FC2ブログ

明美は学生くんのチンポを見た瞬間からしたいと思ってことさら卑猥にふるまった

野太い腕で組み敷く明美は今まさに刑事の野太い腕で組み敷かれようとしてもがいていた。

怒りで顔を真っ赤にした刑事が乗り込んできて、いきなり明美を押し倒し強引に割入ろうとしたのである。

「何するのよ!」

「黙れ!おまえってやつは・・・」

あとはもう無茶苦茶だった。

のしかかった男の身体を振りほどこうに丸太ん棒の如く鍛え抜かれた真っ黒に日焼けした腕でガッチリ押さえ込まれ身動きできない。

「やめてよ! 人を呼ぶ・・・」

云い終らないうちに唇を重ねられ、あとは声にならなかった。

刑事のただならぬ様子は、その仕草からも見て取れた。

明美に興奮し切ったのもを挿し込みながらも、身体中を舐め回すようにしらみつぶしに目で追って確かめている。

挿し込みが愛の表現ではなく犯罪を暴露させるための凶器として使われていると明美は感じた。

ほんのわずかでも先ほどまでの秘密の情交の、何か痕跡でも見つかれば、その場で怒張に物を言わせ叱責するつもりだったんだろう。

深く挿し込んだモノを使って中を抉るだけえぐると引き抜いて、棹に何か付着していないかと確かめるほど刑事は神経質でありながら疑心暗鬼にもなっていた。

人妻の不倫によくあるように、明美にもどんなに調べられてもバレない自信があった。

一晩中かかって籠絡した学生くんを、明美は全て口で処理し、飲み干していたからだった。

まだ誰も汚したことのない若い男を迎え入れ、エキスを吸い取る。

初恋の味にも似た甘い感触が脳裏をよぎって燃えに燃えた。

熟し切った女性のワレメを見たくてたまらない学生くんは、飽くことなく明美の秘部に顔を埋めシルをすすり、中を覗いて興奮し、いきり立たせた。

目で明美のワレメを確かめさせ、臭いを嗅がせ、いきり立たせたチンポを唇と舌で亀頭ごと弄って充血・暴発させては初露を飲み干すにはこの方法がと、明美は自分なりに考え顔面を跨いでいた。

最初に学生くんのチンポを拝んだ時、気になったのが剥けていないことだった。

剥いてやらないと亀頭冠を襞を使って弄ることはできない。

出来ることなら剥いてやろうと思った。

間違ってその途中で発射したにしても、若いからすぐに復活してくれるだろうと思った。

だから幾度も発射してしまったが、飽くことなく与え続けた。

そうしているうちに、あれほど冠っていた皮は剥け、立派な亀頭冠が出来上がった。

それもこれも、明美がワレメを見せつけ、強引にいきり立たせたものを口で嬲りながら懸命に剥いていったからだとひとり悦に入った。

皮冠りを剥くその間、痛みが伴わないようワレメを与えたことで気を逸らさせ、逆に喜悦を与え幾度となく明美の咥内に元気よく発射してくれた。

若返りの薬と思って明美は、それを亀頭冠を唇で扱くようにして全て啜り呑み込んだ。

通路に残液が残っては無駄になると、右手の親指をつかって棹の裏を根元からやさしくなぞり上げ先端から吐き出させもした。

乳房を使って腹部に何度も圧を加え、射出後の復活を促してやると、若いだけにすぐにピンッとなって、これも明美を喜ばせた。

幾度も繰り返すうちに学生さんの射精タイミングを、明美は肌や握った手の感触で感じられるようになった。

「この感覚さえ分かれば・・・」 

正直最初見たときからしたいと思った。

何度もワレメを学生に与えるうちに我慢できなくなっていったのは、どちらかと言えば明美の方だった。

意識しないのに学生くんの顔面めがけ恥骨をしゃくりあげてしまうようになって心がもがいていた。

乳房を学生くんの胸に預けるのも我慢できないゆえのウソ隠しだった。

「もう夜が明ける・・・」

明美は非常な決意をした。 このまま別れたくなかった。 出て行ってしまわれては火のついた身体の、処理のしようもない。

明美は自ら横になり、股を精一杯広げ、指でワレメを開いて学生に見せつけ、足首を学生の腰に回して引いてやった。

「あっ、いいの?」

「うん、大丈夫。入れたかったでしょ?ただし、内緒よ」

おずおずと学生くんは明美の股間に、満々とした怒張を掴んで・・・だが、その先どうしていいのか戸惑っていた。

明美は身体を半分起こし、手を伸ばすと先端を摘まみ潤みきって完全に開いてしまった蜜壺に亀頭冠をあてがってやった。

そうしておいて学生くんの太腿に足首を絡ませ挿し込みを促した。

学生くんの身体が明美の腹部に倒れ込んだ瞬間、深々と挿し込まれていた。

期待と期待がぶつかり合って火花が散ったかに思われた。

感動のあまり、明美は学生くんの身体を強く抱きしめ、足をしっかり彼の腰に絡みつかせていた。

あとは学生くんの腰の動きを上手に教えてやるだけだった。

パンパンと明美の股間を学生くんのその部分がリズミカルに打ち付けられる。

「あん、あん、あああ・・・すごく上手よ・・」

「はっ、はっ、むん」

明美が見込んだとおり、皮が剥けた学生くんのチンポは逞しく、幾度も奥の部分を突いてくれ、久しぶりに連続して空を飛ぶことができた。

初恋の彼と秘密の苑で隠れるようにして情を交わす。

そんな処女を失ったかのような甘い気持ちに浸れた。

すっかり抜き終った学生くんは、明美の身体に満足すると礼を言って明けやらぬ街の中に消えて行った。

明美は満足し切った疲れから、その格好で ついウトウトしてしまっていた。

どれぐらい刻が過ぎただろう。

なにかが前をよぎったような気がして目を開けると、そこに刑事が仁王立ちし明美の情事を終えたばかりというような裸身を見下ろしていた。

肩を掴まれ、引き起こされたかと思うと強く揺さぶられた。

「なんだその格好は!お前はまた・・・」

嫉妬で目が充血し、怒りに体が震えていた。

「このマンションから暗闇の中、学生が出ていった」

「なんお話し?そんなこと知らないわよ」

「うそをつけ。その格好が何よりの証拠だ」

「面倒だし暑かったから、服を着けないで寝てただけじゃない」

「部屋に入っただけで生臭いにおいが立ち込めていた。あれが男の臭いじゃないと言えるのか?」

「あなたも刑事でしょう?得意の鼻で調べてみたら?第一そんな時間にこのマンションを見張るなんて・・・」

「仕事だ!」

「ふ~ん、どうだか。ただ単にわたしのところに潜んでくる男どものことが心配なだけじゃないの?」

痛いところを突かれた刑事は、押し黙ったまま衣服を脱ぎ捨て明美に覆いかぶさった。

ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

google51904d4c43421b58.html

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : ワレメ 亀頭 したい シル

明美のお世話になりたくて、男どもが連日押し寄せるようになっていった

M字開脚何処から伝わったのか評判が評判を呼んだ。

噂を聞きつけた近所中の男たちが明美目当てに押し寄せ、パンティーの中を拝みたがった。

どんな些細なことでもご注進に伺い、とにかくお願いするものもおれば強引に組み敷き拝み舐めるものまで現れた。

こうなってくると間男の刑事は仕事どころではなかった。

休憩時間や休日など、とにかく時間を作っては明美の部屋に押しかけ、部屋に入るなり検査と称しギンギンになった怒張を挿した。

周囲の男どもがよってたかって開き、味見していると思うと寝取られた悔しさで興奮が収まらなかった。

時には部屋に入って点検した時、既に男どもが去った後ということもあってか、シルでパンティーが湿ってしまっていることもあった。

そんな時刑事は前戯もなしに、いきなり明美のワレメにいきり立ったものを、半ば強引に埋め込み掻き回しながら、今去って行った男達との情事の内容を白状させ、それをなじった。

職務を忘れ、ゴムなしでしたたかに打ち込んだ。

明美は明美で、刑事が来る前に男たちに向かって開き、散々掻き回してもらうことで刑事の怒張の勢いが増すことを知って、逆にこれを利用するようになっていった。

寝取るものと寝取られるもの、その興奮が増して次第に力比べの鑑賞会のようになっていった。

三々五々、男たちが集まり雰囲気が募ると、必ず誰かが明美に手を伸ばす。

それを合図に、周囲の男たちが一斉に明美の服を剥ぎ取り太腿を割った。

ひとりが執拗にワレメをいじりはじめると、決まって中のひとりがチンポを差し出し口腔性行を強要した。

そうなると我先に乳房や乳首に群がり、ワレメも含め、ありとあらゆる部分に対し明美への前戯が始まる。

潤い、興奮で完全に開ききると先に雄々しくなった男から明美への挿し込みが始まる、挿し込めなかったものは自慰を始めたり口腔性行をしてもらいながら逝ったりした。

そうしてともかく、集まった全員が満足するまで明美への挑戦を繰り返し抜ききって部屋を出て行くのが常だった。

明美も、興奮し切った男たちに囲まれ欲情に満ちた目で見られながらの前戯はたまらなく好きだった。

群れの中で一番優位に立ったものから順次胤をつけようと挿し込みにかかる。

他の男たちを睥睨しながら挿し込みにかかる男のチンポは、周囲を威圧するだけあって逞しかったし、挿し込んでもなかなか発射してくれず、それだけで何度も飛んでしまうほど逝かされた。

欲情した男たちに結合部を見せつけながら、最初の男と欲情をむき出しにしてまぐわった。

その最中に、我慢できずに明美に向かって顔射するものまでいた。

リーダー格の男の膣内射出は、明美をして十分満足できるほど勢いも量もあった。

まだ明美の膣から最初の男の精液が流れ落ちているというのに、次の男がのしかかり挿し込んでくる。

そうやって明美のマンコは空くことなく次から次へと男たちが挿し込んで来ては発射していった。

明美が逝かされる。その様子を見て苛立つ周囲の男たちのチンポは、嬉しいことに日増しに雄々しさを増す。

離婚し、打ち捨てられ必要亡くなった女だと卑下し、泣いて暮らした頃のことが夢のようだった。

明美は、いつしかこの地区の女王になってしまっていた。膣開発中逝きは十分すぎるほど成し得ていた。

どんなに逞しく、雄々しくなったチンポでも自由自在に搾り上げ逝かせることができるようになった。

日に何本も中に出させるので妊娠の心配もなかったし、彼らが持ち寄ってくれる金銭や品物で裕福な暮らしもできるようになった。

ただひとつ困ったことは、明美の男だと自負する刑事に、陰唇が黒ずんできたとなじられたことで、こればかりは黒いからと化粧でごまかすわけにもいかず、言い寄る男達と始終情事を繰り返す事実を隠すのに苦労した。

これだけ有名になると変わった男も現れるようになる。

それが学生さんだった。

おずおずと玄関に立ち、何やら言いたげにするばかりで、とんと要を得ない。

とにかく何か用にがあってきたんだろうと思って中にあげ、お茶を飲みながら話を聞こうとした。

テーブルにお茶を置こうとして近寄ったとき、胸の谷間から無防備な乳首が見えたらしい。

突然乳首にむしゃぶりつかれ、ソファーに押し倒された。

18歳未満の学生と情事に及んだら明美の男、刑事の立場がない。

だが、さすがに男の子は明美に比べ力は強い。

あっという間に衣服は引き裂かれワレメを唇で奪われた。

女の中に出したくて興奮し切っている。

明美は学生をなだめ、ソファーに寝かせると顔を跨いだ。

元気にテントを張っているジッパーを引き下げるとピンッと半分皮を被ったチンポが飛び出してきた。

それを唇でやさしく咥え、包皮を剥きにかかった。

最も敏感な裏筋をむき出しにし、そこを責めれば口腔性行で詐取突させることは可能だろうと考えた。

明美己知識では、これなら学生が自身で自慰したことと変わりはない、わたしに罪はないと思った。

学生の眼前に潤み始めたワレメを与えた。

学生の顔にワレメを擦りつけた瞬間にチンポが急激に膨張を増し、冠っていた包皮を無理やり剥がす結果となり、その痛みで先端が真っ赤になった。

うぶな学生さんと笑ったが、実のところ、明美の方こそ初物を頂くことになって興奮し切っていた。

誰にも知られることなく、この可愛らしいチンポを肉襞で責めることが出来たらと思っただけで欲情が、自覚している異常に増幅し、ワレメが勝手に開きグニャリグニャリと卑猥にヒクつき誘い込む準備が始まっていたのである。

初物を前にし、興奮し切った明美のワレメから溢れ出たシルが学生の顔に滴り落ちて行った。



ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング
google51904d4c43421b58.html

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : ワレメ 亀頭 パンティー 膣開発 中逝き 寝取り

明美を地区会長に寝取られそうになり刑事は慌てた

乳繰り合うつい昨日まで世間とは一切付き合わず、陰湿に別れた元夫から逃れるように暮らしていた明美が、刑事の開発を受け生活が一変した。

マンションやコーポに限らず、ひとり暮らしの女が近所に住まうことになると、どうしてもその地区の男たちの目がそこに集中する。

なんとかして近づくことさえできれば、あとは取り入って味を見ることだってできる。

ところが、入居早々からすべての戸を閉ざし、息をひそめるように暮されては手の下しようがなかった。

それがあの日からすべてにおいてあけっぴろげになり、ゴミだしの日など出会う人ごとに笑顔を振りまくまでに様変わりした。

ゴミ当番の地区の会長と、その日は長話をして帰って行った。

「終わったらお茶にでもいらっしゃいませんか?」

こんなことを言われたからには、地区会長としての立場上訪問せざるをえない。

自宅に帰って着替えて行こうとも思ったが、行先を妻に聞かれてはまずいことになりはしないかと、そのままの格好で訪問した。

チャイムを鳴らすと、ドアはすぐに開いた。

そこに立っていた明美の姿を見て、会長は慌ててドアを後ろ手で閉めた。

上半身はタンクトップのみで下腹部を、申し訳程度にパンティーが隠している。

いや、隠しているというのは表現的にふさわしくない。

透けて見えるTバックのレースのパンティーの奥に黒々とした豊かな繁みが見え、一部は脇にはみ出していた。

お茶を出されたが、手が震えて湯呑が上手く持てなくて、うっかりこぼしてしまった。

慌てて立ち上がり、台所から付近を取ってこようとした明美を、会長は台所まで来て制した。

そしてそのまま後ろから抱きつくようにしておずおずと下腹部に手を伸ばしパンティーをずり下げてしまった。

「あっ、困ります。そんなことをされたら・・・」
「様子見するだけだよ。いいから大人しく言うことを聞きなさい」
揉み合ううちに会長の手は秘部に滑り込み壺を捉えはじめていた。

身動きできないようにガッチリと腹部が会長の手で押さえられ、耳たぶを奪われてしまっている。

「もう・・・こんなことしたら奥さんにばれちゃう・・・あん、あああ」
「そんなこと言ったって、ほらこんなになってるじゃないか」

その時、玄関がそ~っと開いた。

顔を出したのはあの刑事だった。

声を掛けようとして、奥から不審な声が漏れていることに気づいて、足音を忍ばせ声のする方を覗いて驚いた。

明美が男に奪われそうになってもがき苦しんでいた。

男の手は刑事が懸命に調べた、あの秘部に忍びより中を探し始めている。

明美は男の指の動きに合わせて徐々に足が開き始め、腰くだけになり、今にも床に崩れ落ちそうになって喘いでいた。

喘ぎながら、しっかり後ろに立つ男のズボンのベルトを外し、怒張を妻見出し反応を確かめている。

刑事の股間は爆発しそうになるほどガチガチに勃起してしまっていた。

自分専用のワレメだと自負していたのに、あれから数日を経ないで違う男のチンポを咥え込もうとしている。

許せなかったが、寝取られる様子に目が離せないでもいた。

刑事の立場ともあれば、うかつに自由恋愛の忠告もできない。

だが、このままでは明美は奪われてしまう。

明美のワレメに光るものが溢れだすころになると、会長の棹も明美の献身的な扱きのよって十分雄々しくなっていた。

頃合いを見計らって会長は、明美をキッチンに両手で捕まらせ四つん這いにし尻を後ろに突き出させて挿し込みにかかった。

もぞもぞと亀頭に明美のシルをなすりつけると満を持して花芯にあてがった。

刑事は身を低くしてワレメが切り裂かれる、その裏切りの全てを見逃すまいと凝視した。

刑事の明美への膣開発の仕方が良かったのだろう。

明美は興奮のあまり、腰を振ってせっかくあてがった亀頭をシルの力を使って弾き飛ばしてしまった。

会長は焦った。

滑ったのは濡れすぎているからだと悟った会長は、ワレメに舌を這わせ液を啜り取り始めた。

ジュルッと卑猥な音がすると明美の腰がガクガクと揺れた。

熟し切っていたが、大胆な体位に慣れていない会長は、どうしても立位で明美を割れないでいた。

老齢故に怒張の度合いがいまひとつで感度が鈍く、切っ先が芯部を探しきれないでいた。

加えて、過去にワレメを割った相手が妻だけであり、立位の明美のどの位置に蜜壺があるか興奮と混乱でわからなくなっていた。

必死に尻を掴み、動きを止め挿し込もうとしたが、明美の尻が豊かすぎるうえシルが多く、会長の亀頭から潤みが一層滑りをまし、芯部を探すゆとりすら失っていた。

待ちきれずに明美が会長の棹に手を伸ばしワレメに導こうとしたが、それがいけなかった。

明美が掴んだ棹の亀頭が、会長の動きも手伝って尻を微妙に突いた。

その瞬間、会長が、棹がビクンと律動した。

明美の尻に向かって会長は暴発させてしまっていた。

「えっ、出ちゃったの?」

生暖かい液が明美の尻から垂れ落ちてゆく。

大量の、どちらかと言えば黄ばんだ液が、無情にも明美の尻と床にぶちまけられた。

バツが悪そうに佇む会長と、恨めしそうに萎えたチンポを見守る明美。

会長はノロノロと汚してしまった床を台所の雑巾で拭いており、明美は明美で無言のまま汚れた尻をティッシュで拭いていた。

刑事はほくそ笑むと、そっと玄関から抜け出し帰った。

急いで帰る必要が刑事にはあった。

パンツの中に、会長が明美の花芯に亀頭を押し当てたとき、たまらず暴発させてしまっていたからだった。

「着替えを済ませたら、早速明美宅に出かけ、取り調べを行う必要があるな」

明美への、裏切りに対する怒りと奪い返したい欲望がないまぜになって刑事の股間を襲っていた。

会長の寝取りに考えをめぐらすと、刑事の股間はつい今しがた暴発させたばかりなのに異様に燃え上がり、膨らみはじめていた。

ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング
google51904d4c43421b58.html

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られ ワレメ 亀頭 パンティー

刑事を前にし、勘違いした明美は服を脱ぎ捨てるとM字開脚し、ワレメを指で広げて中を・・・

自宅ではラフに旦那と別れ、もうそろそろ丸3年になる明美は、自宅ではできる限りラフなスタイルで過ごす。要するに面倒くさいだけなんだが・・・

来客があったときとか、出かける時などちょこちょことスカートを履くなりしてしまえば誰にもわからない。そう思って、ここに引っ越して以来それで通してきた。

そんな明美に迷惑メールが舞い込んだ。

ネットに疎い明美は「貴女のスマホに問題が発生しています。修復するにはここをクリック!」と書かれたメールの、その画面をうっかりクリックしてしまった。

あとはなんだかわからない説明文に添ってやたらクリックしたのを覚えている。

最後に現れたのは卑猥な動画のサンプル画面だった。

久しぶりに見た逞しい男のチンポに、明美は引き寄せられるように魅入ってしまっていた。

面倒くさいと衣服をつけなかった理由が、身体が熟れて包み隠せないからだと、こうなってしまって気づかされた。

身体が妙に火照った。

男の逞しいチンポがワレメに食い込むたびに身体がふわっと浮いた。

パンティーの隙間から指を挿し込んでみると、既にしっとりと湿って、クリもほんの少し盛り上がっていた。

これからと思ったところで動画が終わった。 な~んだ動画ってこんなもんかと明美は思った。

熟女の明美にとってわずか3分足らずの動画では火もまともに点かなかった。

夫と別れ案恩に暮していて、もう男などこりごりだと思っていた明美だっただけに男への興味が、認識がすっかり欠けていた。

自分でも女じゃなくなったんだと、そう思い込んでいた。

からかわれたんだと妙に腹が立った。

そのとき玄関のチャイムが鳴った。

普段ならそそくさとスカートをつっかけてからモニターを見て返事をし、玄関のロックを外すものを、その日はスッポンポンのままいきなり外した。

玄関に立っていたのは周囲の聞き込みに当たっていた私服の刑事だった。

ドアを開けた途端、目の前に下半身裸体に近い状態、パンティーを脇にずらし佇む明美の姿がある。

さすがに刑事であってもたじろいだ。

刑事の任務が薬物が不法に販売されている形跡がという触れ込みだったため、これを怪しんだ。

「上がらせてもらって構いませんか?」

半ば強引に言い切ると、刑事は明美の了解もそこそこに上り込んだ。

明美にその姿のまま正面に座らせると、どうしてこのような姿でと、特に露出が多い部分の質問を浴びせかけた。

明美は応えるにこたえられないでいた。

まさか間違って開いた画面の中に卑猥な動画があって自慰にとパンティーを僅かにずらしたとはいえない。

質問を受けている間に刑事は、明美の腕を掴み注射針の痕はないかと入念に調べ始めた。

も覗き込んで痕はないかと目を配ったが見つからない。

しかし、明美の取った態度はまさしく薬物に犯され興奮し切っている様相だったと確信していた。

刑事は部屋に誰もいないのを確かめると、明美に向かってパンティーを脱ぎ足を開いてワレメを広げ中を見せろと迫った。

仕方なく明美は着ていた服を全部脱ぎ始めた。

あっけにとられたのは刑事だった。

裸体になれとは言っていない。 が、そこは言葉を飲み込んだ。捜査に自ら協力してくれるなら、それに越したことはないと思った。

明美は服を脱ぎ捨てるとM字開脚し、ワレメを指で広げて中を刑事の眼前に晒した。

刑事は息をのんで見守っている。

熟れきった乳房を、明美は片手で揉みしだくとクリを指で摘まんで弾きながら、ゆっくり何度もワレメを開いて刑事に見せつけた。

ワレメが湿り気を帯び、光り始めたころになって刑事は腰を上げた。

「じっとしていなさい」

刑事は明美を後ろから抱きしめ、指をワレメに深々と挿し込んだ。

明美のを刑事の怒張し切ったチンポが何度もノックした。

折り曲げた指の先がGスポットを捉え、こねくり回し始めている。

「あ、あ、あ、むん」

明美の口から実に3年ぶりの喘ぎ声が漏れた。抱かれた身体が緊張と興奮でピクピクと蠢いていた。

「声をたてちゃーいかん」

刑事はおもむろに明美の唇を捉え、喘ぎ声が漏れないようにと塞いだ。

刑事の舌と明美の舌が絡まった。

指を挿し入れてくれながら、刑事は人情味から乳房も入念に揉んだ。

明美が刑事の首筋に歯を立てると、刑事は揉んでいた乳房に顔を埋め乳首を吸った。

耐え切れなくなった明美が刑事のズボンのファスナーを開け男根を取り出し握った。

「これつかって・・・お願い」

あとは言葉にならなかった。

壺の中をもっと調べる必要がある。

そう感じた刑事はズボンを脱ぎと抜き身を取り出し、明美の太腿を割って腰を押し付け、肉を切っ先で切り裂いた。

根元まで埋め込むと、中を亀頭冠を使って執拗にえぐって襞の隅々まで捜索した。

「あっ、もっと・・・イク」

明美は刑事にしがみつきながら全身をしならせ逝った。

刑事はそんな明美を見ながら必死に耐えた。

中に出してしまって、それを根拠に揺すられるとも限らない。

ぬらぬらと輝く逸物を引き抜くと、汚してしまったワレメ周辺をすっかり舐め、愛液を絡め取ってから棹を、名残惜しそうにしまった。

「これで嫌疑が晴れたわけじゃないからな」

「はい・・・」

明美は刑事の言葉に素直に従った。

そそくさと衣服を直し、刑事を玄関まで見送った。

玄関を出ようとした刑事に向かって明美はこう云った。

「まだ取り調べは終わっちゃいないんでしょう?」

「また来る。まだ調べていない部分が残っているからな」

満面の笑顔を浮かべ刑事は帰って行った。


ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング
google51904d4c43421b58.html

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : ワレメ 亀頭 パンティー 亀頭冠

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
相方が知佳のこと適当に書いてますが、書かれても仕方ないほどパチ好き。
仕事忘れてはまってお金なくなると確かにキャバとか...(笑)知佳の周りの男の人が知佳にo(><;)(;><)oイライラそわそわするの見るのがなんか好き、キュンキュンする幸せ(´v`)★∴∵

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

黒い翼

dominatrix

Worldshavedvideo reverse cowgirl position

メス豚の飼い方

寝取られDVDブログ

孤独なM

女性or性女

新世界のフケ専です

紆余曲折動画倉庫

ヌードタウン~芸能人のセクシー画像まとめサイト

赤星直也のエロ小説

女装&ニューハーフ美空間

荒縄工房 淫美

夫婦で楽しむ3P・他人棒

神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

ショコラの他人棒

うちのM妻晒します

隊長の散歩道

白昼夢

出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

モモンガのハメ撮り中出し日記

Tataのアダルト学習帳

女の子願望

えろぶろランド

素人すけべボイス淫語まんさい

ちょっとHなウチの妻

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -

女装子ふじこのアルバムと日記

うちのカラダは…さんのもの。

M男伝説~女王様と私~

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ

~夫婦の寝室blog~

変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~

籠り姫の絶対領域

快楽共有の輪

婦人ひとみの日常

エッチなブログ by 星空

なんだかかんだか

淫縛と調教の世界

最愛の妻 AIRI

混浴とセックス

癒縄 命羅のロープヒーリング

次郎のお気に入り

女装子みのり

女装子・浅木睦美のブログ

緊張感を求めて・・・

夢世界

~変態奴隷への調教課題~

kaede's Room Annex

Kaede's Room

快感小説

神の城

K and J  ある夫婦の性愛日記

痴女装まどかの妄想の檻

愛のいとなみ

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

僕と妻と他人達

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

足フェチ画像・動画 アシリーダー

貞操管理

ふ~族シンドローム

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

やっぱり複数が好き   ~ 妻と夫と他人棒 ~

ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

絆☆遊誠会

まいみん☆みん

F-Isire

女装奴隷 レイの部屋

淫乱女装M乱子の調教日記

女装秘密の部屋

淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

淫らな艶女

セルフヌード ブログ『i-未来』

mioのパンスト脚・足

ぽちゃだけどHな事が好き

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

なおの日記

Naoの着エロフェチ写真動画ブログ

東北nawaがすき~SM  

寝取られ体験談

女装肉便器くみこ

街の女性これくしょん★

妻のお尻とNTR

ご主人様のセックスドール☆

部屋

アブノーマルなLOVEライフ

独り言 ~Nasty Fair lady~

おばさんとの性生活

パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog

街角パンスト美脚

パンスト・脚フェチCLUBOO♪

Photobeth

ピエのフォトエッチ

みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~

愛ラブYOU

知佳

W不倫中みゆ♀&しん♂のイチャLOVE日記?

私のセルフ撮影『HTのヌード』

~変態調教~プレイメール

パンスト美脚のお姉さん達

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

愛のSMごっこ

らんとゆうのカフェテラス

蘭様とパンスト変態美羽

たく&純子の大人の遊び

個撮素人

貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )

Renaissance World Ⅱ

Renaissance World

Lena's sex life

レンのソフトより(!?)なSM調教簿

続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)

男を操る

咲楽(さくら)のエッチな部屋

ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン

秘密のお部屋(女装大好き♪)

さやの部屋

性教育実習相談室

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

真のマゾ奴隷として変って行く私・・・

セックスレスだけど愛してる

Sexy Mu

レイナのエッチな裏Blog

上海麗奈

内緒の大人遊び

四国は香川のアートな緊縛・縛り

性欲処理写真館

主従関係

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2

混浴と外遊び

アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-

嫁の体験リポート

Y's ROOM from S

40代男の性活日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

愛のかたち

鳶屋の艶本

ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

つかちゃんの電脳雑記帳

うみのエロブログ【女性にいっぱい晒されたい】

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

amateur japanese wife sex

夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜

世界の変態女装、ニューハーフたち

30代夫婦の性活日記

よしかとかえで

☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記

ゆかりのいろんな日常

M女になりたかった女装露出マゾ

ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン

ゆりぽ - Yuri's Report -

彼女達との性ライフ
Google+1
https://blog-imgs-105.fc2.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
黒い翼
dominatrix
Worldshavedvideo reverse cowgirl position
メス豚の飼い方
寝取られDVDブログ
孤独なM
女性or性女
新世界のフケ専です
紆余曲折動画倉庫
ヌードタウン~芸能人のセクシー画像まとめサイト
赤星直也のエロ小説
女装&ニューハーフ美空間
荒縄工房 淫美
夫婦で楽しむ3P・他人棒
神奈川県 総合SM倶楽部 厚木エレガンス・真性痴女ハードコアコネクション グランブルー厚木 FC2公式ブログ
人妻アヤメ~夫婦の日常性活
ショコラの他人棒
うちのM妻晒します
隊長の散歩道
白昼夢
出会い系素人娘を個人撮影~LINEのやりとりも公開~
ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ
モモンガのハメ撮り中出し日記
Tataのアダルト学習帳
女の子願望
えろぶろランド
素人すけべボイス淫語まんさい
ちょっとHなウチの妻
愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~
舐め犬に首ったけ - Nuts about pussy licking -
女装子ふじこのアルバムと日記
うちのカラダは…さんのもの。
M男伝説~女王様と私~
妻ノーマルからだんだんエロ開発日記
HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ
~夫婦の寝室blog~
変態マニア倶楽部 ~動画倉庫~
籠り姫の絶対領域
快楽共有の輪
婦人ひとみの日常
エッチなブログ by 星空
なんだかかんだか
淫縛と調教の世界
最愛の妻 AIRI
混浴とセックス
癒縄 命羅のロープヒーリング
次郎のお気に入り
女装子みのり
女装子・浅木睦美のブログ
緊張感を求めて・・・
夢世界
~変態奴隷への調教課題~
kaede's Room Annex
Kaede's Room
快感小説
神の城
K and J  ある夫婦の性愛日記
痴女装まどかの妄想の檻
愛のいとなみ
赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜
僕と妻と他人達
真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー
足フェチ画像・動画 アシリーダー
貞操管理
ふ~族シンドローム
女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ
やっぱり複数が好き   ~ 妻と夫と他人棒 ~
ランジェリーと、レズと露出に魅せられて・・・
ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]
絆☆遊誠会
まいみん☆みん
F-Isire
女装奴隷 レイの部屋
淫乱女装M乱子の調教日記
女装秘密の部屋
淫乱なМ奴隷ひとみの調教日記
金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装
淫らな艶女
セルフヌード ブログ『i-未来』
mioのパンスト脚・足
ぽちゃだけどHな事が好き
美優の独り言(性欲処理道具の生き様)
なおの日記
Naoの着エロフェチ写真動画ブログ
東北nawaがすき~SM  
寝取られ体験談
女装肉便器くみこ
街の女性これくしょん★
妻のお尻とNTR
ご主人様のセックスドール☆
部屋
アブノーマルなLOVEライフ
独り言 ~Nasty Fair lady~
おばさんとの性生活
パンアレ-パンティ大好き! パンティアレンジメントblog
街角パンスト美脚
パンスト・脚フェチCLUBOO♪
Photobeth
ピエのフォトエッチ
みーであそぼ!~年中発情期の変態ドM妻~
愛ラブYOU
知佳
W不倫中みゆ♀&しん♂のイチャLOVE日記?
私のセルフ撮影『HTのヌード』
~変態調教~プレイメール
パンスト美脚のお姉さん達
Lets Enjoy Bondage
PurpleCouple's Secret Place
愛のSMごっこ
らんとゆうのカフェテラス
蘭様とパンスト変態美羽
たく&純子の大人の遊び
個撮素人
貴子女王様を探して( + 私のSM遍歴 )
Renaissance World Ⅱ
Renaissance World
Lena's sex life
レンのソフトより(!?)なSM調教簿
続俤凌辱譚(ごにちのおもかげりょうじょくばなし)
男を操る
咲楽(さくら)のエッチな部屋
ニャン2倶楽部!サラのハメ撮りbyシルバーマン
秘密のお部屋(女装大好き♪)
さやの部屋
性教育実習相談室
SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛
真のマゾ奴隷として変って行く私・・・
セックスレスだけど愛してる
Sexy Mu
レイナのエッチな裏Blog
上海麗奈
内緒の大人遊び
四国は香川のアートな緊縛・縛り
性欲処理写真館
主従関係
【SM 調教 動画】の恍惚
SM事師たち-無料SM動画学入門-
緊★縛エロチカ★
SM Sleeper
【無料】 SM・調教・監禁動画ランド2
混浴と外遊び
アナルプレイ記録 -アナル好きの集い-
嫁の体験リポート
Y's ROOM from S
40代男の性活日記
海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ
愛のかたち
鳶屋の艶本
ちょっぴりHな夫婦の日々綴り
つかちゃんの電脳雑記帳
うみのエロブログ【女性にいっぱい晒されたい】
荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~
amateur japanese wife sex
夫婦性活のススメ 〜啓子の調教〜
世界の変態女装、ニューハーフたち
30代夫婦の性活日記
よしかとかえで
☆Mr.唯☆の美BODYメイク エクササイズ日記
ゆかりのいろんな日常
M女になりたかった女装露出マゾ
ニャン2倶楽部!ュミカのハメ撮りbyシルバーマン
ゆりぽ - Yuri's Report -
彼女達との性ライフ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
訪問(IN)ランキング 集計期間:7日間に設定
無料レンタル
アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ブログ内ランキング
現在好んで読まれる順位です。
ブログパーツ
人気ブログランキング
ランクレット
一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
知佳の連絡用掲示板
管理者様へ、 ブログに書き込めない連絡事項を、この掲示板を使って書き込みます。