FC2ブログ

爺様に仕込まれた露出癖  女はオーナーに弄ばれてから竜彦の元へ来ていた

姦通に喜悦する既婚女性を撮影その時だった。

腋に投げ出していた女のスマホが鳴った。

竜彦の知らない人物の名前がそこにあった。

そると、あれほど逝かせたはずの女が、

「ごめん、取ってくれない?」と

竜彦は慌てて挿し込んでいたものを引き抜こうとすると、女はギューッと締め付け抜かせまいとしてきた。

絡み合ったままの恰好で、竜彦は精一杯手を伸ばし、スマホを女に、

「・・・はい○○です。ごめんなさい、手が離せなくて・・はい、そうですか。わかりました」

とても逝っていたと思えないほど、ハキハキと受け答えしている。

〈これが電話をかけながらってやつか・・・〉

竜彦は女の期待に応えるように、肉襞の奥のペニスを蠢かした。

「何をしてたかって・・・彼とセックスしてる途中なの。ごめんなさいね・・・ああ・・そこ」

女は続きをせがむべく、腰をくねらせた。

竜彦は電話の向こうの相手に挑むような気持ちで腰を振りたてた。

渾身の力を込めて、子宮の奥をズーンッと突いてやった。

その態勢のまま、腰をグリグリと押し付けると、恥骨に向かって微妙な盛り上がりが一層せり上がり、タッチしてくるのがわかった。

「うっ、ああっ・・・気持ちよくなってきちゃった・・・あっ、あンンン、うっ・・・」

女は完全に出来上がっているのに、この場に至っても電話を切ろうとしない。

どうやら、ふたり同時に相手をしながら楽しんでいるようだった。

〈ちくしょう!襲ったのは俺の方なんだぞ・・・男を馬鹿にしやがって〉

腹立ちまぎれに竜彦はペニスを引き抜こうとした。

が、次の瞬間、女の襞がさらに強く竜彦のモノを締め付けてきた。

吸いこもうとするかのように、微妙に蠢き始めた。

「アッ、ああっ・・・切るわ、もうダメ・・・」

かすれ声でここまで言うと、電話を切ったそのままの姿勢で、大きくのけぞった。

女の襞のザワザワとした蠢きは一層強烈になり、竜彦はもう限界を感じ始めていた。

電話を切った瞬間から、女はオルガスムスに達し始めていた。

スマホを持ったまま、座席の上で大きくのけぞり、硬直したように動かない。

女の肌は朱に染まり、全身に汗が噴き出していている。

〈なんて女たちだ・・・〉

まだヒクついている女のソコから、既に委縮し始めているペニスを引き抜きながら、竜彦はつぶやいた。

「まるで、和子たち 女のやっていることは今朝のニュースと同じじゃないか」





既婚の女性警官、教祖級の人物に不妊相談。

教祖級の人物の教えに従ってペニスを受け入れ、子宮に胤を送り込まれるが、教祖側はその様子を撮影しネットに流していた。

相談に当たっては、既婚警官の同僚の女性が件の人物に、それと知っていて斡旋。

伝統的な信仰療法を用いる件の人物は、他にも複数の女性に対し、同様の姦通を行っていた。

驚くのは、同僚の女性警官が絡み合う様子を、自己の欲望の赴くままに撮影し、ネットに流したこと。

欲望はエスカレートし、所内の男性も交え、既婚の女性警官に胤を注がせ、これを撮影し、愉しんでいた。

そのやり方は、教祖級の人物との姦通を動画撮影、それをネタに脅し”複数の男性”と性行為を強要というもの。

既婚警官は、姦通の絡みの刺激の強さに”普通ではなかった”と、心ならずも逝ってしまい、熱烈に挿し込もうとする他人棒の虜になってしまっていたことを認めている。






女を車に残し、竜彦は車の外に出た。

物陰で蠢くものがいた。

いつの間に覗きに来ていたのか、一組のカップルが怯えたような顔をして物陰から飛び出し逃げて行った。

「あのアマ、覗き見されていることを知ったうえで楽しんでいやがったのか・・・」

電話の主が例のオーナーということは、竜彦が微妙な部分を刺激したから簡単に逝ったわけではないことはわかった。

女はここで竜彦に抱かれる前に、オーナーから散々微妙な膨らみを甚振られ、我慢できなくなったところで竜彦に抱かれに来た。

抜き差しならないところまで追い込んだのが教祖、つまりオーナーなら、種馬は同僚の男性警官、つまり竜彦ということになる。

和子の元へ駆けつけ、確かめるまでもなかった。

女はここに駆けつけるまでに、既に男ならだれでもいい状態にまで追い込まれ、来ていた。

だからこそ、覗き見されていることが、姦通の罪という刺激と相まって燃えたと思われた。

「まさか・・・・今覗き見していた奴ら、俺たちを動画に撮っていたんじゃあるまいな」

有り得ないことではない。

これまでの人生で、何があったかは知らないが、あの和子なら、金と欲望のため姦通を写す、これぐらいのことは朝飯前でやるだろう。

ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : ふたり同時に相手 姦通

爺様に仕込まれた露出癖 和子の姦通を脳裏に

姦通インドは姦通を非犯罪化した。

婚外で肉体関係を結ぶことに対するもの。

これから言えば和子はそれに当てはまらないかもしれない。

それでも竜彦からすれば、女と見れば見境なく肉体関係を結ぼうとする男の舌偽に、和子が酔いしれているという事実こそ、姦通

その仕返しのつもりで、出会ったばかりの女を組み敷いていた。

口に含んだソレが、固く膨らんできているのがはっきりわかる。

同時に、花唇全体が潤み始め、繁みに潜ませた香水の香りと、女特有の匂いが入り混じり、オスの本能を煽った。

竜彦の下半身んが、嗅ぎつけた匂いに盛り上がる。

幸いにして女のソコは露わになっている。

だが、竜彦は未だ下半身に衣服を纏わせたままだった。

組み敷く女が、あの日男の元を逃げ出していたとなると、残るは和子のみ、

「ひょっとすると・・・」

そう考えただけでズボンの中が窮屈になった。

竜彦は、一旦花唇から顔を上げると、ズボンのファスナーを下ろそうとした。

「まだダメよ」

甘酸っぱいが、凛とした声が響いた。

たかが拾った女、ここまでくれば勢いで挿し込めると思った。

それが、この一言で竜彦の気持ちは変わった。

〈あのオーナーが舌戯の達人だと?ふざけるな、それならどうして拾って養ってやった俺に舐めさせず、金持ちというだけでオーナーに舐めさせるんだ・・・〉

さっきこの女が口走った、和子とオーナーの熱い関係のなんたるかをにおわせるような発言に、猛然と凌辱意欲が増した。

引き留めれれば、尚更引き下がれない。

ズボンをトランクスごと脱ぐと、まるでプロレスの股裂きの技でもかけるがごとく、女の両脚を持ち上げ、太腿を割った。

「あん、待って・・・」

媚びる女を無視して、いきり勃つものを花唇に押し付け、その先端で先ほどまで嬲っていた微妙な膨らみにグリグリと押し付け弄った。

「ううっ・・・うっ、うン・・・あああ・・・」

女は眉間にしわを寄せながら、喘ぎ声を洩らしている。

竜彦は持ち上げていた女の両脚を肩で担ぐようにすると、ペニスをそのままゆっくりと下方にずらし、襞のワレメに一気に押し込んでいた。

「ああっ、あうううっ・・・」

竜彦の先端が子宮を突き上げると同時に、女は猫が絞殺されるような声を上げ、大きくのけぞった。

出だしは小生意気な口をきいた。 が、 たったこれだけのことで逝った。

逝かされたことで女の襞が竜彦のモノを離すまいとするかのように、キューッと締め上げてきている。

それも肉胴全体を締めるのではなく、入り口付近と中心部の2ヶ所が交互に締まる感じで、更に先端が入っている奥の方は、まるで別の生き物がいてヒクヒクと蠢くような感覚を伝えてきている。

前戯と言っても、たかだか微妙な膨らみの脇を数分程度舐めてやっただけなのに、女の身体は十分すぎるほど昂まっていたようだ。

〈ちきしょう!!何故だ・・・〉

この女も、オーナーの手にかかったらしいと踏んで、和子のことが脳裏に過り、嫉妬に狂って挑んだだけだった。

組み敷く女の、

「まだよ・・・」という、

言葉を無視して前戯にほとんど時間をかけずに突っ込んだ。

その程度で簡単に逝ってしまう。

〈和子は俺のスケだ!〉

心の中で叫んでみた。

「あああン・・・もっと奥・・・突いて・・・」

ふいに、腰をくねらせながら、女がねだった。

腰がくねった瞬間、襞の締め付けが緩くなり、かわりにまるで温泉でも湧きだしたかのように、襞全体に愛液が溢れ出してきて、ペニスをやさしく包み込んだ。

〈うううっ、これは・・たまらん〉

頭の中が痺れてきそうになった。

「なぇ~・・・早くゥ~・・・ああっ、・・・あああン」

切ない声を洩らしながら、女は腰をせり上げる。

竜彦は、肩で担いでいた女の脚を一旦降ろし、屈曲位にした。

腰を使うのなら、この方がやりやすいし、女の襞の動きも、先ほどのように敏感に感じないですむ。

竜彦は目の前にある女の形の良い乳房を揉みあげながら、リズムを取って腰を突き動かし始めた。

女の身体が、小刻みに震え始めている。

さっきと違って、女はゆっくりと昇りつめようとしているようだ。

竜彦は、揉みあげた乳房の上にツンと突き出している乳首を吸い、舌先で嬲りながら、次第に腰の動きを激しくしていった。

とたん、ギューッと、女の襞が、前にもましてペニスを締め上げた。

同時に、亀頭冠の周囲の襞のひとつひとつが絡みつくようにザワザワと蠢き始めた。

「むっ、くうううっ・・・」

竜彦は思わず声を洩らした。

奥歯を懸命にかみしめ、やっとのおもいで射精を押しとどめた。

女は、のけぞった身体をブルブル震わせている。

おそらく、今回は一段と深く逝ったようだった。


ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml



テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 姦通

コンテンツの追加掲載

以下のコンテンツを追加しました。

1、アダルトアンテナメーカー
  長文小説系サイト・リンク集 右サイドバーに設置
  ※ 掲載サイト様募集中

2、投稿画像掲示板 Joyful Note
  お手元の画像投稿、その他書き込みが可能です。 右サイドバーに設置
  ※ 無修正画像の投稿禁止

3、無料画像集 Japanese free pics
  スポンサーから配布された画像集です。
  お好きな画像集をお選びになり、
  各々の画像をクリックしていただきますと、拡大表示する仕組みになっています。
  スポンサーの意図を汲まれ、ご入会いただくと助かります。

  この画像集は、配布の都度、順次追加掲載します。 ページ最下段に掲載




ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

爺様に仕込まれた露出癖 和子の住むマンションの秘密

舌戯は抜群和子の住まいは市内から少し外れた場所にある眺望がすばらしいマンションで4LDK。

川で初めて出合って竜彦と暮らし始めたのが市内中心部にあるマンションだが、和子の住まいと比べると古びて、その広さも2DK。

「本当は、竜彦さんと住むつもりで探してたのよ。一流に見られるためには住まいも一流でなくちゃね」

どこからこれだけの住まいを持てる費用を捻出したか知らない。

和子が云い出し、別れて数ヶ月、竜彦はもう和子の足元にも及ばないが、相変わらず仕事の世話になるため、そのマンションの見える場所まで通っている。

竜彦の姿をマンションから認めると、和子は用意しておいた情報を、非通知の電話で知らせてくれた。

情報に基づいて探索し、証拠を見つけ、強請るのが最も主だった収入になっていた。

それ以外の、いわゆる隠れサラ金の取り立てみたいなものが時折舞い込み、それが喰いっぱぐれた時のツナギになった。

そんな関係をズルズル引きずっていることに、竜彦は焦りを感じていた。

どう間違っても、和子のやっていることは高級娼婦。

若い間ならいざ知らず、年齢とともに収入は激減するのがその世界だ。

「一見の強請を続けていたら、俺も近いうちに・・・」

仕事が仕事なら、遊びも派手な竜彦は、どんな無理難題を吹っ掛け強請っても、そのお金はあっという間に消えた。

「おいっ、頼むぜ、和子さんよ。お前さんの情報が入らなかったら、おまんまの食い上げ、干からびてしまう」

粘るだけ粘って、陽が暮れ、竜彦は仕方なく引き返そうと、車で和子のマンション前を市の中心部方向に向かった。

小雨が降り始めていた。

その、小雨の中にすらりとしてモデル風の女がマンションから飛び出してきた。

後を追って出てきたのが、過去に一度和子との関係をネタに強請った、ある会社のオーナーだった。

どうやら、あれだけ派手に強請ってやったのに、相変わらず女癖が悪く、今度も歳から言えば自分の子供みたいな女を追っていた。

仕事柄、助手席にはいつでも撮影できるようにカメラを乗せ、シャッターをいつでも切れる状態にしている。

「和子はやっぱり福の神だぜ」

竜彦は夢中でシャッターを切っていた。


しばらく、ふたりに気づかれないよう追跡を続けた。

ふたりが別れたと言おうか、離れ離れになったのは、あるビルの前だった。

そこには小さいながら芸能事務所がある。

モデル風の女は、どうやらそこの所属らしく、諦めて会社のオーナーは引き返していく。

その、引き返した先が、和子の住むマンションだった。

「・・・ということは、和子はあの助兵衛爺と・・・」

数日後竜彦は、今度は車を駐車場に入れ、芸能事務所からあの女が出てくるのを待った。

「すみません、ちょっとお尋ねしたいんですが・・」

言葉尻は丁寧だが、目は相手を睨みつけ、

「こちらの方を、ご存知ですか?」

引き延ばした写真を女に見せつけ尋ねた。

「あんた、だれ?」

女が怯んだ。

「立ち話もなんだから、ちょっと場所を変えて話そうか」

芸能事務所は目の前にある。

逃げ出そうと思えば、いつでも逃げだせる。

それなのに、女はすごすごと竜彦の後に従って付いてきた。



芸能プロダクションは、竜彦の睨んだ通り、一方で表業界のモデル斡旋をしていたが、裏に回れば個人に向かって派遣もしていた。

モデルだけでは食っていけない彼女は、それと知りながらマンションに出向いたという。

「ということはだな、事務所ではしょっちゅう入れ代わり立ち代わり、女を派遣してるていうことだな?」

「よくは知らないけど、知ってる女の子も何人か行ってたみたい」

安心したのか、先ほどからリラックスした座り方になっている。

竜彦が裏業界の人間じゃないことがわかると、女は饒舌になった。

「あのオーナー、相当な歳の癖に、来る女すべてとやってたのか?」

「そりゃあ、やってるでしょう。なんてったって凄いんだから、 確かにスタミナでは若い男に勝てないわ。でも、舌戯は抜群・・・ どんな女だって逃れることなんて不可能よ」

ふふっと笑うと、女は挑発するように、白い太腿をわざと見せる格好で脚を組んでいる。

「あんちくしょうが・・・」

和子とオーナーは同じマンションにいる。

竜彦の脳裏に、オーナーの舌戯に苦悶の色を浮かべる和子の姿が浮かんだ。

「だれか、知り合いの女の人が、あのマンションに出入りしてるのね」

組んでいた脚をグッと広げ、その奥に潜むピンクのラビアが見えるようにした。

竜彦は抑えきれぬ嫉妬から、助手席の女のソコにしゃぶりついていた。

嫉妬する方がどうかしているかもしれない。

だが、寝取られてしまったという負け犬の感情は抑えきれず、竜彦はまるでゴウカンでもするかのような勢いで女を組み敷くと、花唇にいきなり唇を押し付けた。

「あっ、あン、乱暴しないで・・・」

鼻にかかった声を発しながらも、抵抗はしない。

むしろ、待ってましたとでもいう風に、腰を浮かし脚を広げてくれている。

ラビアに舌を這わせている竜彦の鼻腔に、甘い香りが漂ってきた。

どこかに、派遣される途中、竜彦に呼び止められたのかもしれない。

クンニされることを計算に入れ、下のヘアにも香水が振りかけられていた。

〈ちくしょう! あの男と出会う女は、みんなこうやったのか・・・〉

抑えようにも抑えきれない嫉妬が、竜彦を揺り動かしていた。

湧き上がる嫉妬に、股間ははち切れんばかりになってテントを張っていた。

花唇の上の敏感な膨らみを、思いっきり吸うと、舌の先で突くように舐めはじめた。

「ンンン・・・あうううっ・・・」

女は、竜彦の頭を両手で包むと、大きくのけぞった。



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

爺様に仕込まれた露出癖 カメラのレンズの中で悶える和子

爺様に仕込まれた露出癖フリーの取り立て屋、高木竜彦は、いわゆる業界にかかわりを持ちたくない人々から取り立ての依頼を受け、それを陰の職業としていた。

普段はだから、ひたすらスキャンダルを追っている。

風采の良かった彼は、一時期は某商社の営業マンをしていたこともあったが、元来女好き。

それがもとで、その会社を去らなければならなくなった。

会社を辞めた当初は、入れあげた女に食わせてもらっていた。

それがいつの間にか、役立たずを見るような目つきをされ、自分からひっそりと離れた。

それ以来、その手の男女の、特に奥様のスキャンダルを嗅ぎつけては、ゆすりを繰り返した。

ゆする女を求め、さ迷い歩いているうちに見つけたのが、一時期同棲した和子だった。

入るときはドンッと入るが、入らないとなると、何ヶ月もひたすら追うだけで、一向に収穫にならない時もある。

その間、不平不満を、何一つ口にせず食わせ、小遣いも不自由なく与えてくれたのが和子だった。

本人いわく、某会社の重役の秘書をしていると言った。

だが、彼女はその会社名を明かさないどころか、ビジネススーツで出かけるところを見たことがなかった。

出かけると言えば、派手な服に身を包み、いずことなく、まるで幽霊のように姿を消すばかり。

それゆえ、竜彦は営業マンだったころに立ち返ったように女にうつつをぬかし、ほとんど遊んで暮らしていた。

高木竜彦が和子と出会ったのは、商社をクビになり、行き場を失って酒におぼれ、河原で寝転がっているときだった。

耳元でバシャバシャッという音がした。

何処から現れたのか、和子はまるでひと世代前の映画にでも出ていた風のいでたちで、寝ころんでいた川の中から、ずぶ濡れになって現れた。

「そんなところで、なにやってんだ?」

「みりゃわかるでしょ?それとも足が生えていないとでも?」

撮影現場から、舞台衣装のまま逃げ出してきたような美女は、この日を境に竜彦の部屋で同居することになる。

ふたりで生活を始めた頃こそ、生活費を含め、なにもかも竜彦の財布から出た。

だが、ある日を境に和子は見たこともないほどの大金を持ち帰り、無職の竜彦の面倒を見てくれるようになっていった。

世を斜に渡れる女。

セックスはめっぽう強かった。

竜彦は、ジゴロの愛称で呼ばれるほど精力旺盛で、求められれば毎晩でも可能だった。

求めに応じて竜彦は、和子を飽くことなく責めた。

なにかにつけ、竜彦との結合部を見たがる和子。

そのうちに絡み合う前から竜彦は食傷気味になっていった。

「ねぇ~・・・ここってどうなの?」

妖しげにソレを開かれるたびに、何かと理由をつけ、その場から離れた。

それがいけなかったかもしれない。

仕事と称し、出かけて行った先で、あちこちの男をつまみ食いし始めていた。

「あらっ、いいところで出会ったわ。ねぇ、うちのひと、知ってるでしょ?ちょいと調べてほしいのよ。変な女にひっかかってるらしいの、ああ嫌だ!汚らしい」

とてもスキャンダルなどという言葉が似あいそうにない、教授夫人からの依頼だった。

「わかりました。ひとり心当たりがるので、調べてみましょう」

調べるも何もない。

竜彦の目の前を、これ見よがしに腕を取って歩いていたのが和子、場所はいかがわしいホテルが立ち並ぶ一角、その中のひとつに消えていったからだ。

同棲中の女の後を追って不貞を働く現場を目撃することほど、惨めなことはなかったが、後を追わなくてはいられなかった。

和子という女が、なぜ川の中から現れ、一緒に住むようになったか、それすらわからない。

記憶喪失の女優のような、たかだかろくに名前も知られていない会社の重役の秘書にしておくには勿体無い女だった。

街で、一声かければ男なんていくらでも寄ってくる。

同棲中の女に浮気されるほど惨めなことはない。

不似合いなほど落ちぶれ、役立たずの竜彦は、和子に何も言えなかった。

男達の間をひらひらと舞い踊る間に、和子の身体は見事に華開いた。

それを毎夜、目の当たりにする。

打ちひしがれ、萎えていくのがわかった。

「竜彦、わたしたち、別れた方がいいみたいね」

和子の方から先に口をきいた。

「夫婦の真似事なんか、する必要ないわ」

これまでと同じように、身にあった女を抱けば、それでいいじゃない、

「そのかわり、お金に困ったときのサポートは、してあげる」

もはやインポになった男など無用と言わんばかりだった。

「そうか・・・元気でやれよ」

今宵だけは泊まって行けと、どうしても言えなかった。


和子は律義で、何処からどうやって仕入れるのか、スキャンダルを持ち込んでは竜彦を喜ばせた。

その全ての情報が番号非通知の電話で知らされる。

聴きながら書き留めた手帳は、びっしり埋まっていった。

そして今日も、その電話がかかってきた。

情報にあるホテルの、部屋を見下ろせる位置にあるビルの屋上で、巨大なレンズを取り付けた、超高感度カメラを構え、その時を待った。

和子の情交は、電話で聴いたところによると、窓のカーテンが、時には窓そのものが開け放たれた空間で行われるはず。

男からなにかを受け取るための和子の演技が始まった。

妖艶な仕草に堪えきれなくなった男が和子に襲いかかり、組み伏せ、執拗な愛撫を繰り返し始めていた。

その、なにもかもが開け放たれた部屋で行われた。

「ちゃんと、目を開いて、観るのよ」

その言葉の示す通り、男は和子を責め、隠すところがないほどに開き始め、

これも和子の癖なのか、結合部が窓に向かって大きく開かれた。

欲情し切ってそそり勃つ男根が、それでも隠そうと必死に拒む和子に向かって執拗に肉襞を割り、貫いていた。

ライバルの男達に見せつけながらとでもいうのか、その凌辱の中、ついに和子は明け渡し、頂点に向かって昇りつめていく。

和子に言われるまでもなく竜彦は、カメラのレンズの中で悶える和子の動きに合わせ、己の股間を慰めつつ、夢中でシャッターを切った。



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「山の斜面に建てられた英文字のホテル」 廃屋寸前のホテルで

知佳の美貌録「山の斜面に建てられた英文字のホテル」

経営者が、

「まだ立ち直れる」

そう豪語する理由に「英文字」(実際にはローマ字だが)でホテル名が書かれていた。

当時としては別天地にしゃれたホテルを所有する強みからだったからかもしれない。

「いろんなホテルの名前を見て来たけど、これは読めなかった」

○○ KOGEN HOTEL ----- コンクリート打ちっぱなしの地に同系色で、そう書かれていた。

そして数年が経過し、久美がこのホテルに招かれた時には、まるでそこは廃屋だった。

不思議と客が来る理由に、

○ 高原から見下ろす、街の情景が他にはない風情を醸し出していたから。

○ ツアーが恒例で計画を組むから。

当時よくあった事なかれ主義、毎年同じことをすれば成功間違いなし、

それ以外、何一つ良いところはなかった。

地上2階建てに見えるホテルは、実はある場所から見れば客室部分は3階建で、

そう、海側の、玄関から見えない、あるところから見れば3階建てに見える、お客様にすれば地下部分が存在していた。

一般の方の客室のほとんどが、そこだった。

「客は夜、寝に来るだけだから、山は見えなくていい。海辺にある市街地の夜景が観れたら、素直に寝てくれる」

オーナーの言い分だったし、不思議と客も納得してくれたが、久美だけは一度もそんな場所で寝ようとは思わなかった。

布団は湿っぽくて、ムカデがしょっちゅう這いまわる地下室では。

それだけじゃない。

一見してお隣の敷地に建つバンガロー風に見える、ホテル正面から見れば右側の木造の建物も、のちに延べ床面積を広げるため違法と知りながら急ごしらえで取り付けたもの、   更に屋根。

鉄筋コンクリートでビル風に作られたはずの建屋に、なぜか不似合いな三角の両勾配(切妻風の)トタン屋根。

スイスアルプスをもじった、

実はこれ、手抜き工事で雨漏りがひどく、後で取り付けた急ごしらえの、テラコッタや銅板葺のような高級品ではなく、平トタン屋根だった。

その、玄関前の駐車場に立つと、身体の平衡感覚を奪われてしまうほど、地盤は傾いていた。

どれぐらいの傾きかと言えば、バスをホテルと平行に並べ、その床を水平にしようとすれば、斜面の下側となるタイヤを20センチ以上持ち上げなければ平行にならないほど。

お客様は降車するとき、一様にバス酔いした風に感じたという。

雪や、雨でも降れば、たちまち水流はホテルに向かって流れた。

そんなだから、当然木造家屋は鉄筋コンクリートの建屋と傾く速さの度合いが違った。

一方だけが急速に傾き、床に相当の段差が生じた。

立地条件の土質も、火山灰のボロボロとした岩石でできていたため、老巧化に拍車がかかったようだった。

こんなになっても、経営者はメンテナンスなど論外と支配人に言い続けた。

例えばの話し、

玄関を入った先がフロントと、その後ろがホテル自慢の眺望レストランになっている。

そこに吊るされているカーテンは、開設当初から一度も外したことがなく、締めた、動かしたこともない。

少しでも触れば、パラパラと埃が舞い、染地の金色が剥がれ落ちた。

そんなところを、客に見せないよう営業しろとオーナーは言った。

儲けただけ遊興費に浪費し、メンテナンスは行わなかった結果、久美が出勤し始めて間もなく、室内が傘をさしても歩けないほどの大洪水になった。

天上の水道管が破れ、水が噴き出したためだったが、自然の雨漏りなど、毎度ごく普通にあった。

例の如く、天井から滝のように雨漏りがしているのを見つけ、

「ごめんね、忙しい時に電話して」

「なんだ、忙しいってわかってるんだったら、電話なんかすんな!」

「だってぇ~・・・雨漏りがするんだよ。もうすぐお客さんが入るのに・・・」

「俺がそんなこと知ったこっちゃない。第一、前の分の金が一銭も入ってないんだぞ」

「わかってる。だから今回はちゃんと払うっていってるでしょう?支配人が今金策中だからさ」

久美だけが、このメンテナンスを業者にロハで命じた。

「まったくお前ってやつは、今日だけだぞ」

「うん、わかってる。終わったらちゃんと昆布茶煎れてあげるから」

どこからどこまでボロボロなのかわからない配管を、四苦八苦しながら、久美が煎れるお茶のため繋いでくれた。

それがまた、くだんのおばさんの感情を逆なでした。
 



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml


テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

義母のもてなし 「裕子の秘められた過去」

女子○性 裕子裕子が訪問販売を始めるきっかけとなったのが高校時代からの親友、なつきの、

「下手な知識なんていらないの、ただ訪問するご自宅を見極める目を、先輩諸氏から伝授されるだけ」と。

その伝授が、同業者から横流しに横流しされた顧客情報の中から、

「比較的グスイ家に入って掻き回すだけだから・・・」

とっても簡単でしょ?

初めの頃こそ先輩諸氏の後ろについて、玄関に顔をのぞかせるだけだった。

そうやって顔つなぎしておいて、あるご家庭とか集会所みたいな家を利用させていただき、その人たちを呼び寄せる。

「お足元の悪い中、ご足労頂いてすみません」

ご迷惑のおかけ賃みたいな意味だと、なんやかや配った。

すっかり恐縮した、呼び寄せられた方々は、知らない間に高額商品を契約してくれていた。

「ねっ、簡単でしょ?」

なつきは、さも自分が考えた商法で稼いだかのごとく、お客様の目の前だろうが裕子に吹聴した。

「うん、すごいね~」

すっかり感心し切った裕子は、当然と思ってその月の身に余る給与を受け取った。

「これでもう、彼女は抜けられないんじゃない?」

先輩と言われていたリーダー格の男性になつきは微笑んでみせた。

「うん、例の方法で稼いでもらわんとな」

翌月から、裕子はある場所まで来るまで送り届けてもらい、そこに下ろされると情報もなく訪問販売をさせられることになる。

情報をもらえない中で、出来ることと言えばひとつの区画内を手当たり次第に回る絨毯攻撃しかなかった。

「ちょっとは手ごたえあったの?」

数日が経過したころ、なつきは、さも心配そうに裕子にこう聴いてきた。

「うううん・・・さっぱりだわ」

足が棒になり、鬱になりそうだと、つい弱音を吐いていた。

「あんたも馬鹿ね。ほらっ、あの頃やった例のヤツ、こんな時のために使うんじゃなくて?」

女を武器にし、顧客を誘え。

狙う家を、男の一人住まいか、奥さんが稼ぎに出かけている隙をついて忍び込めという。

いかにも質素そうに見えながら、実のところ決める部分はしっかり決め、それをちらつかせて売り込めと言ってきた。

「そんなこと・・・」

夫にも、ましてや母にも、こればかりは相談できない。

「まだそんなこと言ってるの?」

まだ高校に通い始めたばかりのなつきに、男の誘い方を伝授したのが裕子だった。

「ねぇねぇ、ちょっと変なの。見てくれない?」

授業が始まっている時間帯に出会う男をみつけ、

物陰に誘い込んでチラリとスカートのうしろを捲り、パンティーを見せつけた。

「ねぇ・・・どうなってる?」

まず逃げ出す男はいなかった。

じっくり見せつけてから、あれこれと要求を募らせ、カツアゲする。

それを裕子は面白半分にやった。

たまたまそれをやっていて出会ったのが敦で、我慢できなくなって身体の関係を持ってからカツアゲを止めた。

〈いい男見つかったから・・・〉

グループを抜ける理由に、裕子は理由付けをした。

そのやり方でなつきがつかまった相手というのが健康器具訪問販売の今のリーダーだった。

「稼ぎが足りないんだ。お前、身体を見せて売ってこいよ」

一旦体の関係ができると、リーダーはこういってなつきを送り出した。


その、日曜の午前中、裕子が最初に訪問した家でリーダーと鉢合わせになってしまった。

玄関の呼び鈴を押しても、無反応のこの家に、なにやら好都合な雰囲気を嗅ぎ取って勝手にズカズカと入ってしまって、目の前で繰り広げられていた光景を目にしてしまっていた。

「なんやお前!なにみとんねん、帰れや」

リーダーが、この家の奥さんを組み敷き、情交かたがた売り込みの真っ最中を、しっかり観てしまっていた。

あわててその場を飛び出したが、身体中がカッカと熱くなった。

〈なつきのいう、売込みって、ああいったやり方だったんだ・・・〉

身体を売ったはずなのに、料金は受け取らず、かわりに高額な健康器具を有無を言わさず売りつける。

それを何度も繰り返し、搾り取るのが彼らのやり方だった。

「有力な情報を集めてるって言いながら・・・」

周囲の訪問販売業者とは一線を画す---個人情報---こそが会社存続のカギとなっていた。

「所長がお呼びよ」

なつきが、不機嫌そうに、お昼休みで食事のために帰ってきたばかりの裕子に告げた。

「なんだろう・・・あのことを責められる・・・」

怯えながら、所長室の扉をノックし、入った。

「あのことを気にしてるのか。すまんね、ああでも言わなけりゃ、あのご婦人も引き下がれなかったろうからね」

「いえっ、玄関で出迎えてもくれない方の家に勝手に入り込んだわたしが悪いんです」

軽蔑はしていたが、殊勝に謝った。

「ところでさ、学生時代、なつきに技を伝授してくれてたのが裕子ちゃんなんだってね?」

「あっ、いえっ、伝授だなんて・・・」

「君がわが社に入ってきたとき、どこかで見た女性だと思ったんだよ。それをね、やっと思い出したんだ」

街角で、新入社員として懸命にセールスして回っていた。

その目の前に、ふわっと降って湧いたようなかわいい子が舞い降り、路地に誘われた。

「たしか、気になるから観てくれない?だったよね」

当時の写真を目の前に、さりげなく差し出された。

「あっ、このひとは・・・」

初潮が始まって何ヶ月も経つのに、まだ一度も体験したことがない。

〈アソコに男の人が入ったら・・・〉

眠れない日が続き、思い立って街角で声をかけたのが、

「想いだしてくれたかい?」

そうだよ、あの日、パンティーを見せつけられ、逃げ出そうとしてとらえられ、半ば強引にペニスを使わされたのが私なんだ。

「いやいや、想い出したんだよ。あの日のことをね」

「それで、どうしろとおっしゃるんですか?」

そういきり立つなよ。

言うが早いか、裕子のスカートを捲りあげてきた。

「今日ね、あれを途中で止めてきたんだ」

責任とってもらうと言った。

「なつきに訊いたら、今日はご主人、お義母さん宅に出かけているそうじゃないか」

ここじゃまずいから、自宅に訪問することにすると、有無を言わさない調子で腕を取られていた。

なつきからすべて聞いていたと見え、所長は真っすぐ運転する車で自宅に乗り込んできた。

「あの時の、想い出の品だよ」

ポケットから取り出したのは、行為が終わって、良かった気持ちとして差し出していた、連絡先と好きと書いた紙だった。

「こんなものが新婚家庭で持ち出されたら、即離婚だろう?そうならないためにもね」

玄関を入るやいなや、所長は裕子のスカートを捲るよう促した。

「これを無事に返してほしかったら・・・」

脅され、裕子はスカートを捲って、

「ここが変なの、診てくれない?」

所長は訪問先のご婦人を相手に情交を繰り返していたところを、裕子が、こちらが気が付いて止めるまで観ていたことを知っていた。

「可愛い顔して、本当はスケベなんだ」

欲情し切ったご婦人に向かって、何度もピストンを繰り返していたのを鑑賞させられた裕子の下腹部は、耐え切れない状態になっていることを知っていた。

その、濡れそぼり、甘酸っぱい香りを放つ太腿の割れに、鼻面を押し付け、臭いを嗅ぎ始めた。

「あっ、そこは!やめてください。わたしんは夫が・・・」

「ほう?今更そんなことを言うんだ。お前の旦那はお義母さんとよろしくやってるって、知ってるんだろう?」

母の敦と出会ったあとの電話口ではしゃぐ声、夫の妙にそわそわした態度から、想像はしていた。

だから、必要もないのに、

「今日も仕事だから」と、

意味深に断って家を出ていた。

「旦那がお義母さんと絡み合ってるって想像しただけで、欲しくてたまらなかったんじゃない?」

そうならそうと、

「声に出して、はっきり言えよ。言えばこれを返してやるし、お前が欲しがってるコレも咥えさせてやらんでもないんだがね・・・」

いつの間に引きだしたのか、反り返ってこちらを向き睨みつけるペニスがそこにあった。

ああ・・これが、あの ご婦人のアソコに出入りし、狂喜を生んでいた。

思い出しただけで、気が狂いそうになるほど、いまは男が欲しかったが、不倫は怖かった。

夫に知られ、追い出されたら、孫瞬間から行き場を失う。

「お願いだから、返して・・・」

「よく聞こえなかったよ。何をしてほしいんだって?」

「・・だから」

おまんこにペニスを挿し込んでほしいと頼まれたなら、断りようがない、

「ちゃんと、聞こえるように言ってくれなくちゃ。旦那が帰ってきたら困るんだろう?早く済ませなくていいのか?」

パンティーはいつの間に脱がされたのか、足首に引っかかって、代わりにペニスが上からでは見えないよう、陰唇の割れを隠して上下している。

肉胴が幾度も割れを擦りあげ、愛液でぬらぬらと照り輝いて、ふたりの欲望を伝えていた。

既に男の手は腰に回っていて、どちらかが体勢さえ整えさえしたら一気に欲望の渦底に向かって挿入可能な状態を作っていた。

「ここが足りないのか?これが欲しかったのか?こうすれば言えるのか?」

尻を捉えていた手が次第に下の伸びてアナルに差し掛かろうとしている。

「やめてっ!そこは・・・お願い・・・おまんこに入れて・・・」

「なんだって?聞こえなかったぞ。もう一度大きな声で」

空いていた手の指がクリトリスを捉え、嬲りはじめていた。

「あああ・・・おまんこにペニスを入れて!!早く・・お願い」

所長の首筋に両手を廻し、耳元で低く唸るように訴えていた。

夫から仕込まれ続け、アナルへの挿入には恐怖が付きまとっている。

なつきで散々女を覚えた所長は勘所を心得ていた。

滾り勃つペニスがヴァギナを埋めると同時に、うしろを責めていた指がほとほとに弛んだアナルをめがけ挿入された。

裕子は、ご婦人との情交を見せつけられ、夫と母との情交を暗に匂わされたことで常軌を逸し、アナルの責めには気づかなかった。

膣奥と、アナルの膣壁近くを同時に責められたことで、その未だ経験したことのない快感で、初めて我を忘れて裕子は逝った。

「溜まってたんだなぁ~、可哀想に。逝ったときの裕子ちゃんて、とてもきれいだったよ」

約束だからと、所長はメモ書きを、今脱いだばかりのパンティーと引き換えに置いて行ってくれた。

裕子ちゃんは俺にとって初めての女だから、大切にしたいんだと言い残して。

「このパンティーを嗅ぎながら、今夜は抜ける」

次は無理強いしなくても、彼女は必ず俺のペニスを欲しがってくれるはず、

「ご婦人との契約には失敗したが、今日は大収穫だった」

所長を返した後、裕子は、その匂いを消すため窓を解放し、洗濯を始めた。

やっと干し終えたとき、夫の敦の車の音がした。



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

義母のもてなし 「義母 我に返る」 イク寸前に翻った紅美子

紅美子の興奮が治まるのを待って、もう一度シャワーで汗を流し合った。

今度は敦が紅美子を洗ってあげた。

後ろのすぼまりもボディーソープを泡立て、その泡を塗り込んで、丁寧に洗った。

脱衣場で、義母は敦の全身をバスタオルで拭きながら、

「裕子のこと、あまり焦らないで、ゆっくり開拓してやって、ね」

娘もまた、自分のように、いずれアナルの快楽に目覚めると確信しているような、義母の口ぶりだった。

〈やっぱり、母と娘は性感も似るものなのかもしれない・・・〉

敦は改めてそんなことを思った。

一時は、裕子との結婚を後悔し始めていた敦だった。

長らく満たされなかった思いを紅美子の肛門で果たし、敦の気持ち晴れていた。

「僕も少し性急だったように思います。もっと時間をかけ、裕子の気持ちを汲みながら、じっくりいくことにします」

紅美子が跪いて、敦の皺袋をタオルで包むようにして拭く。

「裕子にはわたしからも、それとなく話しておくわ。もう少し、冒険してもいいんじゃない、って」

そう告げたあと、まだ少し芯の入っているペニスの先端に、チュッと音を立てて口づけした。

「ふふふっ・・・、わたしって、ほんとうに悪い母親ね・・・。それとも、ただの娘に過保護なだけのおやなのかしら・・・」

敦を見上げる義母の目が、裕子にはない濃厚は妖艶さに満ちている。

敦はまた愛おしさが込み上げ、欲情を覚えて、紅美子を抱き寄せると唇を奪い、強く舌を吸った。

義母からバスタオルを奪うと身体の隅々、片足を持ち上げてまで拭いてあげ、途中目にしたクリについ唇を寄せた。

義母は洗面台に片手を突きながら、素直に敦の肩に片脚を乗せ開いてくれている。

敦は舌と唇を使って包皮を剥きにかかった。

円を描きながらゆっくりと舌を這わせ、頃合いを見て尖りはじめた部分を軽く啜った。

それとわかるほど、大きく剥きださせた頃になると紅美子は敦の頭部を支え腰をわななかせた。

大きく開ききった陰唇は、しっとりと露を持ち、光り輝いていた。

その筋に沿って、敦は丁寧に舌を這わせ、シルを啜りあげ、朱に染め蠢く襞に向かって舌をめり込ませた。

「あっ、そんなことしたら・・・もう・・」

敦は紅美子のボーイフレンドの存在を一時忘れ、紅美子もまた、なにもかも捨ててされるがまま、しがみつき始めていた。

お互い、禁忌のタブーを犯してでも交わろうとさまざまな手段を使って、相手の気持ちを指し測ろうとしていたことは、最初からわかっていた。

「ああっ・・・敦さん、今日ならしんぱいないわ・・だから・・」

「わかってたんですか?最初から・・」

「セックスってね、キャッチボールだと思うの。投げてくれた球を投げ返すから、また投げてもらえる。いい球を音げ返すと、相手からもきっといい球が返ってくる。そうやって、楽しく続いて・・・ああ・・、逝く!」

全身を性器に替えて紅美子は敦のペニスをヴァギナに欲しがった。

敦は紅美子を支えつつ立ち上がると、そっと芯部にいきり勃ったモノをそえてやった。

紅美子の腕が敦の首に巻き付き、腰がうねりはじめると、ほとばしる熱気が亀頭の先端に伝わった。

敦はただ一方の手を腰に廻し、紅美子の片足の太腿あたりを支えるようにして棒立ちになっている。

それでいて、目にしたばかりの義母のクリとヴァギナの卑猥さに天を突くほどペニスは跳ね上がっていた。

欲情に荒れ狂った紅美子だけが敦の勃起を深く迎え入れようと腰をくねらせている。

「・・・こんなことしてたなんて、裕子には絶対言わないでおいてね」

愛おしさのあまり、つい、敦は紅美子の子宮を腰を使ってノックしていた。

使い込まれた肉球が亀頭冠を捉え嬲り始めている。

射精感でペニスがヒクヒクと律動を繰り返し、それが紅美子に伝わった。

「お義母さんと、またこうやって出会いたいから、絶対口にしません」

紅美子は恥じらいで、少しためらった素振りを見せてから、続けた。

「裕子が言うのよね。昔は、敦さんによくアソコを舐めてもらってた、って」

敦は虚を突かれた気がした。

確かに結婚してから敦は、裕子に対しほとんどクンニリングスをしてやっていない。

その性戯が、敦はさほど好きでなかったこともある。

けれど裕子には、きっと好みの「球」だったのだ。

「女が身体を開いて待ってるのは、必ずしもペニスの力強いインサートばかりではないわ。さっき、わたしのお尻やクリ、ヴァギナにしてくれたような、ああいう情熱的な舌使いが、女をどれほど幸せにするか・・・」

女にとって、そこを舐めてもらうのは、気持ちいだけのことではない、と義母は言った。

女の一番恥ずかしいところ、弱いところを開いてさらけ出し、なにもかもを捧げる姿勢を取るとき、クンニしてもらえるかどうかで、自分が本当に愛されているかどうかを確かめる----。

「それが女ごころというものなの」

強烈な一撃だった。

敦は、今まで己の快感のためだけに裕子とセックスしてきたことを、改めて思い知らされた。

「女の身体はうまくできているわ。繰り返しリードされて、愛撫を重ねられていると、知らず知らずのうちに目覚めさせられてしまう」

膣と肛門----ふたつの快感の源泉をバランスよく愛していけば、裕子もやがて紅美子のようになる。

それは、さほど遠くないことのように思えた。

「こういうことって、相手次第なのよね。つまり、男の甲斐性ってことよ」

気分を切り替えるようにそう言って、紅美子はまだ結合中の敦の、静まり始めた勃起をヴァギナから吐き出し、呆然とする敦の裸の尻をぴしゃりと叩いた。

火照り切った紅美子の身体から、甘酸っぱい体臭が立ち上がっている。

敦は、ちょっとぐずるような口調で言ってみた。

「でも、僕はお義母さんのお尻が忘れられないかも・・・」

「もう、甘えん坊なんだから、いいわよ。どうしてもしたくなったら、またいらっしゃい」

「ほんとう!! 来てもいいの?」

「うん、でもわたしは、お口とお尻だけよ。さっきみたいなこと・・・わかるでしょ?」

そういうと紅美子は敦の目をまっすぐに見た。

〈お義母さん、きっと彼氏とはヴァギナを使ったセックスしてるんだ・・・〉

敦がその場所を使って幸せにしてあげなければならないのは、幼妻の裕子なのだ。

そこまで考えて、いつのまにか、紅美子の恋人に対する嫉妬心が消えていることに、敦は気づいた。

「はい!! わかってます」


帰途、車を走らせながら敦は喝采を上げたい気分だった。

敦の策が見事に功を奏した喜びと、これからも義母とアナルセックスを続けても良いという約束事、まるで天にも昇る気持ちだった。

が、しばらく車を走らせるうちに、別の考えが頭をよぎった。

〈待てよ、ひょっとすると・・・〉

ここしばらく、あまりにも事が上手く運び過ぎている気がする。

そういえば、義母がフェラチオをしてくれるようになったタイミングも、裕子との関係がぎくしゃくし始めた時期と一致していた。

義母は、敦が離婚を考え始めたことに、早くから気づいていたのではないか。

それで、敦の気持ちが煮詰まり、離婚に向かって行動を起こす前に先手を打ったのかもしれない。

自らお尻を差し出して---

〈初めから、お義母さんの掌で踊らされていただけなのかもしれない・・・〉

それゆえか、あれほど欲情していながら、欲しくてたまらなかったペニスを、己の意思で引き抜いて、恋しているはずの男をまっすぐ見据えてきた。

これからも嫌われたくなければ、直視することなどできない。

しかし、悪い気はしなかった。

アナルセックスの、脱衣所で勃起したペニスを与えコトを始めたときの、その最中に見せた義母の反応を思い起こした。

紅美子は、敦のペニスに溺れ、腰使いで本気によがっていた。

終いにはなにもかも忘れヴァギナの中に勃起を迎え入れ、膣奥深く射出してもらおうと躍起になって肉襞で肉胴を亀頭冠を扱きあげていたではないか。

そのことにウソ偽りはないだろう。

セックスはキャッチボール。

紅美子から投げてもらった快楽のボールを、今度は敦が新妻の裕子に投げ返す番だ。

〈今夜は、たっぷりクンニリングスをしてあげよう・・・〉

街角を曲がると、やがて前方に自宅が見えてきた。

ベランダの物干しに色鮮やかな赤も混じって洗濯物が干してあった。

いるはずのない妻の裕子が、洗い上げ干したものに違いなかった。

夫が出かけた先を知っていてなお、帰りを待ちわびて洗濯物を干している。

その色鮮やかに洗い上げた下着が、この日はいつになく恋しく映った。


ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml



テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

義母のもてなし 「アナルへの挿入」 タブーを犯しているという戦慄にふたりは燃え・・

義母とのタブーを犯している戦慄幾日も通い続けながら、ひたすら開く気持ちになってくれるのを、ペニスを与えつつ待った。

いく度、そこにペニスを埋め込み、さいなませることが出来たらと身を揉んだことか。

ところが突然、義母の申し出により一緒に入浴し、突き上げてくれた豊尻を拝むことができ、願いがかなう寸前まで追い込むことができそうだった。

〈パンティーに染みついていた、あの匂いが嗅げる。味を見ることだって出来るんだ!〉

未だ閉じようとする紅美子の尻の秘密を暴こうと敦は勇んだ。

その双臀に顔を埋めることができた。

谷底に押しかぶせた顔を、横に震わせるようにして突き進んだ。

舌先がすぼまりをこじ開けてゆく。

ときおり、キュッと反駁を受けて舌が外に絞り出される。

それでも敦は、何度も舌の進撃を繰り返した。

「んああっ、敦さん、も、もう堪忍してェ~」

両手に掴んだ義母の尻たぶの柔らかな肉感。

その感触を愉しみながら、今一度、力いっぱい、双臀を割り裂く。

その瞬間、ついに城門を明け渡すように、義母の肛門がふわりと開いた。

敦は夢中で舌を奥まで挿し入れた。

「ああっ、あああんんん・・・」

義母の全身から、力が抜けていくのがわかった。

開かされてしまった内璧は、敦の舌の蹂躙にされるがままだった。

ぬぽぬぽと抜き差しを繰り返し、ぽっかりと開いた洞穴に唾液を注ぎ込み、またそれを啜りあげた。

「あああんん、・・・もう・・・、敦さんたら・・・」

敗北を伝える紅美子の甘い声が、敦の耳に心地よく響いた。

敦はようやく舌を抜き、顔を上げた。

「お義母さんのお尻の穴、たまらなく美味しいいよ!」

敦の興奮した声に、紅美子は首だけ向けて、上気した頬を輝かせながら、

「ねぇ、そろそろ・・・お尻に指とかも、入れないの?」

そ~っと、さりげなく尻をゆらめかせ、勃起して先走りで濡れ光るペニスに触れてくる。

桃色に濡れ光った肉絞りが、今は指戯をおねだりするように、イチジクの実の形にゆるくはぜている。

ぽっちりと膨らんだすぼまりの中心に指先をあてがうと、肉蕾はわずかの抵抗ののちに吞み込み、吸い付くようにきゅっと締めた。

肉リングの温かい艶めいた感触が指を覆う。

敦はゆっくりと指を前後にピストンさせた。

「んっ、んっ、ああああっ・・・」

紅美子が切なげに喘ぎ声を洩らし、苦悶からか頭部を精一杯後ろに反らせ尻を震わせる。

「お義母さんは、お尻の穴、感じるの?」

聞きながら、一段と指のストロークを早くする。

すると、紅美子は、嫌々をするように首を振って、

「んんっ、んっ、んんんっ・・・」と、

押し殺したような声で返す。

肛門がかなり開いてきた。

敦は指を2本に増やし、回転を加えて捻るような出し入れを続けた。

「んっ? どうなの?気持ちいいんでしょう?」

敦がもう一度聞くと、紅美子は上ずった声を震わせて、

「いやぁ~っ、そんなこと・・聞かないでっ・・・」

義母はすっかり女になっていた。

敦はいつの日にか焦がれ、通いつめ想いを伝えたくて接し続けたさまざまな日々、今その感激で胸がいっぱいになっていた。

生々しい肛門の感触。

ひとりの女の羞恥の穴を、今まさに犯しているのだという実感。

同時に、その女性が自分の妻の母親であるという、タブーを犯している戦慄。

義母の官能美を充満させた表情、その甘い声-----。

さまざまなものがないまぜになって、一気に敦に襲いかかり、煽り立てる。

義母が暗に求めてやまない敦のペニスからは、とめどなく先走りの液が溢れ、糸を引いて垂れていた。

勃起は白セキレイの尻尾のように上下動が止まらなくなっている。

義母に対して、これまでにないほどの強い愛しさが込み上げてきた。

「ああっ、お義母さん、もうたまらないっ」

敦は怒張を持って構えた。

幾度となく亀頭冠で紅美子の尻を叩いて挿し込みの許可を求めた。

紅美子は震える手で敦の太腿を引き寄せるような仕草をしてくれた。

亀頭をゆっくりと陰唇にあてがい、滑らせるように上に、窪みに向け移動させ、寸前で止めた。

アナル
「・・・いじわる・・・おねがい・・・は や く・・・」

蚊の鳴くような紅美子の懇願、

あらためて亀頭をふるふるにほぐれた肛穴にあてがう、

「・・・あっ、ああ~・・・」

待ちかねた紅美子の口から声が漏れ、尻が一層高々と掲げられた。

敦はがっちりと尻を押さえると、その体勢のまま一気に腰を突き入れた。

はじめにぐぬっと先を塞がれる抵抗があって、更に腰を進めると、とろけるような快美感とともに亀頭が狭い肉輪を潜り抜け、根元まで一気にぬぶりっと埋まった。

「んああああっ・・・」

「おおうっ、お義母さんのお尻の中、凄く気持ちいいっ」

肉リングの感触が、膣とはまた違った陶酔を運んでくる。

義母の肛門は、力強い引き締めで敦のペニスをもてなした。

ピストンすると、たちまち追い込まれて射精感が募る。

敦は静止してやりすごそうとするが、感じ過ぎた義母の襞がそれを許さず肉塊を求めて蠢き、敦も真下の眺めにペニスが意思を離れて勝手に義母に挑戦しそうになる。

後背位で膣性交をしている光景と違って、直ぐ前に接合部がさえぎるものなしに見えていた。

紅美子の肛孔のしわを勃起が伸ばして広げきり、その肉胴を逆に紅美子のすぼまりがびっちり喰い締めている。

その縁の部分の、薄桃色に伸びきった粘膜を眺めているうちに、猛烈な淫情が襲い、敦の忍耐を弾き飛ばした。

敦は猛然とピストンを再開した。

「あああぁ~・・・いいわ・・とても」

「もういきそうだっ、お義母さん・・・お義母さん・・・あああ・・・アッ!!」

「出してっ、わたしのお尻の中に、思いっきり出してっ・・・ちょうだい・・・早く!お願い・・・」

臀肉を震わせながら叫ぶ義母の声を聴きながら、敦は締め上げの中で激しくほとばしった。

出しきったはずなのに、内に引っ張られる刺激で再び射精が起こる。

いつもの何倍もの長い射精が続いた気がした。

快感が退いたあとも、敦は両の尻たぶを握りしめながら、ペニスの抜き挿しを続け、肛肉を味わった。

「あああああっ、いいいいい・・・・」

ふと、細く呻く義母の声が、裕子とそっくりなことに気づいた。

裕子の肛門にインサートshているのかと、妙な錯覚を感じるほど似ていた。

繋がったまま、ふたりはしばらく重なり合っていた。

「お義母さん、今、すごく幸せな気分になってます・・・」

「わたしのお尻、そんなに気持ちいい?」

「はい、ずっとこうしていたいぐらいに」

「わたしも、もっと早くからこうなりたくて、どうしていいかわからなくて・・・でも、とても気持ちいいわ・・・」

義母の肛門の中で、敦の勃起は治まる気配を見せなかった。

お互いを求め合う気持ち、それを伝えきるまでは、どんなことがあっても身体を放すまいとするかのようだった。

ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml


テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

義母のもてなし  「娘婿への劣情」 浴室で魅せつけた下腹部

義母の元へ通いつめ、幾度となく見せつけ肌に触れさせ、

敦の知らないところで、母娘はやはり密に連絡を取り合っているようだ。

裕子に仕掛けた綱渡りのような危ういアクションが、思惑通り紅美子を通して返ってきた。

義母にはボーイフレンドがいるという。

だが、通いつめ、勃起を与え続けた義母の反応は決して悪くなかった。

そして新妻の裕子へのアナル責め、

堪えられなくなった。

そうとしか考えられないタイミングで、義母の方から敦のベルを鳴らしてきた。

---敦さん、次の日曜日、部屋の家具を動かすんだけど、ひとりじゃ無理なの。手伝ってくれない?

その日も裕子は昼前から仕事に出かける。

期待に敦の胸は高鳴った。

出向いてみると、家具の移動は形ばかりで、ものの数分で終わってしまった。

敦は確信を持った。

「ありがとう、助かったわ。喉乾いたでしょ?何か冷たいもの用意するわね」

「その前に、シャワー浴びたいな。いつものことも、してほしいし・・・」

義母とふたりっきりで過ごす時間に、今やフェラは定番メニューになっていた。

紅美子は媚を含んだ甘い声で、

「じゃ、お風呂、いっしょに入ろうか?」

してやったり、敦は小躍りしそうになった。

〈ついにお義母さんの裸が観られる!今日は絶対にフェラだけじゃ終わらせないぞ!〉

目論見通りの展開に、敦は武者震いが起こった。

「エッ、ほんとう? うれしいな!それが一番いいよ」

お返しに義母の身体を洗って
期待に胸ふくらませ、敦は先にシャワーを浴びながら待っているところに、紅美子が入ってきた。

頬を朱に染め、はにかみながら、下腹と胸を腕で覆っている。

けれど乳房の肉丘は大きくはみ出て、両の乳輪を隠すことしかできない。

下腹部の繁みも豊かで、真っ白な肌に黒々とした恥毛は恥丘を更に盛り上げ陰唇に至っており、ひどく淫らに映った。

「ほらぁ~、そんなにじろじろ見ないの。すごく恥ずかしいのよ」

敦が最も期待していた臀肉は、熟女らしい厚みと丸みを見せて、誇るように張り出していた。

敦のペニスは、たちまち勢いづき、大きく反り返った。

「お義母さんの身体、凄くきれいだ。セクシーだし、香りもすてきで・・・」

義母を見てそそり勃たせながら美辞麗句、実に陳腐な発言だったが、敦の偽らざる気持ちだった。

「ふふっ、お世辞でも嬉しいわ。こんなおばさんの身体を褒めてくれて、ありがとう・・・」

照れたように言うと紅美子は敦からシャワーを受け取り、栓を捻った。

入念に湯加減を確かめると、敦に向き直り、

「洗ってあげる」

敦はされるままになった。

紅美子はお湯で敦の身体をひと通り温まるまで流すと、ボディーソープを洗い桶の中で泡立て、掌で洗い始めた。

耳の後ろから首筋、腋の下、腹、背中---。

かつて一度だけ、先輩に連れられてソープに出かけたときもこんな風だったことを思い出した。

「今日もすごく元気がいいわね。洗いやすいわ」

紅美子の掌が男根を一度包み込むようにし、握った指先が亀頭のクビレを這っていく。

肉胴を上下に擦られ、皺袋は裏側から掌で持ち上げるようにして両手で揉み洗われた。

射精の誘惑を堪えながら、敦は何度もペニスをひくつかせた。

お返しに義母の身体を洗ってあげようと言ったが、

「そんなこと娘婿の敦さんにさせられないわ」

けんもほろろに湯船に追いやられ、洗わせてくれない。

それでも肝心な部分を見たくて覗こうとすると、

「恥ずかしいから、洗う間だけ、後ろを向いててよ」

きっぱりと、そう言われてしまい、やむなく背を向けた。

けれど、少し横を向くと、洗面台にしつらえてある鏡に義母の姿が映っていた。

紅美子は、後ろに手をまわし、豊尻の底を丹念に洗っていた。

〈あんなに丁寧にお尻をあらっている。ということは・・・〉

敦のペニスが湯船の中で、期待に大きくいなないた。

敦は跪いて紅美子の胸に顔を埋めた
紅美子がシャワーを終えるのを待って、敦は言った。

「お義母さん、前みたいに、お乳、吸わせてほしいんだけど・・・」

「うん、いいわよ」

敦は跪いて紅美子の胸に顔を埋めた。

乳首はもう固く尖っていて、唾液をまぶして吸いたてると、義母はしばらく堪えていたが、すぐに、

「あっ、んあっ、はぁ~んんん・・・」と、

感極まったような声を洩らした。

唇で乳首を挟んで引っ張ってやると、乳輪は円錐の形に盛り上がり、乳丘も引っ張られて、全体で巨大な円錐を作っていた。

その間にも敦は紅美子の脇腹に手をそえることを忘れなかった。

戯れながら、敦は義母の脇腹に沿えていた手を背中に回して引き寄せ、抱きしめた。

そのまま立ち上がり、目と目を合わせ、唇を重ねた。

舌を絡ませあったあと、口の中に挿し込まれた義母の舌を唇で搾るように吸い、唾液を飲んだ。

義母の恋人という男も、きっとこれ以上のことをしている。

そう思うと、嫉妬で敦のペニスはますますいきり勃った。

「はあああ・・・お義母さん、僕もう、我慢できない」

敦と紅美子の下腹部に挟まれている勃起は、しきりにひくつき、先端から溢れ出たカウパー液で紅美子の前部がぬらつき始めていた。

敦は背中に回していた手を尻までおろし、亀頭の先端を使って十分に湿った陰核を幾度となくノックしてやった。

紅美子もつま先が敦の脚の甲を伝ってくるぶしを通り過ぎ、ヒタと踵がアキレスを捉え引き寄せる仕草をした。

紅美子の固く閉ざされていた太腿は割れ、その隙間にツルリとペニスが割り込んだ。

「はうっ、あああ・・・」

亀頭の先端を肉壺の芯部に導きたくて、紅美子は懸命に腰を突出し、丁度良い場所を探し始めていた。

肉胴は今度こそ義母の花芯のもてなしを受け、反り返りを一段と強めている。

紅美子の腹部が波打つさまが、内股に侵入した怒張に堪えきれなくなったと窮状を訴えていた。

足元をすくわれるような快美感がたびたび襲った。

紅美子が敦の耳元に唇を寄せささやくように言った。

「・・・裕子から・・聞いたわ、あの子、まだわがままを言ってる・・みたいね」

上手く言葉が発せられないでいた。

「えっ、なんのことですか?」

敦はとぼけた。

「・・お尻が、どうしてもイヤだって・・・」

「あ・・・。あのこと・・ですか」

初めて気づいたように応じながら、敦は紅美子の尻に回していた手をジワリと内に寄せていく。

そうして、双臀をゆっくり撫でると、ふっくらと実った尻たぶを徐々に力を込め揉みたててみた。

「ふんん・・・ん、もう・・・、敦さん、よっぽどお尻が好きなのね」

「女性のお尻が嫌いなんて男はいないですよ。なんだか、僕だけが特別好きみたいな言い方されるなんて、心外だよ」

敦は精一杯表情を作って言った。

「こないだ、裕子と電話で話してたら、また、夜の話になってね。敦さんが」、お尻の穴に指を使ってきて、痛くて痛くて、どうしたらいいのって・・・」

「すみません」

「ううん、責めてるんじゃないのよ。裕子ったら、やっぱりまだ子供みたいなところがあるみたいで・・・」

「いえ、僕も悪いんです。無理強いしちゃったところがあって・・・。人によって、好みというか、素質みたいなところがあるということ、わかってるんですけど、つい・・・」

殊勝そうな顔で敦が言うと、紅美子は母親の顔になって、

「ごめんなさいね。なんだか、敦さんに不自由ばかりさせてるみたいで」

「そんなことないですよ」

敦は口ではそう言ったが、表情は弛ませなかった。

紅美子は敦に絡ませていた足を一旦元に戻すと、伸び上がって敦の唇に、もう一度軽く口づける。

「もう、敦さんには、お詫びばっかり・・・」

それから、少しはにかむような表情になって、誘うように言った。

「わたしのお尻で良かったら、敦さんの好きにしてくれていいのよ」

敦の中で歓喜が弾け、ペニスが大きくヒクついた。

義母の下腹にもそれは伝わったはずだ。

「本当にいいんですか?」

「何度も言わせないで・・・それとも、わたしのお尻じゃ、いやかしら?」

紅美子が潤んだ瞳で艶然と微笑む。

「と、とんでもない。夢みたいです・・・。だって、お義母さんのお尻の穴を、観たり、触ったり、できるんでしょう?」

「---うん、そう。わたしのお尻で、思う存分、愉しんでいいのよ」

義母は静かに背中を向けると、敦の観ている前で這いつくばった。

背筋を反らせ、豊尻をゆっくり突き上げてゆく。

「おっ、お義母さん・・・」

真っ白い肉の丸みがふわりと割れ咲く。

深い谷底が押し上がるように開いて、小さな肛肉があらわになった。

「あああっ・・・なんて素敵なんだ。お義母さんのお尻の穴!」

敦は跪いて、巨大な白桃のような臀肉を両手で抱えると、その中心部に魅入った。

美しい窄まりだった。

分厚い豊かな双臀に比して、肛門はまるで針で突いたような一点に絞れて清楚だ。

まったく無毛の肉蕾は、つるりとした感じのまま会陰に続き、女の器官へと連なっている。

紅美子の女の媚裂は、年齢相応に熟れて色付き、内壁の縁は肥大してよじれていた。

性器は、やはり娘の妻の方が、色も薄く形も整っていた。

裕子のソコは、エッジのように切り立った小陰唇が、細長い舟形を作って女の底部を取り囲んでいる。

裕子の秘所を思い起こしながら紅美子の女の場所を眺めていると、母と娘はやはり、淫靡な部分もどこと話しに似るものだと知って、敦は驚いた。

全体に見た目の印象は異なるものだが、各部パーツを取り出して比べると、その形や大きさが、驚くほどそっくりなのだ。

敦は改めて紅美子の肛門を視姦する。

小さな蕾は、皺を食い窄めた中心部分にわずかな着色があるだけで、すっきりと閉じている。

裕子のその部分を、敦はまだいくらも見ていない。

けれどその、美しさや窄まり具合の清楚さでは、むしろ母親の紅美子の方が素晴らしいと思った。

後ろの穴の色付きや変形は、必ずしも年齢に比例して大きくなるわけでもないことも、このとき知った。

敦は、こみ上げる衝動を抑えきれない。

そのままむしゃぶりつくように、紅美子の肛孔に口をかぶせ、舌を挿し込んだ。

「あああん、ああああ・・・そんなことしたら・・・中に入っちゃうっ!」

懸命に蕾を閉じようとする義母の淑やかさに、敦の劣情はますます煽られた。



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html
BingSiteAuth.xml

続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
相方が知佳のこと適当に書いてますが、書かれても仕方ないほどパチ好き。
仕事忘れてはまってお金なくなると確かにキャバとか...(笑)知佳の周りの男の人が知佳にo(><;)(;><)oイライラそわそわするの見るのがなんか好き、キュンキュンする幸せ(´v`)★∴∵

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)

黒い翼

dominatrix

Worldshavedvideo reverse cowgirl position

メス豚の飼い方

寝取られDVDブログ

孤独なM

女性or性女

新世界のフケ専です

紆余曲折

芸能人のヌードタウン

kamio collection

赤星直也のエロ小説

女装&ニューハーフ美空間

Anthony's CAFE 

荒縄工房 淫美

夫婦で楽しむ3P・他人棒

神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ

変態の蜜壺

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

緊縛の館

ショコラの他人棒

うちのM妻晒します

白昼夢

出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

モモンガのハメ撮り中出し日記

Tataのアダルト学習帳

女の子願望

英梨子、雌堕ち

えろぶろランド

オイル漬けマッサージ体験記

素人すけべボイス淫語まんさい

ちょっとHなウチの妻

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -

女装子ふじこのアルバムと日記

うちのカラダは…さんのもの。

M男伝説~女王様と私~

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード

HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ

~夫婦の寝室blog~

プロの視点@ハセッチブログ

変態PARTY

変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~

籠り姫の絶対領域

兎の猫

快楽共有の輪

婦人ひとみの日常

グローバルアジアん

エッチなブログ ♡

なんだかかんだか

淫縛と調教の世界

最愛の妻 AIRI

混浴とセックス

癒縄 命羅のロープヒーリング

次郎のお気に入り

女装子みのり

女装子・浅木睦美のブログ

緊張感を求めて・・・

夢世界

~変態奴隷への調教課題~

kaede's Room Annex

Kaede's Room

快感小説

神の城

K and J  ある夫婦の性愛日記

痴女装まどかの妄想の檻

愛のいとなみ

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

僕と妻と他人達

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

足フェチ画像・動画 アシリーダー

貞操管理

ふ~族シンドローム

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

絆☆遊誠会

まいみん☆みん

F-Isire

女装奴隷 レイの部屋

淫乱女装M乱子の調教日記

女装秘密の部屋

淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

マゾ女装子みあの変態願望

淫らな艶女

セルフヌード ブログ『i-未来』

mioのパンスト脚・足・お尻

ぽちゃだけどHな事が好き

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

雄犬・雌犬集会所

なおの日記

Naoの着エロフェチ写真動画ブログ

東北nawaがすき~SM  

寝取られ体験談

HI白兔虎磊瞾奣

みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~

愛ラブYOU

知佳

女装肉便器くみこ

街の女性これくしょん★

妻のお尻とNTR

~見られたい人妻~ 

『HTのNUDE』

部屋

アブノーマルなLOVEライフ

独り言 ~Nasty Fair lady~

パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog

街角パンスト美脚

パンスト・脚フェチCLUBOO♪

ひよっこ舐め犬のココロ

ピエのフォトエッチ

~変態調教~プレイメール

パンスト美脚のお姉さん達

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

愛のSMごっこ

らんとゆうのカフェテラスpart2

蘭様とパンスト変態美羽

たく&純子の大人の遊び

個撮素人

貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )

Renaissance World Ⅱ

Renaissance World

Lena's sex life

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

妻「りん」とのエッチな日記

続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)

男を操る

咲楽(さくら)のエッチな部屋

ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン

秘密のお部屋(女装大好き♪)

さやの部屋

Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)

性教育実習相談室

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

真のマゾ奴隷として変って行く私・・・

セックスレスだけど愛してる

Sexy Mu

レイナのエッチな裏Blog

上海麗奈

内緒の大人遊び

四国は香川のアートな緊縛・縛り

性欲処理写真館

主従関係

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2

混浴と外遊び

アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-

嫁の体験リポート

40代男の性活日記

musicTAIKOMANの日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

愛のかたち

鳶屋の艶本

五十越え 越山

魅惑のクンニ

ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

つかちゃんの電脳雑記帳

うみのエロブログ【女性にいっぱい晒されたい】

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜

世界の変態女装、ニューハーフたち

たれながし

30代夫婦の性活日記

変態生活、yonesuke

よしかとかえで

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記

M女になりたかった女装露出マゾ

ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン

ゆりぽ - Yuri's Report -

彼女達との性ライフ
Google+1
https://blog-imgs-105.fc2.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
浮気の告白 出合い系でセフレ(実録)
黒い翼
dominatrix
Worldshavedvideo reverse cowgirl position
メス豚の飼い方
寝取られDVDブログ
孤独なM
女性or性女
新世界のフケ専です
紆余曲折
芸能人のヌードタウン
kamio collection
赤星直也のエロ小説
女装&ニューハーフ美空間
Anthony's CAFE 
荒縄工房 淫美
夫婦で楽しむ3P・他人棒
神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ
変態の蜜壺
人妻アヤメ~夫婦の日常性活
緊縛の館
ショコラの他人棒
うちのM妻晒します
白昼夢
出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~
ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ
モモンガのハメ撮り中出し日記
Tataのアダルト学習帳
女の子願望
英梨子、雌堕ち
えろぶろランド
オイル漬けマッサージ体験記
素人すけべボイス淫語まんさい
ちょっとHなウチの妻
愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~
舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -
女装子ふじこのアルバムと日記
うちのカラダは…さんのもの。
M男伝説~女王様と私~
妻ノーマルからだんだんエロ開発日記
29歳、貧乳妻の入浴・着替え・ヌード
HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ
~夫婦の寝室blog~
プロの視点@ハセッチブログ
変態PARTY
変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~
籠り姫の絶対領域
兎の猫
快楽共有の輪
婦人ひとみの日常
グローバルアジアん
エッチなブログ ♡
なんだかかんだか
淫縛と調教の世界
最愛の妻 AIRI
混浴とセックス
癒縄 命羅のロープヒーリング
次郎のお気に入り
女装子みのり
女装子・浅木睦美のブログ
緊張感を求めて・・・
夢世界
~変態奴隷への調教課題~
kaede's Room Annex
Kaede's Room
快感小説
神の城
K and J  ある夫婦の性愛日記
痴女装まどかの妄想の檻
愛のいとなみ
赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜
僕と妻と他人達
真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー
足フェチ画像・動画 アシリーダー
貞操管理
ふ~族シンドローム
女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ
やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~
ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・
ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]
絆☆遊誠会
まいみん☆みん
F-Isire
女装奴隷 レイの部屋
淫乱女装M乱子の調教日記
女装秘密の部屋
淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記
金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装
マゾ女装子みあの変態願望
淫らな艶女
セルフヌード ブログ『i-未来』
mioのパンスト脚・足・お尻
ぽちゃだけどHな事が好き
美優の独り言(性欲処理道具の生き様)
雄犬・雌犬集会所
なおの日記
Naoの着エロフェチ写真動画ブログ
東北nawaがすき~SM  
寝取られ体験談
HI白兔虎磊瞾奣
みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~
愛ラブYOU
知佳
女装肉便器くみこ
街の女性これくしょん★
妻のお尻とNTR
~見られたい人妻~ 
『HTのNUDE』
部屋
アブノーマルなLOVEライフ
独り言 ~Nasty Fair lady~
パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog
街角パンスト美脚
パンスト・脚フェチCLUBOO♪
ひよっこ舐め犬のココロ
ピエのフォトエッチ
~変態調教~プレイメール
パンスト美脚のお姉さん達
Lets Enjoy Bondage
PurpleCouple's Secret Place
愛のSMごっこ
らんとゆうのカフェテラスpart2
蘭様とパンスト変態美羽
たく&純子の大人の遊び
個撮素人
貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )
Renaissance World Ⅱ
Renaissance World
Lena's sex life
レンのソフトより(!?)なSM調教簿
妻「りん」とのエッチな日記
続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)
男を操る
咲楽(さくら)のエッチな部屋
ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン
秘密のお部屋(女装大好き♪)
さやの部屋
Seaboltの食べ歩き日記 (岡山・倉敷などランチの紹介が中心です)
性教育実習相談室
SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
セックスレスだけど愛してる
Sexy Mu
レイナのエッチな裏Blog
上海麗奈
内緒の大人遊び
四国は香川のアートな緊縛・縛り
性欲処理写真館
主従関係
【SM 調教 動画】の恍惚
SM事師たち-無料SM動画学入門-
緊★縛エロチカ★
SM Sleeper
【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2
混浴と外遊び
アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-
嫁の体験リポート
40代男の性活日記
musicTAIKOMANの日記
海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ
愛のかたち
鳶屋の艶本
五十越え 越山
魅惑のクンニ
ちょっぴりHな夫婦の日々綴り
つかちゃんの電脳雑記帳
うみのエロブログ【女性にいっぱい晒されたい】
荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~
夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜
世界の変態女装、ニューハーフたち
たれながし
30代夫婦の性活日記
変態生活、yonesuke
よしかとかえで
☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
M女になりたかった女装露出マゾ
ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン
ゆりぽ - Yuri's Report -
彼女達との性ライフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
訪問(IN)ランキング 集計期間:7日間に設定
無料レンタル
アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ブログ内ランキング
現在好んで読まれる順位です。
ブログパーツ
人気ブログランキング
ランクレット
一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話