はないと言われています。
安心できる世の中になれば犯罪は減ります。

アメリカ・ヨーロッパの信用を得ている今なら間に合います。
彼の国の下請けを黙々とこなしながら地道に、自給自足の道を探るべきではないでしょうか。

鈴木杏樹さんの不倫報道について

女ざかりの2013年にご主人を亡くされ、耐えに耐えてきた今になって、男性が恋しくてたまらなく、誘い言葉についフラフラ・・・ 同じ女性としてそう感じました。

元タカラジェンヌと別れてでも、また、衆目の中ラブホに車で乗り付けてでも杏樹さんの気持ちを差し計りたかったというところに男性としての決意を感じましたので、杏樹さんはよほどのことがない限り、自分から別れようとはしないと思います。

離婚を経てフリーになった女性にパートナー不在はほとんど有り得ません。

どこかで、何らかのアプローチを受け、それが肉体関係に至ってしまうと分かっていながら期待に胸膨らませる。

躰を絡み合わせる気持ち良さは忘れ得ないもの。 熟女なら尚更です。

互いがそれとなく手を伸ばし貪り、決して痛烈に拒まなかった。

喜多村緑郎はそれで自信を得て引き返せない関係になることを迫ったんだと思います。

海辺での濃厚なキスに至った段階で、杏樹さんはホテルに入りたくて堪らなくなったんだと思います。

彼をこのまま自宅に返し、その夜 オトコとして耐えきれなくなった彼が奥様と肉体関係をと考えた時の杏樹さんの彼女へのジェラシーは、相当のものだったと思います。

女性とは元来ふしだらな生き物、喜多村緑郎氏が自分を欲しがっており、耐えきれぬ日々を送っていることは先刻承知でデートを繰り返していたんでしょう。

浜辺でのキスの味、抱擁の感じで彼の熱さを推し量ることが彼女にはできたんだと思います。

言葉責めだって、当然あったでしょうしね。

喜多村緑郎氏は喜多村緑郎氏で、彼女を口説き落とすため、幾日耐えたかを考えれば、この日こそこのまま帰すわけにはいかなかったんだと思います。

4時間もホテル内で過ごしたということは、1度では喜多村緑郎氏はそうでしょうが、杏樹さんも満足してくれなかった証にもなります。

世間では50歳を過ぎてなんて、むごい言葉が飛び交いますが、杏樹さんにとって女としての盛りは衰えるどころか これから・・・。

危険な関係での心地よさを このような状態になるまで教え込まれ、彼女をして往年の欲望を蘇らせたと言っても過言ではないでしょう。

彼女のような人でも不倫に走る。

意を決しながら日々悶々としている女性の中に、それほどに燃え上がるものならと行動に移す人も、いずれでてくると思います。

杏さんのご主人がお相手をした女性の性欲・異性を求める気持ちと、今回の件は そういう意味では別物であることは間違いありません。

鈴木杏樹さんが理想の女性と、日頃狙っていた方には申し訳ありませんが、喜多村緑郎氏の目の付け所が数段上手だったと諦めてください。

女性に、あらぬ期待を寄せる気の毒な男性へ

どこかの、ある番組で女性の性について語っていました。

生理が近づいてくると女性の性欲は急上昇。

この傾向は懐妊でも起こり、臨月まで続くき、その間 結構な割合で不倫をしているそうな。

まことに都合の良い話と思ってしまった諸兄、今回のテーマは 実はここから始まりなんです。


生理や懐妊・出産、

その双方が終わると急激に性欲は萎え・冷え込み、女らしさが消え、ヒステリーがこれに変わって湧き起るというもの。

貪欲だが忍耐には意外と弱い女性。

その昔、自立する手段を持たなかった女性は、ひたすら男性の庇護に その将来を託した。

忍耐強かったのではなく、どんな命令にも耐えるしかなかった。

性欲が沸き起こったように見せかけ誘惑し、閨には常の事。

他の女に寝取られないよう命令に先んじて、事細かに亭主・オトコの面倒を見た。

無理難題に、敢えて金のために耐えた。

それがため、女性は集団を形成し、衣食や子育てなどの助け合いをしてきた。

生活の疲れからヒステリーが起こったとしても、集団の中の誰かがこれをカバーし、事なきを得ていたようだ。

ところが近頃、男女同権が叫ばれ出してから、殊に法の下 女性は庇護され始め、集団を形成する必要が亡くなったことから孤立し始めた。

苦しかったあの時代の孤立とは違う。 この孤立 = ワガママ

集団でいたころは家事育児は先輩から教えてもらって仕方なくやっていたが、孤立するとこのようなことはする必要すらなくなり、当然家事や育児が不得手になり始めた。

覚えたのは厚化粧とブランド志向、男漁りだけ。

こうしてヒステリーだけが残り、手厚い保護を良いことに都合の良い相手とだけ性の処理をするようになった。

既婚者(金持ち)との、その場限りの出会いなどは女性特有の金目当ての良い例。

本来ならば、労働に従事する男性がいなければ衣食住は成り立たないはずだが、法律がその枠を撤廃してしまった。

これからの女性は「金にならない」「将来性がない」男性に身をゆだねることは、ほぼ有り得ない。

逆に、その双方を有していれば倫理に反しようと平気で身をゆだねる。

競合他社がいれば、一層萌えたりもする。

モテない諸兄は当然の如く叱咤罵倒の対象になるだけ。

そう感じてしまった諸兄のうちの誰かが「おさわり」「青田刈り」などの事件を引き起こす。

実に哀れで益々復権から遠ざかるでしょう。

このようになってまで少子高齢化社会への投資、これはもう必要ないと思います。

男性が女性に対し、肉体を通して愛を注ぎ込む、その権利の資金さえ得られない社会で、件の女性に向けて庇護費用を捻出しなければならない道理など、あるはずもないからです。

狡猾な女性に尻の毛まで毟られ、丸裸にされ、放り出される前に、そのような女性とは縁を切るべきだと思います。

※ イケイケ黒ギャルとは縁もゆかりもない話ですので、悪しからず(笑)
   知佳

淫靡な疼き

20200110.jpg
久爾子の顔は瞬く間に汗ばんでいる。

「誰かが乗ってきたら・・・ 止めてあげて・・・」

加奈は息苦しかった。

「誰かが乗ってくる方が面白いんだ。 そうだろう? いつか加奈のアソコに入れて外を歩かせてみたい」

唇をゆるめた篠田に、加奈の動悸が激しくなった。

「朝から加奈とだけいいことをしたんじゃ、久爾子に悪いからな。 だから、加奈がいる間に逝かせてやろうと思ったんだ。 優しい男だろう?」

「んんっ! 強くしないで!」

「今日はしぶといな。 まだ逝かないのか」

「ああっ!」

硬直した久爾子が、その後、激しく打ち震えた。 

法悦を極めたのが分かった。

「よし、許してやるか。 ここで悲鳴を上げられたんじゃ、まずいからな。 このまま切らないで何度も逝かせてやると面白いんだが」

ぐったりとした久爾子は、汗まみれになっている。

1階のドアが開いた。

加奈は唖然としし、エレベーターから降りるのを忘れていた。

篠田に手首を掴まれ、外に出された。

「面白いことは山ほどある。 ひとつずつ教えてやろう」

篠田はぐったりしている久爾子をエレベーター脇のソファで待たせ、加奈をエントランスホールの外まで送った。

タクシーが待っていた。

篠田はこれから部屋に戻って久爾子を抱くに違いない。

そう思うと、嫉妬と羨望と疼きで加奈の躰は熱くなった。

「今夜でも明日でも、また来ていいんだぞ。 たとえ私がいなくても、久爾子が相手をしてくれる」

篠田が意味ありげに笑った。

話したいことは山ほどあった。

だが、多すぎてかえって言葉にならない。

加奈は、ただ篠田に軽く頭を下げてタクシーに乗り込んだ。

半日足らずの間に篠田の虜になってしまっていた。

これから訪れる淫靡な未来の時間を思い、加奈は切ないほど昂っていた。

続きを読む

淫靡な疼き アソコに押し込まれたローターに苦悶する久爾子を見た加奈は

「加奈には教えたいことが山ほどある。 バイブも使ったことがなかったとは、楽しみがいっぱいでいい。 大人の玩具というか、プレイに使うときの道具はいくらでもあるぞ。 こんな話をすると、またムズムズしてくるんだろう?」

頬を緩めた篠田に見つめられ、加奈は目を伏せた。

「加奈を見ていると私も興奮してくる。 恥じらいの顔にそそられる。 もしかして、加奈に誘惑されているかもしれないな」

「お食事の後はゆっくりしてくださらないと、いくら何でも躰に良くないわ」

久爾子が呆れた顔をした。

「ムスコを使わなければいいんだ。 あの手この手で可愛がっているときの方が楽しいからな。 この歳じゃ、さすがに1日何度もというわけにはいかない」

篠田と久爾子のやり取りを聞いているだけで恥ずかしく、加奈はふたりの会話に入る事さえできなかった。


「ゆっくりしていけ」

「いつまでいてもいいのよ」

デザートのフルーツも食べ終わった頃、篠田と久爾子が言った。

「急に留守にしたので、やっぱり気になりますから・・・」

留守宅が気になるのは当然だが、長居するだけ恐ろしいことになるような気がした。

「残念だな。 あまり引き留めて嫌われるのも困るしな。 用意が出来たらタクシーを呼ぼう」

「最寄りの液を教えていただければ、電車で帰りますから」

「朝から風呂に入り湯疲れしてるから、乗り過ごすかもしれないぞ。 タクシーがいい」

加奈はまた汗ばんだ。

帰れると思うとホッとする。

けれど、後ろ髪を引かれる思いもある。

ここに来てからの不思議な時間を思うと、一歩外に出た瞬間、何もかもが消えてしまうのではないか、二度と甘美な時間を取り戻せなくなるのではないかと不安になる。

夫婦生活に荒波が立たないことを望んでいながら、もうひとつの強烈な時間も欲しい。

身勝手と思いながらも、加奈はふたつとも手放したくなかった。

「またきっと来てね。 その前に、ご主人にご挨拶に行くわ。 だから、不自然に思われないように、私と知り合ったことや泊まったことを話しておいて」

久爾子は本当にやってくるつもりなのだろうか。

その後、どうなっていくのだろう。

今は考えてもわかるはずもないとこが脳裏を過ぎった。

タクシーが着くころ、玄関で別れるつもりが、篠田と久爾子に下まで送ると言われ、一緒に出た。

タワービルの最上階だけに、エレベーターがいくつもあるのに、すぐにはやってこない。

「あう!」

不意に久爾子が声を上げ、壁に手を突いた。

「ああ・・・」

久爾子は眉間に皺をよせ、口を開けて荒い息を吐いた。

「大丈夫ですか・・・」

加奈は動揺した。

久爾子の様子がおかしいというのに、篠田は唇をゆるめている。

「やめて・・・」

久爾子は息苦しそうだ。

「1階に着くまでにいってみせるといい」

「あう・・・お願い・・・弱くして」

ふたりは加奈に理解できないことを言っている。

上がってきたエレベーターのドアが開いた。

「わたし、ひとりで大丈夫ですから・・・」

具合の悪い久爾子に下まで来てもらうわけにはいかない。

「心配しなくていい。 3人で乗るんだ」

篠田は久爾子を強引にエレベーターに押し込み、30階と20階、10階、1階を押した。

「1階まで一気に降りてもつまらないからな。 下に行くまで3回止まってドアが開く。 どうしてこんなことをするのか訊きたいんだろう? 久爾子は気をやりそうなだけだ。 部屋を出る前に、アソコにローターを仕込んだんんだ。 これがリモコンだ。 つまり、久爾子のアソコに入ってるローターが振動してるってわけだ」

篠田はポケットから掌に乗るぐらい小さなリモコンを出してみせた。

「こいつで強弱も操作できる。 こうするとっ 」

「い、いやっ! やめてっ! んんっ!」

大きく口を開いた久爾子は荒々しい息を吐きながら、大きく胸を喘がせた。

快感というより苦痛に満ちた久爾子の顔は、ぞっとするほど艶やかだ。

「今のが最大の振動だ。 小さい振動で長時間遊ぶのも面白い。 こんな遊び、もちろんしたことはないだろう?」

30階で止まり、ドアが開いた。

淫靡な疼き 後ろめたさが刺激になって

「おう、いじりまわしただけ、ヒダがねっとりと絡みついてくる。 益々上等の壺になってきた」

最初は女壺の中を確かめるようにゆっくり動いていた篠田が、じきに腰を動かすスピードを速めた。

「んっ! あう! くっ! んん!」

穿たれるたびに乳首が大きく揺れた。

肉のヒダが擦られて気持ちがいい。

静かだった波が大きくうねりはじめ、嵐の中で揉みしだかれているようだ。

「そろそろ逝け」

ひととき動きを止めた篠田が、密着している腰のあわいに指を入れ、肉のマメを玩んだ。

「んんっ!」

直ぐに加奈は絶頂を極めて打ち震えた。

「よし、もっと逝け」

肉のマメから手を放した篠田は、加奈の腰をがっしりと掴んで、グイグイと腰を打ち付けた。

「ああっ!」

次の大きな波に呑み込まれ、加奈はブルブルと太腿を震わせ、倒れそうになった。

バーを握っている手が滑り落ちそうになった。

篠田の動きが止まり、屹立が抜かれ、白濁液が洗い場に放たれた。

ふうっと大きな息を吐いた篠田は、加奈の肩からシャワーを掛けた。

「せっかく湯が張ってあるんだ。 入るぞ」

篠田は加奈を抱きかかえるようにして湯船に入った。



脱衣場には薄桃色のネグリジェだけでなく、純白のシルクのショーツも用意されていた。

久爾子がここに置きに来たのなら、浴室での篠田との行為にも気づいただろう。

加奈は現実に戻って困惑した。

「新品だ。 久爾子からのプレゼントだ」

「やっぱり・・・ わからないわ」

加奈は呟くように言った。

「何が?」

「どうして怒らないの・・・?」

「うん?」

「私とあんなことをしても・・・どうして久爾子さんは怒らないの・・・?」

「まだそんなことを言ってるのか。 久爾子も加奈のことが気に入ってるからだ。 起きてすぐに運動したら腹が減った。 喉も乾いた。 行くぞ! 素っ裸のままテーブルに着くか?」

加奈は慌ててショーツを穿き、ネグリジェを着た。


リビングに入ると、コーヒーの香りがいっそう濃く漂った。

「用意してくれ」

篠田の声に、キッチンから久爾子が顔を出した。

「おはようございます。 トースト、すぐに準備します」

テーブルにはサラダや、出来立てのスクランブルエッグ、グリーンアスパラの炒め物など、盛りだくさんに並んでいる。

「私の分まで・・・ すみません」

「久爾子と私だけで食べるわけにはいかないじゃないか」

篠田が笑った。

「コーヒーの、ミルクと砂糖はどうする?」

「ブラックで・・・」

3人分の朝食を眺めた加奈は、久爾子はどうして篠田と別の女が近くで男女行為をしているのを許せるのだろうと、不思議でならなかった。

コーヒーを飲んでいると、トーストが運ばれてきた。

「お腹すいたでしょう? うんと召し上がってね」

その言葉の裏に隠されたものがわかるだけに、加奈はまともに久爾子と目を合わせることが出来なかった。

「篠田ったら、あなたがいると若返るみたい」

「僕は元々若い。 昨夜もしたのに、また朝からできるんだからな」

すぐにかえした篠田に、加奈はゴクッと喉を鳴らした。

「気にしなくていいのよ」

久爾子が気品のある笑みを浮かべた。

昨日は粋な和服を着ていた久爾子が、今朝は白いノースリーブと、ラベンダー色の羽のように軽やかなロングスカートだ。

髪を肩まで下ろし、和服とはまた違った美しさを漂わせている。

これほど艶めかしい女が篠田の愛人なのだ。

それなのに、なぜ篠田は自分のような女を相手にするのかと、加奈はまた考えた。

ひとときの遊びのつもりだろうか。

けれど、それなら、なぜ久爾子のマンションに連れてきたんだろう。

考えるほどに分からなくなってくる。

「お口に合うかしら?」

「え・・・?  ええ、とても美味しいです」

加奈は我に返った。

「出来るだけ早く、お宅に伺いたいわ。 ご主人にご挨拶しておけば、お留守の時、ここに堂々と泊まれるはずだから」

「それに、旅行にも行けるだろうしな」

篠田が付け足した。
プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
相方が知佳のこと適当に書いてますが、書かれても仕方ないほどパチ好き。
仕事忘れてはまってお金なくなると確かにキャバとか...(笑)知佳の周りの男の人が知佳にo(><;)(;><)oイライラそわそわするの見るのがなんか好き、キュンキュンする幸せ(´v`)★∴∵

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

出合い系でセフレ(実録)

黒い翼

dominatrix

Worldshavedvideo reverse cowgirl position

メス豚の飼い方

寝取られDVDブログ

孤独なM

女性or性女

新世界のフケ専です

紆余曲折

芸能人のヌードタウン

kamio collection

女装子@パンストLove

赤星直也のエロ小説

女装&ニューハーフ美空間

Anthony's CAFE 

AquaZone 女装娘 湯女ゆな 淫乱エロBlog

荒縄工房 淫美

夫婦で楽しむ3P・他人棒

神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ

綺果のSM感じるままに。

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

緊縛の館

ショコラの他人棒

A new Queen of the Night

うちのM妻晒します

白昼夢

出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

モモンガのハメ撮り中出し日記

アダルト学習帳

女の子願望

ゆうなは雌堕ちた

保育士だってするんだょ

オイル漬けマッサージ体験記

素人すけべボイス淫語まんさい

ちょっとHなウチの妻

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -

女装子ふじこのアルバムと日記

富士久美子の女装ライフ

うちのカラダは…さんのもの。

M男伝説~女王様と私~

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ

~夫婦の寝室blog~

プロの視点@ハセッチブログ

変態PARTY

変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~

兎の猫

快楽共有の輪

婦人ひとみの日常

M男ヒロのSMブログ

グローバルアジアん

エッチなブログ ♡

なんだかかんだか

淫縛と調教の世界

最愛の妻 AIRI

混浴とセックス

FXトレード履歴

癒されてこそ人生Ⅱ

癒縄 命羅のロープヒーリング

次郎のお気に入り

女装子みのり

女装子・浅木睦美のブログ

女装マゾコレクション

下着コレクター男[有美]の変態ぶっかけ日記

豊満巨乳熟妻『妖』の着エロ羞恥露出

夢世界

~変態奴隷への調教課題~

kaede's Room Annex

Kaede's Room

快感小説

神の城

K and J  ある夫婦の性愛日記

痴女装まどかの妄想の檻

愛のいとなみ

母子相姦 禁断の母を夢みて

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

セミマゾヒストの密やかな愉しみ

緊縛・淫靡な部屋

僕と妻と他人達

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

足フェチ画像・動画 アシリーダー

貞操管理

ふ~族シンドローム

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

絆☆遊誠会

まいみん☆みん

F-Isire

女装奴隷 レイの部屋

淫乱女装M乱子の調教日記

女装秘密の部屋

淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

アダルト動画開催!

HI白兔虎磊瞾奣一柱擎天大籃鳥無我南無藥師琉璃光如來六葉草幸運草五葉草幸運草八葉草幸運草一柱頂天一柱清天一柱菁天隔壁姐姐妹妹隔壁姊姊妹妹9隻青蛙全露臉肉眼天眼慧眼法眼佛眼

エロ動画見放題

みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~

愛ラブYOU

変態チンポ日記

知佳

淫乱な雌豚熟女

マゾ女装子みあの変態願望

淫らな艶女

セルフヌード ブログ『i-未来』

mioのパンスト脚・足・お尻

ぽちゃだけどHな事が好き

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

雄犬・雌犬集会所

なおの日記

Naoの着エロフェチ写真動画ブログ

東北nawaがすき~SM  

パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ

寝取られ体験談

女装肉便器くみこ

街の女性これくしょん★

妻のお尻とNTR

~見られたい人妻~ 

『HTのNUDE』

ヌルテカマッサージで性欲全開!!

部屋

アブノーマルなLOVEライフ

独り言 ~Nasty Fair lady~

パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog

街角パンスト美脚

パンスト・脚フェチCLUBOO♪

ひよっこ舐め犬のココロ

ピエのフォトエッチ

~変態調教~プレイメール

パンスト美脚のお姉さん達

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

アダルト動画ニューハーフ特集!

愛のSMごっこ

らんとゆうのカフェテラスpart2

たく&純子の大人の遊び

個撮素人

貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )

Renaissance World Ⅱ

Renaissance World

Lena's sex life

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

妻「りん」とのエッチな日記

M嬢奴隷調教

男を操る

咲楽(さくら)のエッチな部屋

ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン

秘密のお部屋(女装大好き♪)

さやの部屋

Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)

性教育実習相談室

熟女装・千穂のアナル遊戯

真のマゾ奴隷として変って行く私・・・

セックスレスだけど愛してる

Sexy Mu

レイナのエッチな裏Blog

HRC湘南 「輪姦」「乱交」「3P」「複数」「NTR」

内緒の大人遊び

四国は香川のアートな緊縛・縛り

性欲処理写真館

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2

混浴と外遊び

アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-

嫁の体験リポート

40代男の性活日記

musicTAIKOMANの日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

愛のかたち

鳶屋の艶本

五十越え 越山

魅惑のクンニ

ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

つかちゃんの電脳雑記帳

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜

世界の変態女装、ニューハーフたち

30代夫婦の性活日記

変態生活、yonesuke

よしかとかえで

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記

M女になりたかった女装露出マゾ

ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン

ゆりぽ - Yuri's Report -

彼女達との性ライフ
Google+1
https://blog-imgs-105.fc2.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
出合い系でセフレ(実録)
黒い翼
dominatrix
Worldshavedvideo reverse cowgirl position
メス豚の飼い方
寝取られDVDブログ
孤独なM
女性or性女
新世界のフケ専です
紆余曲折
芸能人のヌードタウン
kamio collection
女装子@パンストLove
赤星直也のエロ小説
女装&ニューハーフ美空間
Anthony's CAFE 
AquaZone 女装娘 湯女ゆな 淫乱エロBlog
荒縄工房 淫美
夫婦で楽しむ3P・他人棒
神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ
綺果のSM感じるままに。
人妻アヤメ~夫婦の日常性活
緊縛の館
ショコラの他人棒
A new Queen of the Night
うちのM妻晒します
白昼夢
出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~
ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ
モモンガのハメ撮り中出し日記
アダルト学習帳
女の子願望
ゆうなは雌堕ちた
保育士だってするんだょ
オイル漬けマッサージ体験記
素人すけべボイス淫語まんさい
ちょっとHなウチの妻
愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~
舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -
女装子ふじこのアルバムと日記
富士久美子の女装ライフ
うちのカラダは…さんのもの。
M男伝説~女王様と私~
妻ノーマルからだんだんエロ開発日記
HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ
~夫婦の寝室blog~
プロの視点@ハセッチブログ
変態PARTY
変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~
兎の猫
快楽共有の輪
婦人ひとみの日常
M男ヒロのSMブログ
グローバルアジアん
エッチなブログ ♡
なんだかかんだか
淫縛と調教の世界
最愛の妻 AIRI
混浴とセックス
FXトレード履歴
癒されてこそ人生Ⅱ
癒縄 命羅のロープヒーリング
次郎のお気に入り
女装子みのり
女装子・浅木睦美のブログ
女装マゾコレクション
下着コレクター男[有美]の変態ぶっかけ日記
豊満巨乳熟妻『妖』の着エロ羞恥露出
夢世界
~変態奴隷への調教課題~
kaede's Room Annex
Kaede's Room
快感小説
神の城
K and J  ある夫婦の性愛日記
痴女装まどかの妄想の檻
愛のいとなみ
母子相姦 禁断の母を夢みて
赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜
セミマゾヒストの密やかな愉しみ
緊縛・淫靡な部屋
僕と妻と他人達
真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー
足フェチ画像・動画 アシリーダー
貞操管理
ふ~族シンドローム
女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ
やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~
ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・
ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]
絆☆遊誠会
まいみん☆みん
F-Isire
女装奴隷 レイの部屋
淫乱女装M乱子の調教日記
女装秘密の部屋
淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記
金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装
アダルト動画開催!
HI白兔虎磊瞾奣一柱擎天大籃鳥無我南無藥師琉璃光如來六葉草幸運草五葉草幸運草八葉草幸運草一柱頂天一柱清天一柱菁天隔壁姐姐妹妹隔壁姊姊妹妹9隻青蛙全露臉肉眼天眼慧眼法眼佛眼
エロ動画見放題
みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~
愛ラブYOU
変態チンポ日記
知佳
淫乱な雌豚熟女
マゾ女装子みあの変態願望
淫らな艶女
セルフヌード ブログ『i-未来』
mioのパンスト脚・足・お尻
ぽちゃだけどHな事が好き
美優の独り言(性欲処理道具の生き様)
雄犬・雌犬集会所
なおの日記
Naoの着エロフェチ写真動画ブログ
東北nawaがすき~SM  
パンチラ盗撮が止められない 根来店長のブログ
寝取られ体験談
女装肉便器くみこ
街の女性これくしょん★
妻のお尻とNTR
~見られたい人妻~ 
『HTのNUDE』
ヌルテカマッサージで性欲全開!!
部屋
アブノーマルなLOVEライフ
独り言 ~Nasty Fair lady~
パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog
街角パンスト美脚
パンスト・脚フェチCLUBOO♪
ひよっこ舐め犬のココロ
ピエのフォトエッチ
~変態調教~プレイメール
パンスト美脚のお姉さん達
Lets Enjoy Bondage
PurpleCouple's Secret Place
アダルト動画ニューハーフ特集!
愛のSMごっこ
らんとゆうのカフェテラスpart2
たく&純子の大人の遊び
個撮素人
貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )
Renaissance World Ⅱ
Renaissance World
Lena's sex life
レンのソフトより(!?)なSM調教簿
妻「りん」とのエッチな日記
M嬢奴隷調教
男を操る
咲楽(さくら)のエッチな部屋
ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン
秘密のお部屋(女装大好き♪)
さやの部屋
Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)
性教育実習相談室
熟女装・千穂のアナル遊戯
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
セックスレスだけど愛してる
Sexy Mu
レイナのエッチな裏Blog
HRC湘南 「輪姦」「乱交」「3P」「複数」「NTR」
内緒の大人遊び
四国は香川のアートな緊縛・縛り
性欲処理写真館
【SM 調教 動画】の恍惚
SM事師たち-無料SM動画学入門-
緊★縛エロチカ★
SM Sleeper
【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2
混浴と外遊び
アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-
嫁の体験リポート
40代男の性活日記
musicTAIKOMANの日記
海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ
愛のかたち
鳶屋の艶本
五十越え 越山
魅惑のクンニ
ちょっぴりHな夫婦の日々綴り
つかちゃんの電脳雑記帳
荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~
夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜
世界の変態女装、ニューハーフたち
30代夫婦の性活日記
変態生活、yonesuke
よしかとかえで
☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
M女になりたかった女装露出マゾ
ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン
ゆりぽ - Yuri's Report -
彼女達との性ライフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話